タイでコンドミニアムを借りるには?パスポートと賃料3か月分だけで簡単に移住できるよ!

Pocket

本業のタイ不動産が、かなり忙しくなってきました。バンコクでも、2月・3月は引越しのピークで、連日お客様からご連絡をいただいています。会社の賃貸サイトは、まだSEO的にさほど強くないのですが、基本的には既存のお客様や友人からご紹介いただいた方のご案内が増えてきました。

「これから海外に出てみたい」という方にとって、バンコクはとても暮らしやすい街の一つでしょう。駐在や長期滞在などニーズは様々ですし、僕の周りだけでも「海外で生活してみたい」という人は増えています。そこで、今日はタイでコンドミニアムを借りる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

タイのバンコクやパタヤでコンドミニアムを借りる方法

タイの一般的な低層コンドミニアム

オンヌット駅近くのコンドミニアム

タイでコンドミニアムを借りるのは、想像以上に簡単です。日本のような礼金や保証人などのシステムもありません。詳細は後述しますが、外国人の場合はパスポートと一般的に3か月分の家賃を用意すれば、当日からでも入居できるコンドミニアムもたくさんあります。

タイの不動産は一戸建て・アパート・コンドミニアム・サービスアパートの4種類が存在します。今後、タイへ移住予定の方は、以下の手順で探すとよりスムーズだと思います。

1. 希望条件の設定

バンコクのコンドミニアム探し

タイでコンドミニアムを借りる際に、良く聞かれる内容

  • ご入居者の家族構成 (単身・夫婦・家族等)
  • ご希望の物件名、エリア
  • 賃料のご予算
  • 間取り(広さ、部屋タイプ)
  • 入居予定日
  • 特別なご要望(バスタブ付き、ペット可能、駅近、など)

最も重要なのは「予算の選定」です。一方で、はじめてタイを訪れる方にとって、「居住エリアの選定」も難しいでしょう。事前に街の雰囲気を時間があればいいですが、そうではないケースもあります。プールやフィットネスジムがついたコンドミニアム(日本で言うマンション)を借りる場合は、以下のエリアが人気です。

プロンポントンロー 1BED(約35㎡):約2万バーツ(約7.4万円)~ 2BED(約50㎡):3万バーツ(約11万円)~
オンヌット 1BED(約35㎡):約1.2万バーツ(約4.5万円)~ 2BED(約50㎡):2.2万バーツ(約8.1万円)~

次の項で詳しく説明しますが、最初の段階では「予算」と「どうしても外せない条件(バスタブ付き、ペット可など)」をリストアップしておきましょう。

2. 物件の内覧

Tidy Deluxeの1ベッドルーム

タイの不動産会社の大半は、「仲介料無料」で利用することが可能です。タダでプロによる物件の選定を受けられますから、利用しない手はありません。但し、タイの不動産会社は日本と違って「不動産会社同士のヨコのつながり」が希薄です。自社物件しか案内してくれない会社も多いので注意しましょう。

信頼できる不動産会社を見つけたあとは、①のステップでリストアップした「予算」と「どうしても外せない条件(バスタブ付き、ペット可など)」を担当者に伝えます。大家さんとの鍵の受け渡しなどがあるため、当日の内見は難しいですが、遅くとも数日中には内見ができるはずです。

タイでは手付金を払ってから「1か月後までに入居」する慣習があります。交渉である程度調整はできますが、あまり早くに内見しても意味がないので、不動産の内見をする際は「入居日の1か月~1か月半前」がベストでしょう。

3. 物件の予約・契約

タイのコンドミニアム内見

内見して、気に入った物件が見つかれば、賃料の1か月分となる手付金(Booking Fee)を払えば予約が完了します。基本的には手付を払ってから「1か月以内に入居」するのが通例です。入居時は敷金(Deposit Fee)として賃料の2か月分を支払います。

なお、前払いしている1か月分の賃料に当たる手付金は、前家賃として充当されます。分かりやすく言えば、タイの不動産を借りる場合は、3か月分の賃料が必要で、それぞれ前家賃(手付金)および敷金という形で支払うことになります。
※タイ不動産は「1年契約」が基本。1年未満だと、割高になったり、契約できないケースもあります。

契約に必要な書類は外国人ならパスポートのみ。タイ語もしくは英語の契約書にサインすれば、契約完了です。日系不動産会社を使えば、日本語の契約書も用意してくれるでしょう。手続きは日本以上にシンプルで簡単。家具家電付きの部屋が大半ですから、スーツケース一つで入居も完了してしまいます。

タイのコンドミニアム・アパートを借りるには? まとめ

ATLANTISプール4 パタヤのリゾート型コンドミニアム

  1. 希望するエリアや条件のリストアップ
  2. 内見の申込・内見
  3. 手付金の支払い(予約)
  4. 契約書にサイン → 入居

手順は上記の通り、大変シンプルです。必要書類もパスポートのみで、保証人も必要ありません。家具家電付のお部屋が大半ですから、昨日立ち会った日本から移住されるお客様の入居も、スーツケース一つとボストンバッグ2つ分程度で完了しました。(衣類などの生活用品は現地調達されるようです)

(グロビジ!)では、エリアの選定やオススメ物件の紹介など、本格的にタイへの移住や引っ越しをお考えの方のサポートをさせていただきます。お問合せフォーム からご連絡をお願いします。
※入居日を具体的に決めており、2か月以内にお引越し予定のみのサポートとなります。予めご了承ください。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイ在住の僕が、マレーシアの首都よりバンコク在住を勧める3つの理由。
パタヤの最新コンドミニアム「ATLANTIS」(アトランティス)、併設の巨大プールが想像以上に凄かった!
タイ・バンコクのマンスリーアパート賃料とセキュリティ事情。想像以上に低家賃でクオリティも良い。

(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ4年目。