発展続く「トンロー」、BTS・グレーライン建設に向け地価上昇は間違いなし?

Pocket

バンコク都内にある日本人街の中心、「トンロー」。日本からタイに移住される駐在員の方が住まれるのは、このトンロー駅もしくは、隣のプロンポン駅が大半を占めます。

そのトンローにも将来的にBTS・グレーラインが開通する予定。今でさえオシャレなお店が多く、「トンロー」は日本で言う「青山」のようにブランド化した地名になっています。グレーライン開通で、地価の上昇が楽しみな街、トンローをご紹介します。

日本人街の中心・トンローにBTS・グレーラインが完成予定!
トンロー通り・グレーライン計画n

 2014年9月現在のトンロー通り(スクンビット・ソイ55)

BTS・グレーラインは上の写真にあるトンロー通り(スクンビット・ソイ55)を通る予定。工事が始まれば、渋滞が恐ろしいことになりそうですが、非常に楽しみでもあります。

バンコク都市鉄道のマスタープランによると、北はドンムアン空港に近いバンケー付近まで、南はラマ4世通りを抜けチャオプラヤ川まで延伸予定となっています。

バンコク都市鉄道のマスタープラン

スポンサードリンク

トンローの街並みをご紹介!

トンロー・タウン・センター(Thonglor Town Center)

トンロー・タウン・センター(Thonglor Town Center)

上下の写真のように、日本村のような日本食を数多く入居させたモールなども複数あるのがトンローです。日本人学校の通学バスも通ることから、家族連れの駐在さんが好むエリアとなっています。日本人にとって住みやすいというのも、少しは納得いただけるのではないかと思います。

タイの日本人学校、バンコク校・シラチャ校について調べてみたよ!

ソイ13の日本街・外観

ソイ13の日本村・外観

日本街・内部

ソイ13の日本村・内部

駅前の完成物件の場合、平米数によるものの1ベッドルームで800万バーツなど 平米あたり20万バーツ前後が相場になってきました。それでも駐在さんの場合、会社から住宅手当が出るので賃貸需要が高いというわけです。タイの上場ディベロッパーAPが三菱地所と合弁でコンドミニアムを手がけたのも、トンローです。

グレーラインが具体化してくれば、さらなる地価上昇が見込めるこのトンローエリアは要注目ですね。

 

【追記】 グレーラインの最新情報とトンローの街並みを記事にしました。

とうとう日本人街「トンロー」の開発計画が勢ぞろい。新路線グレーラインから新規買い物スポットまでご紹介します!

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイ不動産市場、スクンビット線で成長が期待できるエリアはここ!
バンコク・トンローのコワーキングスペース「The Third Place Club」で、タイのノマドについて考えてみた。
タイで個人所得税を節税するには?積立保険や年金保険が割と人気。


(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。