タイの先進医療事情。メディカルツーリズムは東南アジア1位って知ってた?

Pocket

先日、日本からタイ不動産購入のためバンコクへ来られたお客様より、「タイの医療は大丈夫なのか?」というご質問をいただきました。

日本在住の方はご存知ないかもしれませんが、タイは先進医療を備えた国で、中東やヨーロッパからもメディカル・ツーリズム目的で来られる方がいるほどです。 今日は、「JCI認証」という評価基準を元に、タイの医療が世界的にどのレベルにあるかをご紹介します。

「JCI認証」って何?病院の評価をする国際的認証基準。

JCI認証とは?JCI認証」とは、病院認定専門の非営利機関による、医療品質や衛生管理に関する基準。国際的医療評価機関であり、本部は米国のシカゴにあります。世界的にも知名度の高い評価基準です。

JCIとは何か:1998 年に設立された国際非営利団体 Joint Commission Internationalの略称 JCIである。本部はシカゴにあり、ミラノ、ドバイ、シンガポールに支部がある。世界中どこでも通用する基準や指標をもとにした,「患者安全」「感染管理」「医療の質」などに対する審査の妥当性や有効性が高く評価され,これまでに世界 50カ国 450の医療施設がJCIの認証を取得している。 (出所: 埼玉医科大学雑誌 第 39 巻 第 2 号)

JCI認証・国別病院数ランキング!タイの病院は東南アジア最多。

ヤワラート(中華街)にあるバンコク病院

ヤワラート(中華街)にあるバンコク病院

タイ国内では37病院、後述しますが、これはJCI認証済みの病院数としては東南アジアでも最多です。日本国内はわずか10医院。タイと同様、メディカルツーリズムを掲げるシンガポールでは21病院(国土面積を考えると大変充実しています)、ロングステイに最適と言われるマレーシアは、わずか13病院となっています。

①タイ:37病院  ※JCI認証済みのタイ国内病院・全リスト(JCI公式ページ、英語)
②中国:33病院
③韓国:30病院
④シンガポール:21病院
⑤インドネシア:18病院
⑥マレーシア:13病院
⑦日本:10病院  ※日本国内でJCI認証を受けている10病院リスト
⑧フィリピン:6病院
⑨ベトナム:1病院 (データ出所: JCI公式ページ 2014年10月の数字)

タイのメディカルツーリズム受入数も東南アジア最多!

JCI認証から考察する東南アジアのメディカルツーリズム 先ほどのJCI認定病院数や上のデータから見ても、タイの先進医療が進んでいることが分かるかと思います。特に「911」の米国同時多発テロ以降は中東系人種が米国内でメディカルツーリズム受けることが難しくなっているようで、そうした方たちが東南アジアで先進医療を受けているという話もあります。

実際にバムルンラード病院やサミティベート病院といったタイ国内の大病院では、中東系の富裕層を多数見かけることができます。上の2病院などは日本語対応しており、私もサミティベート病院で、今年6月に”あえて日本語のみしか使わず”人間ドックを受診しました。英語すら不要なほど、言語対応もしっかりしています。

サミティベート病院で人間ドックを受けてきた。タイの医療レベルが凄い!【体験談】

これから移住してくるのであれば、海外疾病治療保険金までカバーされている以下のようなクレジットカードを日本国内で作ってくると間違いありません。(タイ国内の医療保険では歯科治療がカバーされていません) いずれにせよ、医療面に関しては、首都バンコクやパタヤ、チェンマイのような大都市なら比較的安心です!

<スポンサードリンク>

※保険のカバー範囲は、加入前に上記カード会社のHPにてご確認ください。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

【インタビュー】タイの医療保険について、保険のプロに聞いてみたよ!
【体験記】続・バンコクの歯医者さんへ行ってきたよ!気になるお値段は
バンコクに住むならどこがオススメ?僕が「オンヌット」を推す理由。

(グロビジ!)TOPへ



Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。