タイの家電って日本より安い?コンドミニアム購入時に必要な家具・家電まとめ。

Pocket

僕はバンコクで不動産ビジネスをしています。最近はタイへの移住者も増え、「タイに住むときは、何を準備したら良いの?」と聞かれることが増えてきました。タイのコンドミニアムやアパートは、家具・家電が備え付け。国外引っ越しと聞くと大変そうですが、実は、タイではスーツケース一つで入居も可能です。

とは言え、全ての家電が揃ってない場合(オーナー次第)があります。特に洗濯機は、置かれてないケースが多いでしょうか。アパートの場合は、部屋に洗濯機用の排水設備がなく、建物内にある有料の洗濯機や乾燥機を利用するところもあります。(コンドミニアムはほぼ排水設備が整っています) そこで今日は、「タイで家具や家電を買う際の価格」を、写真付きでご紹介します。

【追記】 カーテンや給湯器の工事料金を含め、一部加筆しました。

「Home Pro」でタイの家具の値段を調査してみた。

ホームプロバンコク・パタヤ

パタヤにある Home Pro の店舗

タイの家具・家電の価格は、まさにピンキリです。街中で売られているノーブランド商品なら、驚くほど安い(クオリティも低い)ものもありますし、アンティークやとびきりオシャレなデザイナーズファニチャーもバンコクでは購入できます。

最も一般的な家具の購入先は、インテリアショップです。タイにも1店舗のみIKEAがあるほか、地場のINDEXや上場企業のMODERN FORM、今回おじゃましたHome Proなどが家具を扱う大手チェーンです。特に外国人にとっては、値札が表示されている、こうしたチェーン店で買うのが間違いないでしょう。

タイの家具家電・ショールーム

Home Pro のショールーム

前述した家具チェーンの大型店舗に行くと、上のようなショールームが用意されています。タイでも従来の戸建てでの生活から、都心のコンドミニアム(マンション)に住む人々が増えてきました。コンドミニアムもStudio(ワンルームタイプ)から、2Bedroomなど様々なタイプがあり、ショールームも複数用意されています。

タイの家具家電セット

タイの家具チェーンで販売されている、インテリアセット 17,900バーツから

ショールームにあるセットが気に入れば、家具セットという形で購入することも可能です。カラーバリエーションも豊富ですから、こうした中から選ぶのが手っ取り早いでしょう。参考までに、タイではどんなに狭い部屋でもクイーンベッドを入れることが一般的です。上のセットでもシングルベッドは用意されていません。

個別で家具を買う場合の価格

タイの家具家電・カーテン

カーテンセット: 800バーツ程度から

タイ不動産はカーテンレールが付いていないお部屋が殆どです。カーテンを購入する場合は、カーテンをひっかける「つっぱり棒」(約800バーツ)のようなものを合わせて購入することが一般的。工事料が意外と高く、8,000バーツほど必要です。

タイの家具家電・ダイニングテーブル

ダイニングテーブルセット: 6,500バーツから

タイの家具家電・ソファ

ソファ: 8,000バーツから

ソファもピンキリですが、タイミングが良ければ写真のようなソファが5,000バーツくらいで買えます。通常は8,000バーツほどで、サイズや素材によって価格は変動します。

タイの家具家電・シャワースクリーン

シャワースクリーン 4,000バーツから

タイ国内で販売されている「500万円前後の低価格コンドミニアム」は、上のようなシャワーの水跳ねを防ぐ設備がなく、自費で購入するか、シャワーカーテンを設置する必要があります。買っても1万円強ですから、自己居住として使うなら設置したほうが良いでしょう。

タイで家電を買う場合の価格

タイの家具家電・ドラム式洗濯機 ドラム式洗濯機 15,000バーツから

タイの家具家電・洗濯機 縦型洗濯機 8,000バーツから

タイの家具家電・冷蔵庫 冷蔵庫 5,000バーツから

タイの家具家電・電子レンジ 電子レンジ 3,500バーツから

タイの生活では、電子レンジは必須です。タイは外食文化なので、自炊よりも外の屋台などで食事したり、買ってきた料理を、部屋で温めて食べたりします。ちょっとお湯を沸かすのにも使える、万能家電ですね。

タイの家具家電・サムソンのTV TV(32インチ) 8,500バーツから

上は40インチで少し高級な製品ですが、サムソンやLDのテレビが安く、32インチモデルで8,500バーツから。タイ人はテレビ好きなので、もし賃貸用に貸し出すならば、32インチ以上のテレビは必要でしょう。地デジはこれから普及してくるところなので、特に高級なTVである必要はありません。

タイの家具家電・シャワー用給湯器 シャワー用給湯器 3,500バーツから

タイのコンドミニアムは、電化住宅でガス設備はほとんど存在しません。超高級物件以外は、こうした給湯器を浴室内に備え付けます。変なメーカーの製品は給湯が間に合わず、ぬるいお湯しか出ないので、メーカー選びが重要になります。6,000W以上の製品がオススメ。工事料は1,500バーツ程度です。

タイの家電・家具の価格まとめ!

タイのコンドミニアムインテリア

  • インテリアセット 17,900バーツから
  • カーテンセット: 800バーツ程度から
  • ダイニングテーブルセット: 6,500バーツから
  • ソファ: 8,000バーツから
  • シャワースクリーン 4,000バーツから
  • ドラム式洗濯機 15,000バーツから
  • 縦型洗濯機 8,000バーツから
  • 冷蔵庫(小型・中型) 5,000バーツから
  • 電子レンジ 3,500バーツから
  • TV(32インチ) 8,500バーツから
  • シャワー用給湯器 3,500バーツから

上記でご紹介した他は、ウォシュレットなどが日本人の方に人気です。タイの建物には、トイレに電源が設置されていないことも多く、備え付けの便器に後付けでウォシュレット(便座あたため・温水機能なし)を取り付けます。その他に気になる家具・家電がありましたら、 twitter (@dexter4620) などでお知らせください!

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイの賃貸コンドミニアム事情。スクンビット通り沿いの賃料相場や家賃の変動要因ってどうなってるの?
タイ・バンコクでコンドミニアムを賃貸する場合の最安値は?日本人の賃料も2極化が進んでいる!
台湾・新北市の不動産を見てきました。台北郊外マンションの価格や利回りをご紹介します!

(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。