(グロビジ!)おすすめ書籍一覧【2017年版】

Pocket

記録を兼ねて2017年に読んだ本のうち、印象に残ったものをリストアップします。

これまではビジネスやマネー系の書籍を読むことが多かったのですが、今年に入り恩師から頂いた良書リストの本を読むようになり読書の幅が一気に広がりました。特に小説や古典的名作あたりです。

(グロビジ!)おすすめ書籍一覧【2017年版】

アルジャーノンに花束を〔新版〕

アルケミスト―夢を旅した少年

上記2冊は世界的に有名な小説ですが、今年初めて読みました。名作には名作たる所以がありますね。気軽に読めるのでお勧め。

「横浜」をつくった男―易聖・高島嘉右衛門の生涯

武士の娘

日本の歴史系で言うと上の2冊が印象に残りました。横浜を作ったと言われる高島嘉右衛門は易者であり、そっち系が好きな方にもお勧めです。やっぱり縁とか運とか、第六感的なものはあると思うんですよね。

後者は明治維新後の時代の人々の考え方や生き方を知る上で、とても参考になります。小説感覚で読めるのもお勧め。

小説 孫子の兵法〈上〉

中国古典の名言録

歴史ものは好きですが、中国古典は実用的でとりわけ好きです。今年は孫子の原著も中国で購入し、どんどんはまっています。鄭飛石氏の小説は古い本ですが、入口としては良いと思います。

私の財産告白

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

どちらも名著ですね。本田静六の著書はマネー系の先駆けともいえる一冊。時代は違いますが、お金の動かし方など参考になる部分は多いです。後者は新訳が出たので、改めて読んでみました。

靴磨きの本

メコン諸国の不動産法

最後はお仕事関連の2冊。靴磨きの本は、これ一冊で一生関連本は不要になるでしょう。分かりやすい。後者は友人でもある先生がタイ不動産法について書かれています。

印象に残ったものを個人的に2冊あげるとすれば、武士の娘中国古典の名言録ですね。特に後者は一生読み継げる名作です。年末年始などにゆっくりとどうぞ。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイ不動産 投資・購入ガイド
タイの入国ビザ情報
タイ・バンコクの都市交通路線図2018年最新版!(BTS・MRT・エアポートリンク)



(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。