発表、日本がタイの鉄道3プロジェクト参画にほぼ合意。パタヤへの高速鉄道はどうなる?

Pocket

タイのプラユット首相が訪日し、首相官邸で和泉総理補佐官と対談。タイや周辺諸国の交通インフラ整備計画への参画がほぼほぼ合意に至りそうな局面に入ってきました。

既にタイは、中国と共同でタイ東北部(イサーン)を縦断しラオス国境のノーンカーイまで接続する高速鉄道の敷設にほぼ合意済み。これは将来的にラオス国内を抜け、昆明経由で中国内陸へ連結。中タイの輸送の要となるのは間違いありません。

一方日本としても、タイ最大の港レムチャバンは押さえたいところでしょう。さらにはミャンマー最大となる深海港となるダウェイまで連結可能なルートを想定しているようです。今日はタイの英字新聞『Nation』から、日タイ共同の高速鉄道プロジェクトについてご紹介します。

日本、三つの鉄道プロジェクトに注力

タイの高速鉄道計画

ダウェイ港も日本政府の検討事項、内閣総理大臣補佐官談話

5月11日、日本はタイにおいて数十億バーツ規模となる高速鉄道網の開発を手助けするとともに、ミャンマーのダウェイ港や工業団地への投資も行う考えを明らかにした。首相官邸で行われた和泉洋人内閣総理大臣補佐官とプラユット・チャンオチャ首相との会談の結果明らかになった。

プラジン・ジュントン運輸大臣によれば、今月タイは日本と「バンコク~チェンマイ」、「カンチャナブリ-バンコク-レムチャバン」そして「バンコク~サケオ」の鉄道開発を共同で行うための協力の覚書に署名する予定。「メーソート~ムクダハン」へのルートについては今後さらなる検討が行われる。

プラジン運輸大臣は、アーコム・トゥームピタヤーパイシット副運輸大臣が5月26から27日に東京を訪れ、日本の鉄道当局と署名を行う予定だと述べた。一方、和泉内閣総理大臣補佐官はプロジェクトを進めるにあたり特に「バンコク~チェンマイ」のルートを含め、非常に高い関心を示している。

和泉内閣総理大臣補佐官は、日本は鉄道の計画のほか、タイとミャンマーを含めた三か国の合意にも署名し、ダウェイ港と工業団地も共同開発を行いたいと述べた。

今年既にプラユット首相は日本を訪れ、「バンコク~チェンマイ」、「カンチャナブリ~バンコク~サケオ」、そして「メーソート~ムクダハン」の3つの鉄道プロジェクトを連携して進めることに合意し、安倍首相と覚書に署名している。

プラジン運輸大臣はまた、一番準備の整う「ケーンコイ~ナコンラチャシマー(コラート)」路線をはじめ、「バンコク~ケーンコイ」、「ケーンコイ~マップタプット」、そして「ナコンラチャシマー(コラート)からノーンカーイ」への中国との四つの鉄道プロジェクトもすでに準備中だと述べた。

数十億ドル規模となる「ダウェイ港プロジェクト」に関して、和泉補佐官は日本がミャンマー、タイ各政府とプロジェクトを進めるにあたり「タイ高速鉄道用の特製車両」にも投資する用意があると述べた。

日本側は政府各当局、国際協力事業団(JICA)、国際協力銀行(JBIC)が指揮をとる予定で、タイ・ミャンマーの両国がプロジェクトを遂行できるよう、すでに専門家を配属している。

日本はこれらのプロジェクトに関わることにより、イースタンシーボードの開発と同様、鉄道をつくるにあたり必要な莫大な財政や他のリソースを日本が提供することで、計画の実現可能性が高まると期待されている。

これらプロジェクトはカンチャナブリに隣接しているため、日本企業の多くが投資を行っている「カンチャナブリ~バンコク~サケオ」の鉄道路が、タイとミャンマーの産業におけるきわめて重要なつながりになることが見込まれている。

(出所: The Nation “Japan keen on three rail projects” グロビジ!翻訳、下線は筆者挿入)

スポンサードリンク

タイの高速鉄道で注目しているポイント

タイ鉄道路線の新拠点バンスー駅

今回のニュースを受け個人的に気になっているポイントは以下の3点です。特にパタヤは不動産投資も盛んでこの地域に高速鉄道が伸びるか気にされている方も多いことでしょう。

  • パタヤ経由で工業地帯も多いラヨーンまで高速鉄道は延伸するか?
  • サケオもしくはトラート経由でカンボジア・ベトナム方面にも延伸するか?
  • かねてから噂のあるマレーシア・シンガポール方面の高速鉄道実現なるか?

タイ第2の観光地であるパタヤへの交通アクセスは、車移動のみと大変不便です。渋滞で到着時間が読めないという体験をされた方も多いことでしょう。前インラック政権下ではラヨーンまで延伸予定でしたが、最終的にどうなるか注目です。

高速鉄道や鉄道複線化に限定して言うと、間違いなく上の写真が最重要エリアになると個人的には考えています。先日MRT(現在の地下鉄)の新路線ブルーラインやパープルラインを見てきましたが、自信を持って紹介できる不動産物件も見つけました。後日詳しく記事にする予定ですので、お楽しみに!


タイの経営、日本の経営 企業トップが語る新興国ビジネスの要諦 [Kindle版]

【追記 2015/5/22】 日本経済新聞にて、下記の報道がありました。

タイ、高速鉄道で新幹線方式を採用 来週合意へ
【バンコク=京塚環】タイが自国内で計画している高速鉄道に日本の新幹線方式を採用する見通しになった。27日に両国の運輸担当大臣が東京で会談し合意文書を交わす。総工費約4300億バーツ(約1兆5千億円)ともされる建設資金の調達など課題は残るが、新幹線の輸出が実現すれば台湾に次ぐ事例となる見通し。日本はインドにも新幹線の輸出を目指しており、官民で取り組むインフラ輸出に弾みがつきそうだ。(出所: http://www.nikkei.com/article/DGXLZO87131150S5A520C1EA2000/)

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイの鉄道が複線化!日本からは100年遅れで複線化される路線がついに決定。
タイ不動産、交通インフラ計画承認後にナコンラーチャーシーマーの不動産投資が活発化。
バングラデシュ滞在記まとめ。投資先・旅行先として、今ダッカは有望なのか?


(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ4年目。