タイ国内で最もお勧めのクレジットカード「Citi Prestige」を選んだ4つの理由。

Pocket

タイ国内で使いたいと思えるクレジットカードをようやく見つけました。マイルも日本のクレジットカード以上に貯まりやすく、特にタイ国外へ頻繁に旅行・出張するような方は必見の1枚です。

さらにLCC利用時でも空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」までもらえます。早速、タイ国内発行のオススメクレジットカード「Citi Prestige Credit Card」を紹介します!

※タイ国内でクレジットカードを作成する場合は、基本的に労働許可証(ワークパーミット)が必要で、カードを作成する銀行に口座を所有していることが条件となります。また、記事内で紹介する内容は予告なく変更される場合があります。詳しくは加入前に金融機関にてご確認ください。

タイのオススメクレジットカードは、Citi Prestige Credit Card

Citi_Prestige

Citi Prestige Credit Cardを選んだのは理由があります。申込前に、バンコク銀行・カシコン銀行など他行も調べましたが、微妙なカードばかり。元ファイナンシャルプランナーなので、細かい点を比較するのは好きなんです(笑) 選んだ理由は下記の通り。

  1. 25バーツの利用ごとに、航空大手5社のマイルに変換できる
  2. 「プライオリティ・パス」がもらえて、LCC利用時でもラウンジが使えるようになる
  3. 期間限定で50,000 Citi Rewards Pointプレゼントキャンペーンがあり、25,000マイル貯まる
  4. 年会費は高いが、他行のクレジットカードにはない1~3の魅力がある

唯一比較対象に残ったのは、イオンタナサップのクレジットカード。結局、年会費が高くても特典が充実しているCiti Prestige(シティ・プレステージュ)を選んだのですが、人によってはイオンのカードは合うかもしれません。

特にタイ航空やデルタ航空など、Citi Rewards Point(シティ・リワーズ・ポイント)の変換先として指定されている航空5社でマイルを貯めている人には最適のカードと言えるでしょう。使えば使うほど、面白いようにポイントやマイルが貯まります。LCC利用時でも空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」もめちゃくちゃ便利です。特典内容も見てみましょう。

スポンサードリンク

Citi Prestige Credit Cardの特典内容

  • 25バーツ利用ごとにCiti Rewards Point 2ポイントを獲得。日本円など外貨での利用時は3ポイントを付与
  • Citi Rewards Point 2ポイントごとに、タイ航空やデルタ航空など5社の1マイルに変更可能
  • カード利用者には「プライオリティ・パス」を進呈。世界120か国で800以上ものラウンジを利用可能に
  • アジア太平洋以外へ旅行する場合、年に2回まで空港までの無料リムジン+プライオリティレーンが利用可能
  • 年に3度まで指定ゴルフ場のグリーンフィーが無料
  • 主要ホテル・デパートでのカード保有者専用VIP駐車場の利用
  • 24時間無料ロードサービス
  • Citi Bankの利用年数・カード利用額に応じて、最大5%のボーナスポイントを付与
  • 5万 Citi Rewards Point(2.5万マイル相当)プレゼントキャンペーンあり(期間限定 *カード発行後30日以内に2万バーツ以上利用し、カード年会費+VATを支払った場合)

※上記内容は、2016年2月時点の内容です。予告なく変更される可能性がありますので、詳しくはコチラよりご確認ください。

上記のように、マイル取得の他、空港までのリムジンサービスやゴルフ代無料など様々な特典付き。但し、年会費が「7,900バーツ+VAT」と若干割高ですが、出張や旅行が多い方なら割に合うことでしょう。LCCを利用した旅行でも「プライオリティ・パス」があるので、空港ラウンジも利用可能です。

タイのCiti Bankで口座開設すれば、タイ全土どのATMでも手数料無料!

Asok intersection

インターチェンジビル内にある Citi Bankのスクンビット/アソーク支店

実はCiti Bankは個人的にタイ国内でもオススメの銀行。口座開設に最低預金額10万バーツが必要ですが、CitiのATMカードならタイ国内のどの地域のどの銀行ATMでお金を引き出しても、一切手数料はかかりません。旅行や出張時に他国のCiti ATMで引き出す場合も手数料無料です。(エルサルバドルなど指定7か国を除く)

いかがでしたか?いろんな銀行のカードを比較した結果、個人的にタイで最適なカードは「Citi Prestige」でした。もともと、シティバンクは口座もなかったので開設してみると、台湾や香港など同行のATMから手数料なしで現地通貨が引き出し可能。毎回手数料の約500円が浮いています。

世界120か国、850以上のラウンジが無料で使える「プライオリティ・パス」は、楽天プレミアムカードへの加入で無料で取得できます。海外旅行保険も付帯しているので、持っていて損はありません!

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

海外在住の僕がオススメする、海外旅行保険付きクレジットカード2枚(日本在住者向け)
Rocket Miles(ロケットマイルズ)でマイルを貯める。ホテル予約で数千マイルを獲得してみよう!
プノンペン空港の新設ラウンジ「Plaza Premium Lounge」が凄い。また利用したくなる魅力を3つ紹介します



(グロビジ!)TOPへ
タイ移住・生活情報まとめページ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ4年目。