バンコクに住むならどこがオススメ?僕が「オンヌット」を推す理由。

Pocket

先日タイ不動産のアテンドしたお客様から、「バンコクに住むならオススメのエリアはどこ?」と、ご質問をいただきました。

お客様ニーズはそれぞれ違いますが、「現地の雰囲気を味わいつつ、ある程度の利便性を求める」なら、オンヌットがダントツでオススメです。駅前にスーパーあり、賃料も都心ほど高くない。日系オフィスが集まるアソークまでBTSで10分。物価も手ごろで、タイ人・日本人・欧米人が混在するエリアです。

オンヌット周辺は住民向け商業施設が充実し、利便性抜群。

オンヌット駅前のスーパー、TESCO LOTUS

駅前の大型スーパー、TESCO LOTUS

駅前にTESCO LOTUS(テスコロータス)、ソイ・オンヌット(Sukhumvit77)沿いに BIG C という大型スーパーもあり、利便性抜群のオンヌット。2014年7月にはイオン系列のマックスバリュも開業、「マッサージ通り」と呼ばれる通りまであります。人気だった駅前の屋台街が再開発で消滅しましたが、2016年に入り日本食店も急増中です。

オンヌット駅近くにオープンしたマックスバリュ

2014年7月、オンヌット駅近くにオープンしたマックスバリュ

スーパーやコンビニも多く、生活に便利。駅前にレートの良い両替所もあり、旅行者にもオンヌットは人気です。総括すると、物価も安いし、賃料もそれなり。アソークまでBTS(モノレール)で10分。実に便利なエリアで、ウチのスタッフもほとんどがオンヌット在住です。

前述の通り、かつて少なかった日本食店も2016年に入り急増しています。各店の情報は下記を参照ください。

オンヌットの日本料理店リスト

  • Wafuu (コストパフォーマンス抜群、オンヌット界隈の日本食店・人気No.1?)
  • 威風堂々(久留米ラーメン、日本一を獲得した餃子が人気)
  • 七星 (在留邦人に人気、100バーツ以下の鳥白湯ラーメン)
  • OSAKA RECIPE (居酒屋)
  • どんちゃん (居酒屋)
  • SAKURA (居酒屋)
  • 福いち (野球居酒屋)
  • Torica (から揚げホステル)

オンヌット名物、マッサージ通り

オンヌットのマッサージ通り

オンヌットのマッサージ通り

日本人の多い「アソーク・プロンポン・トンロー」と言ったエリアより、物価も安く、マッサージは1時間150バーツ(約450円)が相場。当然ながら、賃料も前述のバンコク都心部に比べ、3分の2程度です。

 

スポンサードリンク



オンヌットにショッピングモールが2つ新規開業するよ!

People Park の外観イメージ

People Park の外観イメージ

さらに、ソイ・オンヌット(Sukhumvit77)沿いに People Park (2016年中旬完成予定)、スクンビット54には The Phyll Sukhumvit 54 (2015年末完成予定) という2つのショッピングモールが開業する予定です。

追記: タイではよくある話ですが、People Parkは2016年3月時点で着工すらしていません。The Phyllは当初の予定より1年遅れ、2015年末に開業しました。

People parkのmap

上は、新規開業予定のPeople park のMAPですが、オンヌット駅周辺だけで10近くのコンドミニアムが存在します。オンヌットエリアの賃料は平米あたり450バーツ~550バーツ程度。

低層8階建てコンドミニアムの価格帯は10,000バーツ~、プールやフィットネスジムなどファシリティが充実した駅近くの高層コンドミニアム13,000バーツ~という感じです。

参考リンク: 何でも揃うオンヌット駅近!賃貸コンドミニアム特集

The Phyll Sukhumvit 54の外観イメージ

The Phyll Sukhumvit 54の外観イメージ

隣のプラカノン駅には46階建てのスカイバーがあり、ショッピングモールのあるエカマイ駅までもわずか2駅。バンコクへの移住をお考えの方、引っ越しを考えていらっしゃる方にとって、オンヌットは実にオススメです。

タイで働きたい人は海外就職に強い転職サイト「ビズリーチ」に会員登録していると、海外勤務のチャンスが広がるでしょう。移住となると、ナポレオンの故事のように「ルビコン川」を超える勇気も必要ですが、備えあれば憂いなし。就職先も確保しておけば、移住へのハードルは格段に低くなるはずです!

follow us in feedly

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

オンヌットの駅近Wi-Fiカフェまとめ。「KYUSEN COFFEE」がオススメだよ!
タイ・バンコクのマンスリーアパートを見てみよう!家賃とクオリティは?
オンヌットマーケットが閉鎖。バンコク屈指の駅前屋台街が一掃された日。




タイ移住・生活情報まとめページ
(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。