バンコクの新路線MRTパープルライン、乗り方・路線図徹底ガイド

Pocket

バンコクで2016年8月6日に開業したMRTパープルライン。東芝、丸紅が出資する共同事業体で鉄道システム一式を受注したタイ初となる日本製の都市鉄道路線に乗ってきました。

Purple line Bangkok Nontabri MRTパープルラインの路線図

このパープルラインは、バンコク北郊のタオプーン駅からノンタブリ県のクロンバンファイ駅までの23kmを結ぶ高架鉄道。但し、過去記事で紹介した通り、気軽に地下鉄であるMRTブルーラインから乗り換えて行けるわけではありません。

「右下のバンスー駅が地下鉄ブルーライン(稼働中)の終点で、タオプーン駅まで約1kmは電車が未開通という状態。当面は無料シャトルバスを使って2駅間を移動することになりそう。」 (出所:パープルラインが2016年8月6日開業、バンコクとノンタブリ県を結ぶ)

そこで、今日はパープルラインの乗り方と注意点をご紹介します。早速、いってみましょう。

MRTパープルラインの乗り方

purple-line-mrt

MRTパープルラインの車両@タオプーン駅

パープルラインに乗るには、バンコク側の始発駅であるタオプーン駅へ行く必要があります。問題は下の地図にある約1キロ区間は電車で行けない点。専用のシャトルバスを使って移動をすることになります。手順は下記の通りです。

  1. MRT(地下鉄)ブルーラインでバンスー駅へ行く
  2. 専用シャトルバス(無料)か、タイ国鉄の電車(15バーツ)を使ってタオプーン駅へ移動
  3. 切符トークンかMRT Plusカードを買って乗車する

バンスー駅からパープルライン専用シャトルバスへの乗り方

transportation-guide-to-purple-line transportation-bangsue-to-taopoon

まず、MRTバンスー駅に着くと上のようなパープルライン行きの標識(タイ語のみ)が出ています。電車とシャトルバスがあり、私は後者を利用しました。バンスー駅を出て地下鉄駅とタイ国鉄駅の中間に露店が並んでいる場所が無料シャトルバス乗り場。

標識等は出てませんが、露店の近くで待っていると英語でシャトルバスと書いたバスが来ます。これに乗れば約5分でパープルラインのタオプーン駅に到着します。私もタイ語は読めませんが、矢印と標識で何とかたどり着けました。

shuttle-bus-taopoon shuttle-bus-bangsue-taopoon_2

タオプーン駅でパープルラインのチケットor MRT Plusカードを買う

taopoon-station taopoon-station_2 taopoon-station_3 taopoon-station_4

 MRTパープルライン・タオプーン駅、将来MRTブルーラインも連結する

タオプーン駅に着いた後は3階までエスカレーターで移動します。パープルラインは各駅3層構造になっているのが特徴。真新しい駅舎にワクワクします。但し、ここで注意点。既存のMRTカードは利用ができません。

mrt-plus-card-2 右が新しいMRT PLUSカード

そこで、MRTおなじみの券売機からトークンを買うか、MRT PLUSカードを買う必要があります。この新カードはブルーライン・パープルライン共通で利用が可能、繰り返しますが、地下鉄の既存カードはパープルラインでは利用ができません。

mrt-plus-card mrt-purple-line-ticket-machine

チケットを買えれば、後は乗車するだけ!バンコク郊外の新興住宅地の景色はなかなか新鮮です。

taopoon-station_6 purple-line-mrt_2

各駅には日本のODAでパープルラインが建設されたことを示す標識が掲げられています。各駅とも目立つところにありますし、日本人として嬉しい気遣いですね。

purple-line-japan-jica

スポンサードリンク


パープルラインに乗って見るべきスポット・観光地

bangson-view bangson-view_5

パープルラインの沿線は高層ビルが少なく、遠くまで見れる景色が特徴。将来的にピンクラインが連結するバンソン駅など、各地で開発も進んでいます。特にチャオプラヤ川を超えてからは、緑あふれるタイの原風景が見られました。

central-west-gate central-west-gate_2

中でも最大の見どころは、2015年に開業した巨大ショッピングモール「セントラル・ウエストゲート」のあるトラート・バンヤイ駅でしょう。バンコク都内のモールと大差ありませんが、この駅周辺には商業施設が充実しており、休憩を兼ねて目指すには良いかもしれません。

パープルラインで繋がるバンヤイの巨大モール、セントラルプラザ・ウェストゲートに行ってきた (Yindeed Magazine)

ノンタブリ県は133万人(2010年)が居住してますが、2000年の人口統計時(81.6万人)と比較すると10年で約63%も人口が増加しているバンコク首都圏の一部。東京から見た神奈川や埼玉のイメージでしょう。スクンビットから前述のトラート・バンヤイ駅までは乗り継ぎを入れて1時間強。週末のお出かけの選択肢にいかがですか?

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイ・バンコクの都市交通計画2016年最新版!(BTS・MRT・エアポートリンク)
タイの高速鉄道・線路複線化など国内交通インフラ計画・最新版(2016年2月)
タイ国内初の都市環状線、MRTブルーラインの「バンスー~タープラ線」全駅を写真付きで紹介します!



(グロビジ!)TOPへ
タイ移住・生活情報まとめページ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ4年目。