タイの最低月給は日本人初任給平均を上回った!タイ勤務は日本より高給ってほんと?

Pocket

タイをはじめとするアジア就職を希望する日本人が増えています。特にタイは登録者だけで6.5万人を超える日本人が暮らしており、首都バンコクは日本人にとって暮らしやすい街の一つであることは疑う余地がありません。

後述しますが、タイでは外国人を雇う際の最低賃金が決められています。既に日本円ベースで換算すると、タイで働く場合の最低月給は日本人の平均的な初任給を上回っているのです。

タイで現地採用生活!物価安の国で日本より高い給与で働く

タイで働く(工事現場)

バンコクのコンドミニアム建設現場

タイで労働許可証(ワークパーミット)を取得する場合、国別に最低賃金が定められています。日本人の場合は最低5万バーツ。中国や韓国国籍の場合、最低月給は4万バーツです。タイ人の年収については下記を参照ください。

タイ人の所得・家計収入まとめ (2017年版)

面白いのが、円安との相関です。例えば、2012年頃にタイで最低月給の5万バーツで働く人の給料は日本円で12.5万円程度でした。しかし、2015年3月には同じ5万バーツが18.5万円に。この2年半に進んだ円安により、バンコクで働く日本人のバーツ建て給与は1.5倍となりました。(※その後、円高が進み、2017年7月現在で5万バーツは約16.5万円となっています)

ここで、経団連が2016年10月に発表した、日本人の初任給の推移を見てみましょう。

(出所:日本経済団体連合会 『2016 年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」』)

もうお気づきでしょうか?円安の影響が大きいのですが、タイで労働許可証を取得し、正規雇用で働く場合の最低月給(5万バーツ=18.5万円)は、日本人の平均的な初任給や年収を一部上回ってきました

セカ就! 世界で就職するという選択肢』などの著書を出版されている、もりぞお海外研究所の森山たつをさんも、ブログで以下のように説明されています。

バンコクで生活する人の大半(60%くらい)は月に5,000バーツー25,000バーツで生活をしています。50,000バーツ以上は全体のおよそ13%。つまり、日本人というだけで給料が優遇され、比較的良い暮らしが保証されるのです!
(出所:もりぞお世界で生きる研究所 「タイ就活事情2014 バンコクも日本人の初任給結構上がってるよ!」)

スポンサードリンク

バンコクで現地採用の仕事って簡単に見つかるの?

タイの差し押さえ物件内装3

バンコクの隣、サムットプラカーン県にある賃料2,000バーツのアパート

肝心なのは、果たしてタイで簡単に仕事が見つかるのか?という点でしょう。答えはYESです。仕事を選り好みしなければ、製造業の営業職を中心に日本人向けの求人は至る所に出ています。

パーソネルコンサルタント (タイ最大の人材紹介会社)
アデコタイランド

特に製造業の工場管理が出来るような方の求人は、60歳以上の方でも10万バーツ(37万円)を超えるような求人もあり、年金とのダブルインカムを受ける方もいらっしゃいます。年収ベースでは相当な高給取りですね。タイではどの業界もASEAN経済共同体(AEC)発足を迎え、営業力や地盤強化に取り組んでいるからです。

特に高額報酬・高年収の求人は転職サイトの【ビズリーチ】等で調べると、たくさんヒットします。登録すれば、製造業から医療系まで豊富な転職情報が送られてくる上、海外の求人情報も複数紹介されています。

海外就職に興味がある方、まずは海外に飛び込んでみることをオススメします!

follow us in feedly

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

アセアン経済共同体(AEC)とは何ぞや?5分で分かる関税動向や影響まとめ。
タイの「少子高齢化」問題を考える。タイ経済は今後どうなるのか?
日本の「非居住者」は消費税支払不要。帰国時は「免税」でお買い物できるよ!



(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。