マレーシアの物価、タイとクアラルンプールはどっちが住みやすい?

Pocket

タイの隣国、マレーシアの物価が想像以上に高くて驚きました。現地の不動産会社、ナカノプロパティさんとの情報交換や、バングラデシュで事業を展開中のメンターに会うべく、首都クアラルンプール(KL)へ行ってきました。

マレーシアの首都クアラルンプールの物価を私の住むタイと比較し、マレーシアとタイのどちらが住みやすいかについて、考察をご紹介します。

※通貨であるマレーシア・リンギットと日本円のレートは1リンギット=26.90円程度。2013年1月時点では33円程度でしたが、大きなリンギット安が進行しています。

マレーシアの物価、人件費と交通費が高い

マレーシア・クアラルンプールのオフィスビル群

クアラルンプール市内の金融ビル街

マレーシアの物価で気になったのは、交通費と人件費の高さ。マレーシアは実質的にASEAN域内ではシンガポールに次ぐ経済規模を持つ国です(一人当たりGDPではブルネイ王国が第2位)。人件費は後述しますが、首都クアラルンプールでもバンコクほど公共機関が充実しておらず、交通費でタイの2倍近くお金を使うことになりました。

KLモノレール

繁華街ブキビンタンを走るKLモノレールはわずか2両編成

マレーシアには10数度目ですが、都市交通はバンコクが格上。現地在住日本人に聞いても、公共交通機関を使うのは低所得の人というイメージ(タイにおけるバス移動と同じ)があるようで、完全な車社会。タクシーもクアラルンプールでは、バンコクとは違って交渉制で大変でした。

宿泊したクアラルンプール有数の繁華街ブキビンタンには、KLモノレールが走っています。価格はタイとほぼ同様の価格で、所得の低いブルーワーカーでも利用できそう。しかし本数が少なく、わずか2両編成で混み合います。確かに中間所得層より上は、あまり利用しないでしょうね。

タイとマレーシアの物価比較をしてみた

タイとマレーシアの物価比較

上の表を見ると、人件費も「高くないな」と思われるかもしれません。詳しくは「現地日本人インタビュー記事」で紹介してますが、職務経験者で高スキルの人材を雇うなら、給与は倍近くになることも。最低賃金で言えばタイの1.3倍程度ですが、所得格差がより激しいと言えるでしょう。

マレーシアの物価 (ALL ABOUT)

スポンサードリンク

マレーシアとタイ、どっちが住みやすい?

クアラルンプールのジャランアロー

遅くまで賑わう、KL市内のアロー通り(ジャランアロー)

マレーシアは「ロングステイの希望先ランキング10年連続No.1」と言われますが、賃料の安さ以外だと、バンコクの方が住みやすいと僕は断言します。富裕層の方には、下で紹介するビザなどの優遇措置が好まれているのでしょう。生活するなら車かバイクは必要ですから、資産をお持ちの方には向いているかもしれません。

マレーシア長期滞在には、「MM2H」というビザが人気。しかし近年、取得要件が厳しくなりつつあります。一説では、中国人などの不正取得が相次ぎ、今後は取得要件として6,000万円程度の資産をマレーシアに担保する必要が出てくるかもしれないそうです。

クアラルンプールの高級ショッピングモール、パビリオン

クアラルンプールの高級ショッピングモール、パビリオン

最近マレーシア・クアラルンプールからバンコクに移住してきた方も、「住みやすさは断然バンコク」とおっしゃいます。日本食店もマレーシアでは、バンコクの10分の1程度。東南アジアの食事は油を多用するため、在住者にとって豊富な日本食の選択肢は心のオアシスです(笑)

バンコクの住みやすさオススメポイント

交通費を含む物価、日本食の多さ、交通インフラなど利便性面でバンコクをオススメします。デメリットはやや英語が通じにくいことでしょうか。移住をお考えの方には、事前に2か国とも訪れて決めることをお薦めします。

マレーシア不動産仲介・ナカノプロパティさんと激論を交わしました

後日談ですが、クアラルンプールで不動産仲介業を営むナカノプロパティの中野さんから、「いや、マレーシアの方が住みやすい!」と反論を頂きました。私もバンコクで不動産仲介をする身としては、バンコクの利便性を語らずにはいられません。

ある意味ライバル同士である2名が、ブログ上で戦わせたバトルをぜひご覧ください。お酒好きな方が気になるアルコールの話題なども登場します!

タイ在住の僕が、マレーシアの首都よりバンコク在住を勧める3つの理由。
バンコク在住のブログに物申す!タイとマレーシアならマレーシアだ! (ナカノプロパティ)

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

エアアジアの「ASEANパス」まとめ。東南アジア諸国周遊がわずか2万円弱で可能になるよ!
台北へ行ってきました。タイと台湾の物価って意外と大差ありません。
バングラデシュに来ています。首都ダッカの物価や今後の可能性について。

タイ移住・生活情報まとめページ
(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ4年目。