タイランド・イージー・アクセス(Thailand Easy Access)、タイの5年数次ビザまとめ。

Pocket

先日紹介した、5年間のスペシャル・ビザが取れるタイのVIP会員権、「タイランド・エリート」ですが、実は”安価な準会員”の会員権も存在します。今回は、タイランド・イージー・アクセス(Thailand Easy Access)をご紹介します。※タイランドエリート(Thailand Elite)の正会員資格(期限20年)については、以下の記事を参照ください。

タイランド・エリート(Thailand Elite)会員特典まとめ。5年間の数次入国ビザも取れちゃうよ!

タイランド・イージー・アクセス(Thailand Easy Access)、タイ王国特別ビザの準会員資格。

タイランドエリート

  • 価格:50万バーツ(約150万円、諸税含む)
  • 年会費:なし
  • 名義変更:不可
  • 会員期限:5年

なお、上記の金額に150万バーツを追加すれば、後日、正会員資格へアップグレードも可能です。

Thailand Easy Accessの加入要件 (正会員と同様)

  • 20歳以上であること
  • タイの法律等に基づき、タイ国内で生活すること
  • 外国籍のパスポートを持っていること
  • 過去に破産宣告をしていないこと
  • 精神障害などを発症していないこと
  • 無犯罪であること

スポンサードリンク

タイランド・イージー・アクセスの特典リスト!

タイへの入国も特別対応でスムーズ

  • 5年期限のスペシャル数次入国ビザ
  • 空港でのVIP待遇エスコートサービス
  • 免税店や指定ホテル・レストランでの特別割引
  • 会員専用コールセンター(英語:24時間、日本語・中国語・韓国語:(6時~21時、タイ時間)

タイランド・エリート(正会員)とタイランド・イージー・アクセス(準会員)の比較!

タイランド・エリート(正会員)とタイランド・イージー・アクセス(準会員)の最大の違いは、料金と有効期限でしょう。前者は加入に200万バーツ(約600万円)必要で、後者は50万バーツ(約150万円)。有効期限はそれぞれ20年と5年です。

タイランド・エリート・カード(正会員)を選んだ場合、年24回まで指定のスパやゴルフ場が無料で利用でき、年1回バンコク都内の有名私立病院で健康診断も受けられます。以前は、こうしたサービスも無料でしたが、赤字額は国庫負担のため前・インラック政権下から年会費2万バーツ(正会員のみ)の徴収が始まりました。

スワンナプーム空港でのVIP待遇エスコートサービス

空港内の専用カートでVIP用の受付へご案内。宿泊予定のホテルまたは自宅まで無料のリムジンで送迎してもらえます(バンコクおよびバンコク近郊、チェンマイ、プーケット、サムイ島のみ)。ちなみに会員のご友人・ご家族などは、通常の入国ゲートを通る必要があります。

  1. エリートパーソナルアシスタントによる、VIP待遇出迎えおよびエスコート
  2. イミグレーションでのファーストトラックサービス
  3. 宿泊ホテルまたは自宅までリムジンで送迎(バンコクおよびバンコク近郊、チェンマイ、プーケット、サムイ島)

こうやって比較してみると、ゴルフやマッサージを良く利用するなら「正会員」、それぐらいなら自費でいいやと思う人は「準会員」で十分でしょう。もちろん、上記のような空港送迎サービスや、VIPエスコートサービスも利用可能です。

※タイの特別ビザ「タイランドエリート」に関するご質問は お問合せフォーム からお願いします。

記載の内容は2015年8月時点での情報であり、随時サービス内容が変更される恐れがあります。詳しくは、タイランド・エリート公式サイト(英語)でご確認ください。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイランド・エリート(Thailand Elite)会員特典まとめ。5年間の数次入国ビザも取れちゃうよ!
バンコクに住むならどこがオススメ?僕が「オンヌット」を推す理由。
【Airbnb】バンコク在住の僕が、本気で泊まってみたいと思う3部屋をご紹介。25ドル分割引券プレゼント中!

タイ入国ビザの申請方法・更新情報まとめ
(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ5年目。