ビットコイン定期積立、日本初の自動引落し仮想通貨積み立てを始めてみた

Pocket

ビットコインの積立ができることを知り、早速スタートしてみました。

以前からBitcoinに興味はありましたが、取引方法や値動きなど不勉強で購入に至らず。そんな私が、ビットコイン積立を始めたきっかけはコチラの投稿でした。

2016-08-10_0853

出所:堀江貴文氏のFacebookアカウントフィード

ビットコイン積立とは?

「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」
「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。

Zaifコイン積立ではお客様の銀行口座から毎月固定額を自動引き落としさせて頂き、ご希望の金額を積み立てすることができます。 (出所:Zaifのコイン積立とは)

定期積立ならビットコインをドルコスト平均法で購入でき、短期的な価格変動にも影響を受けにくい。私はBitcoin価格は上昇すると見ているし、何より銀行口座自動引き落としで、購入の手間も不要なので始めることにしました。

ビットコインの取引価格をチャートで見ると、2016年8月初旬に「Bitcoin相場が急落、香港の世界最大級の為替両替所が外部からの攻撃で資金を喪失」というニュースが出たばかり。価格は若干下落しています。

Bitcoinの対日本円(BTC/JPY)チャート (investing.com)

ビットコイン積立は2016年8月時点ではZaif社が提供

2016年8月時点では、日本国内でZaif社のみが提供している模様。ビットコイン自体は成長産業だと思いますが、最大のリスクは会社選びと考えているため、Zaif社について調べてみました。

私にはどうも胡散臭さを感じてしまうのですが、実は今常用している取引所がここです。
何か危なそうだったら早く逃げ出さないとな~なんて考えながらなんだかんだ利用させてもらっています笑。
胡散臭さ:★★★★☆
利便性:★★★★☆
出所:ビットコイン買うならどこがいい?5社取引所を比較!

上記サイトによると、比較した5社中で最大の胡散臭さだそう(笑) しかし、2016年5月に日本で初となる「ビットコイン積立」をスタートさせたり、クレジットカード払いでビットコインを購入できるサービスも導入。利便性は高そうです。

特に「仮想(通貨)」とは言え、クレジットカードでビットコイン(通貨)を買ってマイルやポイントが貯まるというのは斬新な感じがします。

※本記事執筆時点で、ビットコイン積立の支払方法は「銀行口座引き落としのみ」となっています。

スポンサードリンク

Zaif 社の会社概要

Zaif_company_profile

出所: https://corp.zaif.jp/outline/ (画像は2016年8月10日現在)

ビットコイン等の仮想通貨投資は運営会社も重要だと思うので、Zaifを運営する企業の会社概要を調べてみました。

Zaifを提供する会社の社名はテックビューロ株式会社、代表は朝山貴生氏 (@TakaoAsayama)となっています。朝山氏は経済部門のベストセラーランキング上位に入る、ビットコイン等を支える技術「ブロックチェーン」に関する下記の本にも参画しているよう。

ブロックチェーンの衝撃 (amazon)

ビットコイン等の仮想通貨への投資は運営会社や技術面でリスクもある事でしょう。私は、リスクを取れる範囲でスタートすることにしました。私が住むタイでのバーツの変動など、為替へのヘッジとしても期待しています。

「ルビコン川を超える」と書けば大袈裟ですが、百聞は一見に如かず。ビットコイン定期積立を始めることで、自分自身に仮想通貨へのアンテナが立つこと、Bitcoinへの可能性を期待しています!

仮想通貨取引所・販売所 – Zaif

※本記事は投資を勧誘するものではありません。投資の判断は、自己責任でおこなってください。また、本記事はステルスマーケティング等ではありません。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

バンコク郊外の「100万円不動産」を購入!タイの超格安物件は運用可能か?
シラチャ不動産に対する見立て。「利回り10%」はいつまで通用するか?
交通の要衝として期待されるバンスーやコーンケーンへの投資を考える


(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ4年目。