ASEAN経済共同体(AEC)が2015年末に発足。発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(1)

Pocket

2015年末、ASEAN経済共同体(AEC)が発足し、経済の流れも大きく変わるとされています。将来的にはヒト・モノ・カネの動きを自由化させる予定ですが、当初はアセアン域内の関税を自由化する予定。当然、物流も増加するでしょう。今回はASEAN域内で最重要道路と呼ばれる「南部経済回廊」のレポートです。

バンナーからカジノバスで、タイ国境のアランヤプラテートへ。

セントラルバンナー脇から出発する、カジノバスセントラルバンナー脇から出発する、カジノバス

バンコク東部にあるセントラルバンナーから、「カジノバス」でタイ国境の街アランヤプラテートへ。過去数度カジノバスを使ってますが、200バーツで軽食とお水付き。同じバスで夕方バンコクに戻る場合は、帰りの運賃も無料です。

ただし、帰りは同じバスの乗り場も分かりづらく、乗り損ねるケースも多いので注意してください。乗り損ねた場合は別のバスでも200バーツほど払えば、バンコクへ戻ることができます。

今回のカンボジア視察ルート

ちなみに上が今回のルートです。目指すのはカンボジア西部の町、シソポン。地図でご覧いただくと分かるように、バンコクとカンボジアを結ぶ位置にある上、プノンペンとシェムリアップを結ぶ交通の要衝でもあります。バスだとシソポンまで約5時間ですが、車を手配すれば、3時間半程度で着きます。

チャチュンサオ県の幹線道路チャチュンサオ県の幹線道路 地図ポイント①

サムットプラカーン県を抜け、チャチュンサオ県に入ったところです。写真だと舗装されているように見えますが、右の黒い部分は黒っぽい土。中央2車線の舗装工事を進めるところです。

タイ国境のアランヤプラテート周辺

タイ国境のアランヤプラテート周辺 地図ポイント②

タイ国境、アランヤプラテートの手前。ここまでくれば4車線舗装ですが、国境へ向かう車の検問をしています。

アランヤプラテートからカンボジアへ伸びる線路

タイ国境、アランヤプラテートにて

タイ国境側のアランヤプラテートで線路の補修工事をしていました。カンボジア国内にも貨物列車は通っているので、将来タイと連結されるかもしれません。これは楽しみですね。

スポンサードリンク

アランヤプラテートを抜け、カンボジア側のポイペトへ入境。

カンボジア国境ポイペトのゲート

アランヤプラテートの国境とイミグレーションを抜け、カンボジア側国境のポイペトに入ったところ。カンボジアはアライバルビザも取得可能です。僕はプノンペンでカンボジアの1年ビザを取得してますが、ポイペトでも取得することができます。

※カンボジアの入出国担当官や政治情勢によって、予告なく変更される場合があります。ご注意ください。

ポイペト市内の道路

ポイペト市内にあるカナディア銀行前。道路が茶色く見えますが、舗装されている上に砂がかぶさっています。そのため、晴れて乾燥している時は砂埃が舞う。カンボジアに入ると、道もこのように変わりました。ここからシソポンへカンボジア人の友人ワリーと向かうことになります。

【補足:記事追加しました】
カンボジア・ポイペト。AECで発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(2)
カンボジア、シソポン。AECで発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(3)

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

カンボジアのポイペト経由のタイ再入国(ビザラン)が禁止へ。ビザ無し在タイ邦人は要注意!
カンボジア・ビザ値上げ!観光・ビジネスとも2014年10月から。
タイの入国管理局が取り締まり強化。不法滞在外国人はブラックリスト入りへ

(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ4年目。