タイで永住権を取るには?取得条件はハードルが高い

Pocket

「タイで永住権って取れるの?」と、お客様に良く聞かれるご質問です。タイ不動産を購入するためバンコク・パタヤへ来られるお客様には、タイが大好きで訪問歴10年以上、毎年数回訪問という方も多く、リタイア後はタイに移住し永住権を持ちたいと考える方も少なくありません。

そこで今日は、タイの永住権を取るための要件をご紹介します。

タイの永住権を取る必須条件。日本人は年間100枠のみ

タイ・リタイアメントビザ

タイの永住権は、年間100名(日本国籍の場合、国ごとに年間発行限度数が異なる)という枠が定められており、取得条件として、①タイ国内で労働許可証を保有していること、もしくは②配偶者がタイ人であること、のいずれかを満たす必要があります。

2012年の速報値では、タイ国内で永住権を保有する日本人は1,013名(男性610名、女性403名)です。タイ国内には、在留者ベースで5万人(登録者のみの数、実数は10万人を超えると言われる)を超す日本人が暮らしているわけですが、永住権を保有しているのは50人に1人といった状況です。

タイ国内勤務者の永住権取得要件

  1. 労働許可証を3年以上保持している
  2. 3年間分の個人確定申告書(ポードー91)がある
  3. 2年間分の所得申告書(10万バーツ以上/年の納税が必要)
  4. 1か月8万バーツ以上の勤労収入がある
  5. 無犯罪証明書の取得

タイ人配偶者がいる場合の永住権取得要件

  1. 同配偶者との間に子供がいる場合、子供の出生証明
  2. タイ人配偶者との結婚証明書(結婚後2年要 ※(1)がない場合は5年以上)
  3. 2年間分の1か月3万バーツ以上の収入証明
  4. 無犯罪証明書の取得

※パスポートの原本やワークパーミット原本等も提出が必要です

タイの永住権取得にはタイ語が必須?

タイの永住権取得はタイ語必須

永住権取得のハードルは高く、条件を満たせず取得をあきらめる方も多い。日常会話レベルのタイ語能力も必須で、タイ人とコミュニケーションが取れることが前提となります。タイの永住権は勤労者やタイ人配偶者を持つ者に対して発行され、移住やリタイアのためという理由では発行されません。

タイの永住権取得にメリットはあるのか?

諸々のトラブルを経て、永住権を取得しタイに居住する条件を満たしたとしましょう。永住権のメリットはあるのでしょうか?答えは実際の取得者のブログにありました。下記引用させて頂きます。答えはお分かりですね・・・

永住権を所得してのメリットはそんなには無い。労働許可が無くても、タイに死ぬまで居られることと、タイ入国時にタイ人カウンターに並ぶことが出来ることくらい。 (出所:タイ永住生活)

ちなみに永住権を取得した際、証明書発行手数料として労働許可証保有の方は191,400バーツ、タイ人との結婚を理由に申請した人は95,700バーツの手数料がかかります。

50歳以上ならリタイアメントビザの取得は容易

長期ビザで取得が容易なのは、リタイアメントビザ。50歳を超えるとリタイヤビザの取得が比較的容易なため、長期滞在希望者は多くがリタイアメントビザの取得を選びます。最近はビザラン(ノービザ入国し、期限切れ前に隣国への入出国を繰り返すこと)が厳しくなったため、長期滞在にはビザの取得は必須と言えるでしょう。

タイのビザラン、8月12日から取り締まり厳格化。空路も禁止に。

スポンサードリンク

タイ国内には20年使える移住向け数次入国ビザが存在する?

ラチャダムリ駅前のゴルフ場

あまり知られてませんが、タイ国内には最大20年間利用できる数次入国ビザ(マルチプルエントリービザ)が存在します。タイ政府関係者にも直接ヒアリングして、真偽を確かめて来ました。(もちろん本物です 笑) やや高額ですが、永住権取得に比べ諸条件は緩いです。

この「タイランドエリート」というサービスは、タイの政府機関が発行しているもの。ご興味がある方は、下のリンクからぜひご参照ください!

タイランド・エリート(Thailand Elite)会員特典まとめ。5年間の数次入国ビザも取れちゃうよ!
タイランド・イージー・アクセス(Thailand Easy Access)、タイの5年間特別数次ビザが取得できる、タイランド・エリートの準会員資格まとめ。

follow us in feedly

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイのリタイヤメントビザ事情。50歳以上なら取得ハードルは低いって知ってた?
タイで相続税と贈与税課税がはじまる?財務大臣が税率について具体的に言及した。
バンコクに住むならどこがオススメ?僕が「オンヌット」を推す理由。




(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。