3分で分かる、バンコクの高架鉄道BTS「ラビットカード」機能まとめ

Pocket

バンコク都内を走る高架鉄道BTS。ご存知の方も多いでしょう、バンコク都民の足として欠かせない交通インフラです。通常切符の他にスマートパスと呼ばれる回数券が存在しますが、在住者には利便性が高く、過去何度も値上げされています。

バンコクでの生活に欠かせない「ラビットカード」の機能とともに、タイの高架鉄道を運営するBTS社が発表した、BTS Smartpass(スマートパス)回数券値上げに関するニュースをご紹介します。

BTSのラビットカード。スマートパスやキャロットポイントなど機能多数!

BTS Phayathai

2016年4月現在のBTS初乗り代金は16バーツ、価格は路線バスの約2倍。しかし、渋滞で時間が読めないバスの代わりに、BTSはバンコク都民の足として年々定着してきました。

BTSの利用者も年5%近く増加し続け、2016年3月時点の1日の平均利用者数は約70万人で、月間利用客数は初めて2,000万人を突破しました。乗客数の伸びはBTSの公式ウェブサイトにて確認が可能です。

ラビットカードはバンコク版Suica/Pasmo、電子マネーとして利用可能

BTSラビットカード

まずは基礎編から。バンコクでBTSを利用する際の必須アイテムが「ラビットカード」(上記)。日本で言うSUICAやPASMOのような存在です。BTS以外に、マクドナルドやダンキンドーナツなどラビットカードを「電子マネー」として決済できる場所も増えてきました。

  • 発行料50バーツ
  • デポジット100バーツ:(保証金、解約時に返金)
  • 初回入金50バーツ:(実質的な初回チャージ額)

上記合計200バーツを払えば、BTS全駅でラビットカードの発行が出来ます。切符購入には混雑していると10分近くかかることもあり、バンコクへ良く来る方は必携のカードと呼べるでしょう。

※ラビットカードは高架鉄道のBTS用で、地下鉄(MRT)・エアポートリンクには別のカードが存在します。将来的にはカード統合の動きもありますが、2016年4月時点ではまだ実現していません。

バンコク初の交通系共通ICカードシステム、Mangmoon導入は大幅延期

スポンサードリンク

BTSの乗降ごとにポイントが貯まる「キャロットリワーズ」

BTSキャロットポイント

BTS構内等にあるキャロットリワーズ用端末

「Carot Rewards」(キャロットリワーズ)と呼ばれるポイント・プログラムも存在します。ウェブサイト上で登録しておけば、BTS利用時やお金チャージの際、電子マネー利用した時にポイントが貯まります。ポイントは上記の端末から景品に変えることも可能です。

BTSのキャロットリワーズ登録サイト

短期での観光ならBTSの1日券(ワンデーパス)がおすすめ!

ラビットカードとは別のチケットとして、1日乗り放題になる「One-day Pass」(ワンデーパス)もBTS各駅窓口で140バーツで購入可能。あくまでBTS限定の1日券のため、地下鉄(MRT)や空港線(エアポートリンク)での利用は出来ないので注意が必要です。

バンコク在住者にオススメな、BTS回数券「スマートパス」

Bts_smartpass_30day

BTSスマートパスの料金表 (2015年7月以降の価格)

バンコク在住者が通勤通学する場合に便利なのが「ラビットカード・スマートパス」。大人(右)の場合、15回450バーツで、1回当たり30バーツ。50回分は1,250バーツ(1回22バーツ)。回数が多い方がお得ですが、有効期限は30日と短いため購入の際は注意しましょう。

スマートパスがあれば、BTSの路線内はどこまで行っても基本的に「1回」の乗降としてカウントされます。(※オンヌットの先バンチャック以降での乗り降りは別途10バーツ徴収される ※運営会社がBTSの関連会社であることが理由)

BTSの価格設定は隣駅までの運賃が16バーツ。回数券ならどこまで行っても1回の乗降で25バーツ以上のため、隣駅に行くだけなら回数券は不要です。購入時は自宅および頻繁に利用する駅までの運賃を確認して買う必要がありますね。

バンコクBTS運賃表 (BTS社公式サイト)

追記:BTS価格、スマートパスの料金は2017年10月以降、再度値上げ

BTSの乗車料金や回数券スマートパスの料金が2017年10月に再度値上げされることが決定。過去5年間で恐らく3度目の値上げとなります。

バンコクでの待ち合わせに便利な、BTS出口一覧表

余談ですが、ビジネスやプライベートで駅待ち合わせをするときなど、BTSの出口番号が分からず困ることはありませんか?Googleマップでも一部の駅は出口番号まで記載してくれていますが、BTSの公式サイトにて各駅の出口番号や周辺施設が確認可能です。

こちらのページをブックマークしておくと、「アソーク駅の●番出口を出たところにある、ターミナル21で待ち合わせ」と来タイしてくれる人にも使えるので、結構便利だと思います。

BTS「ラビットカード」の機能まとめ

  • バンコクへ頻繁に来るなら「ラビットカード」は必携
  • 「キャロットリワーズ」に登録しておけば、ポイントも貯まる
  • 短期の観光には「ワンデー・パス」(140バーツ)を賢く使う
  • バンコク在住者には回数券「スマートパス」の利用をオススメ  ※利用駅による
  • BTS・MRT等の共通カードが導入に向け準備されている
<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

バンコク都市モノレール(BTS)、乗降客数が多い駅 TOP10はココ!
バンコクの駅前ホテル5選!オンシーズンにおすすめな駅直結ホテルを厳選しました。
タイ・バンコクの都市交通計画2017年最新版!(BTS・MRT・エアポートリンク)


タイ移住・生活情報まとめページ
(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。