専業の株式トレーダーに投資法を聞いた!【インタビュー】

Pocket

先日不動産のアテンドさせていただいたお客様が、日本株の専業トレーダーでした。ASEAN株式と日本株は違いますが、様々な投資法を知ることは有用だと僕は考えています。

今日は、その投資家に伺った内容をインタビュー形式でご紹介します。

投資新聞を読む男性

--まず、投資歴についてお聞かせいただけますでしょうか。

投資歴は15年程度、専業としてトレードをはじめたのは3年ほど前からです。

--専業トレーダーとなって、やはり生活は変わるものでしょうか?

やはり、自由な時間を使えるようになってことが大きいですね。

--投資手法や保有期間について教えてください。

短期トレードの場合は数日間の保有、長くても3か月以内に保有株を手放すケースがほとんどです。いわゆる大型株への投資はあまりせず、新興株への投資が多いですね。基本的に信用取引がほとんどです。

--新規銘柄買い付けの際、どういった点を見て銘柄を決めるのでしょうか?

銘柄によっていわゆるクセというものが存在します。例えば、配当や優待の権利落ち日にどういう動きをしているかなどです。過去のチャートを見れば分かりますが、権利落ち後に数日で回復する銘柄や、長期にわたって下落を続ける銘柄など様々です。前者なら下がったところで買い、後者なら売りから入るなど方法は銘柄によって千差万別です。

--取引の際に注意している点など教えてください。

最近は株を購入した際は、先物取引で売りから入るなどリスクヘッジをしています。一般的に日経平均やTOPIXが下がると、悲観的なムードが漂いますが、リスクヘッジをしているため、どちら側に転んでも安心して見ていられる点はいいですね。実はおととしにリスクヘッジを怠り、痛い目に遭いました。その経験から来ています(笑)

--先物取引を使ったリスクヘッジについて、少し具体的に教えてもらえますか?

例えば、100万円分の株を購入したのであれば、先物市場で100万円分の売り注文を出します。先物は6か月ものなどがありますが、購入した株式は予定していた保有期間を優先し、先に処分していくことがほとんどですね。

スポンサードリンク

株の専業トレーダーとのインタビューを終えて

先物市場についてはさほど詳しくないため、私個人としては、タイ株の先物について調べてみようと感じました。最近は、タイ証券取引所(SET)も先物取引の広報に力を入れています。外国人が取引できるかなど、あらためて、またレポートしたいと思います。

うまくリスクヘッジをしながら、投資できるのであれば、タイ株もさらに面白くなるかもしれません。


図解 株式投資のカラクリ

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

【タイ】軍事クーデター後、経済の指標となるタイの株価は年初来高値を更新!
タイ不動産市場、スクンビット線で成長が期待できるエリアはここ!
タイの高速鉄道計画に新プラン浮上!軍政権は新・ノーンカーイ線の研究を指示。

(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。