EL GAUCHO(エルガウチョ)、バンコク・スクンビットでステーキならここ。

Pocket

タイ人には、仏教徒の中華系タイ人を中心に牛肉を食べない方もいます。そのためか牛肉の流通は比較的少なく、バンコクなどの街中で豚肉や鶏肉はあるものの、牛肉は無いなぁとお気づきの方も多いことでしょう。

流通量が少ないという事は、美味しい牛肉を提供してくれるお店も少ないということ。そこで今日は、タイの芸能人のみならず、日本から来た芸能人も通う、バンコクのスクンビットにあるステーキの名店、EL GAUCHO(エルガウチョ)をご紹介します。

行列の絶えない人気ステーキ店、土日は事前予約がオススメ!

エルガウチョ・アルゼンチン・ステーキハウス アソーク/スクンビット

EL GAUCHO(エルガウチョ)は、ステーキの味もさることながら、サービスの質も高いバンコクの一流店。来店前(特に土日)は事前の予約を強くオススメします。事前予約はスムーズな入店以外に理由があります。

予約しないとなかなか入れない店内席は、ヨーロッパ系のスタッフが取り仕切っているためテラス席より明らかにサービスの質が違います。テラス席でバンコクの喧騒を眺めながらの食事も良いですが、涼しくておしゃれな店内で優雅に食べるほうがオススメです。

スポンサードリンク

エルガウチョのフィレ・ステーキ、平均予算は2,000バーツから。

EL GAUCHO(エルガウチョ) のステーキ

EL GAUCHO(エルガウチョ)の人気メニューでもある、フィレステーキは約1,300バーツ(250g)から。お肉のランクが3種類あり、最高級クラスは倍近い価格となります。その他に和牛の取り扱いもあり。備え付けの塩・こしょうで食べても十分美味しい。

お肉を頼んだら、ソースを選びます。フィレステーキなら、オススメはペッパーソース。

下記ブログでは、ペッパーソース70バーツ(2番目のブログは90バーツ)と表記がありますが、今は110バーツに改訂されています。僅か1年の間でソースの値段は6割増し、凄いインフレ率ですね(笑) それだけ名店ということですが、ソースだけで普通のタイ人の1日分の食費以上ですから、本物の高級店ですね。

の~んびりタイ生活 肉@EL GAUCHO
タイチのバンコク食べある記 アソークのステーキハウス「エルガウチョ」で奮発お肉ディナー

エルガウチョ・アソーク/スクンビット店内

アソーク(スクンビット)にある、エルガウチョの店内。サービスも充実

最後に、付け合わせを頼みます。種類も豊富ですが、オススメはマッシュポテトとクリーミースピナッチ(ホウレンソウのクリームソテー)。先ほどの1,300バーツはお肉の価格で、付け合わせやソースは別途料金がかかります。予算的には2,000バーツ~というところでしょうか。

タイの不動産販売・賃貸仲介という仕事柄、多くの経営者様などへこのお店を紹介していますが、わざわざ後日メールやメッセージをいただくほど、皆様ご満足いただいています。高級店だけあって、味・サービスの質ともに申し分なく、芸能人が多く集まるのも納得できます。少し高めですが、ぜひ試してみてください!

「エルガウチョ」のアクセス!地図・電話番号。アソーク駅徒歩2分。

上の地図がご覧いただけない場合 ⇒ https://goo.gl/maps/kLiR0

El Gaucho Argentinian Steakhouse (エルガウチョ・アルゼンチアン・ステーキハウス)
住所: Sukhumvit Soi 19, Sukhumvit Road, North Klong Toey, Bangkok
定休日: なし
営業時間: 11:00~深夜まで (サイトには「遅くまで」と記載有り)
電話: 022-552-864
公式サイト: http://elgaucho.asia/thailand/?page_id=2

【追記】 トンロー(トンローソイ8)にもエルガウチョの支店がオープンしました

住所: 88/36 Soi Sukhumvit 55, Sukhumvit Road

EL GAUCHO ARGENTINIAN STEAKHOUSE

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

バンコクの駅前ホテル5選!オンシーズンにおすすめな駅直結ホテルを厳選しました。
バンコクの「スカイバー併設ホテル」3選!世界一高い場所にあるオープンエアーレストラン「シロッコ」もあるよ。
タイ・「Sizzler」(シズラー)のサラダバーが充実しすぎ。値段も189バーツだよ!

follow us in feedly

(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。