パタヤのジョムティエンビーチ。タイ人に人気のビーチへの行き方、整備計画

Pocket

タイ国内でも有数のビーチリゾート・パタヤ。その中でも、タイ人が最も好むビーチがジョムティエンビーチです。パタヤには北のナクルア、最も賑やかなパタヤビーチ、南のジョムティエンビーチと3つのビーチが存在します。

パタヤのジョムティエンビーチ

パタヤ好きな日本人でも、ジョムティエンまで行ったことのある方は少ないでしょう。今日はジョムティエンビーチへの行き方と、パタヤの英字新聞『Pattaya Mail』の記事から、同ビーチの整備計画についてご紹介します。

パタヤのジョムティエンビーチと行き方・アクセス方法

パタヤのジョムティエンビーチの夕暮れ

パタヤからミニバスで15分ほど南へ行くと、象牙色に輝く砂浜と青く澄んだ海のジョムティエン・ビーチがあります。パタヤ・ビーチとは異なり落ち着いた雰囲気のビーチで、家族連れの方におすすめのビーチです。(出所:タイ国政府観光庁)

ジョムティエンビーチはパタヤビーチから南に約3km、ビーチサイドホテルやレストラン、高層コンドミニアムが並びます。近年は新築コンドミニアムや住宅開発が一気に進み、バンコク都民の別荘や引退後の暮らしの場として人気が出てきました。

ジョムティエン・コンプレックスというコンドミニアム周辺にのレストラン、バー、商店が集まります。ジョムティエン地区の中心を通るタッパラヤ通り(Thappraya Road)がパタヤビーチとジョムティエンを結びます。欧米人の他、ロシア人たちは観光でなく居住者も多数います。(参考:Wikipedia “Jomtien Beach”)

Bahtbus-map

パタヤ市内のソンテウ基本ルート (出所:http://livepattayainfo.com/

ジョムティエンビーチの行き方はタクシーが便利ですが、コストを抑えるならソンテウと呼ばれる乗合タクシーを使うことも可能です。上記写真下の方にあるサウスパタヤロードとセカンドロードの交差点が、ジョムティエンへのソンテウ乗り場(ピンク色の丸)です。

ソイ・チャイヤプルック(ジョムティエンビーチロ―ド・ソイ14と15の中間)までは、10バーツでOK。但し、それ以外の場所に行きたいときは交渉が必要です。以下のサイトに詳しく書かれてますので、ご参照ください。

ソンテオでのジョムティエンビーチへの行き方と乗り場所、値段とルート (パタヤビーチ旅行記)

ジョムティエンビーチの整備計画は完了

ジョムティエンビーチの整備計画が進行中

ジョムティエンビーチの景観美化計画が進行中 (画像出所:Pattaya Mail)

3月に着工されたジョムティエンビーチの美化プロジェクトでは、同ビーチを広い散歩道や公共の場を有するパタヤビーチの海辺に似たつくりにする計画だ。整備されるのはYin Yom ビーチから ソイ・チャイヤプルック(Soi Chaiyapruek)~ジョムティエン・ビーチロードの交差点までの4万平方メール、距離は4キロに渡る。

多くの大木が取り除かれ、地元から不満やオンライン上で多くの批判があがっている。一方、パタヤ市当局は「ゆくゆく新しい木が植えられる予定だ」として理解を求めた。建設請負業者らは景観に手を入れたのち、散歩道にタイルを敷き始めており、道路に接続するために高さを調節している。工事は現在、Dongtan Curve周辺の1万平方メートルを中心に行われている。

長年ジョムティエンビーチは雨や洪水、浸食により大きな影響を受けている。パタヤ市はNong Nooch Land and Garden Design Co.と2億7000万バーツの契約を締結し、海辺の見た目にきれいにし、施設の充実をはかるだけではなく、これらの被害の要因からよりよく守るために改修を進めている。

プロジェクトの完了は2017年に予定だ。ジョムティエンビーチの美化計画はすでに2割ほど完了しており、建設請負業者らは近い将来ヤシの木が植えられる予定であることから少しの間辛抱するよう理解を求めている。

(出所: Pattaya Mail “Jomtien Beach facelift 20% complete” グロビジ!翻訳・要約)

追記:2016年4月現在、ジョムティエンの美化計画はほぼ完了しています。

Jomtian Beach Jomtian Pattaya Beach

ジョムティエンビーチ周辺のおすすめホテル

整備計画では、海岸沿いの「ジョムティエン・ビーチロードのソイ1~ソイ14と15の間」までが整備区間です。冒頭で紹介した赤色の線部分が整備される予定。有名ホテルはありませんが、ジョムティエンビーチには高級ホテルから安宿まで充実しています。

パタヤ視察される方も「住むならジョムティエン地区」と仰る方がいるように、南国ビーチでのんびりするには最適の場所。夜遊び好きな方が好むパタヤビーチとは対照的に、レストラン・マッサージの充実するジョムティエンビーチには、穏やかな海が広がっています。

ジョムティエンビーチのオススメホテル

D バリー ジョムティエン ビーチ パタヤ ホテル (Agoda) ※写真上
ロイヤル ヘリテージ パビリオン ジョムティエン ホテル (Agoda)

パタヤでの人気アトラクション・観光地について

Under water world Pattaya

パタヤにあるタイ最大級の水族館「アンダーウォーターワールド」 (出所:underwaterworldpattaya.com/)

ジョムティエンビーチまで行くなら、タイ最大級の水族館「アンダーウォーターワールド・パタヤ」がオススメ。100メートルもの水中トンネルから眺める、5,000匹の魚群は圧巻です。

パタヤはタイ国内でも有数の観光都市で、「アンダーウォーターワールド」のほかに、象乗り体験やニューハーフショー、ゴルフ場などアトラクションが充実しています。パタヤ現地にも多くの旅行代理店がありますが、ネットで気軽に申し込める日本語サイトのVELTRAが便利で安心です。


パタヤ 現地オプショナルツアー (VELTRA)

日本食を食べて毎日夜遊びしたい!という方にはあまりオススメできませんが、のんびりとした時間を過ごしてリフレッシュするにはジョムティエンビーチがオススメです。レストランやマッサージ店も充実していますよ!

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

パタヤの日本料理店まとめ!パタヤで日本食なら、この5店が僕のオススメ。
発表、日本がタイの鉄道3プロジェクト参画にほぼ合意。パタヤへの高速鉄道はどうなる?
パタヤの「ALCAZAR」(アルカザール)で、ニューハーフショー初体験!パタヤ行くなら100%見るべきです。


(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ4年目。