アジア旅

台北から基隆への行き方。台湾北部の基隆廟口夜市へ行ってきました。

台北北部にある港町、基隆(きーるん)へ行ってきました。出張なのですが、台湾でも日本の不動産セミナーが好評で現地の販売業者から、セミナー参加の招待を受けてはじめて基隆を訪問してきたわけです。

港町なので海鮮料理ぐらいしか期待していませんでしたが、意外と街も発展してますし、基隆の夜市は台北の夜市よりも個人的には気に入りました。今度は1泊程度は泊まってみたいと思える街、基隆。それでは、行ってみましょう。 続きを読む

ミャンマー4年間の変化、穴の開いたタクシーからヤンゴン空港でSIMが買える時代に

ミャンマーが変化を続けています。

僕も2012年からヤンゴンに毎年通い続けて4年、今回はこれまでのミャンマー訪問で感じた変化を写真付きで紹介します。それでは、早速行ってみましょう。

続きを読む

ヤンゴンのコンドミニアムに民泊。ミャンマー不動産のクオリティ高し

ミャンマーの首都ヤンゴンのコンドミニアムにairbnbを使って民泊してきました。僕の本業はタイの不動産販売ですから、国外にプライベートも兼ねていく際は出来るだけ現地のコンドミニアムやアパートなどに泊まって、現地の生活レベルや建物のクオリティを確認するようにしています。

2015年末に発足するASEAN経済共同体(AEC)の中でも、最貧国に挙げられるミャンマーのコンドミニアムですから正直最初は全く期待していませんでした。しかし、その予測は大きく裏切られることになります。それでは、早速いってみましょう。

続きを読む

ジャカルタのコスとアパートメント。インドネシアの日本人住環境ってどう?

インドネシアの首都ジャカルタで住環境の調査をしてきました。現地で日本人が暮らす際の定番、シェアハウス形式の「コス」と、「アパートメント」を見てきました。

ジャカルタのコスやアパートメントは家具・家電が標準装備で、食器などが付いているお部屋も多いため、即日入居も可能です。実際に物件を見ると日本人も住めそうな物件が多い一方、賃料は決して安くありません。早速、ジャカルタの住宅事情を見てみましょう。

続きを読む

アートがコンセプト!プラカノン駅前3分のBEAT HOTEL BANGKOK

バンコク・プラカノン地区に珍しいコンセプトで、「遊び心」のあるホテルを見つけました。

タイ人の若手人気グラフィックデザイナーやイラストレーターにデザインや設計を任せたという、先進的でアーティスティックなホテル。開発会社に内覧のお誘いを受けました。早速、いってみましょう。

続きを読む

タイで「マルチプルエントリービザ」認可報道!入国に欠かせないビザ問題の救世主は導入にまだ時間がかかりそう。

タイに入国する際に欠かせないのが「入国ビザ」。有効期限内は何度でも入国可能な「マルチプルエントリービザ(数次入国ビザ)」が導入されると、タイ国内の英字新聞各紙が報道しました。

実はこのマルチプルビザ、2015年1月にタイの政府広報局が発表していた内容よりも要件がやや厳しくなっています。今日はタイの英字新聞『The Nation』の記事を元に、タイのマルチプル入国ビザに関する報道をご紹介します。

※今回の記事は、マルチプルエントリービザ発行の確定報道ではありません。過去にも同様の報道はされた経緯がありますので、文末にて詳しく紹介します。

タイ、世界中の旅行者が利用できるマルチプル入国ビザを承認

タイで働く外国人パスポート

タイは観光産業や経済を促進する試みとして、マルチプルビザを全ての国の観光客に提供する方向で動きはじめた。観光大臣である Kobkarn Wattanavrangkul氏は昨日、プラユット・チャンオチャ首相がこの提案に認可を出し、閣議決定後60日以内に実施される予定であると述べた。

タイにビザなしで入国することができる国は、現在30から40カ国存在する。その他の国から入国する人々は30日間有効なシングルビザを取得するために、約1,000バーツ支払わなければならない。

Kobkarn氏は「新しいビザにより、ビザを所有する人は1回以上タイに入国することができる。これは多くの他の国ですでに存在する仕組みと類似している。6ヶ月有効なビザに対し、政府は5,000バーツをとる予定だ」と語った。

近年成長を続けている産業は観光産業のみで、他の業界は世界的な経済の低迷の影響を未だに受けているところだ。

タイは今年、海外からの観光客を2,800万人呼び込むことを目指している。国内と来タイ観光客で2.2兆バーツの収入、国民総生産の約10%を見込む。先月は昨年比で、37%増の260万人が来タイし、中国とマレーシアからの訪問が最も多かった。

観光産業の基本開発計画

バンコク・カオサン通り

タイの内閣は火曜、良質な観光客を増加させ持続可能な開発の促進を目標とする、観光省の「観光開発三か年計画」を承認した。これにより、旅行における条件が緩和され、特にタイの隣国諸国との協力関係が促進されることが期待される。

先週、タイとミャンマーは二国間を飛行機で行き来する両国民に、主要空港で入国ビザを免除することで合意済みだ。今後、ビザ無しで14日間までの滞在が可能となる。

(出所: The Nation “Plan to grant multiple-entry visas to tourists from all nations” グロビジ!翻訳・要約 ※文中の写真は筆者挿入)

タイの数次入国ビザ、最新情報まとめ

  • 数次入国ビザは、国籍を問わず全ての国の観光客に提供される
  • 閣議決定後60日以内に実施される予定
  • 6ヶ月有効なビザの料金は5,000バーツとなる予定
  • ビザを所有する人は有効期限内に複数回タイに入国することができる

タイのマルチプルエントリービザ、いつ導入されるのでしょう?

タイ・バンコクの夜景

冒頭でも書きましたが、2015年1月に「早ければ、2月の中華正月より運用を開始」として報道されたこともあります。その際は、政府広報局もウェブ上で情報の提供をしていましたが、本日時点で政府広報局・タイの出入国管理事務所ともに発表はありません。

このことから、「導入には少し時間がかかるのでは?」というのが私の見解です。マルチプルエントリービザを待ち望んでいる方には恐縮ですが、報道にも「閣議決定後60日以内に実施される予定」とあります。プラユット首相の強権で、早期導入なるか行方を見守るしかありません。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイが「マルチプルビザ」発給を検討中!最大1年の期限で、何度もタイを訪問できるようになるかも!?(2015年1月時点での報道記事)
タイで永住権を取るには?取得条件はなかなかハードルが高い。
タイのリタイヤメントビザ事情。50歳以上なら取得ハードルは低いって知ってた?


タイ入国ビザ種別・申請と更新方法まとめ
(グロビジ!)TOPへ

内モンゴル自治区・フフホトでairbnb民泊!

中国の内モンゴル自治区・呼和浩特(フフホト)に行ってきました。完全に休暇目的行ったのですが、内モンゴル自治区が想像以上に発展していて驚きました。 続きを読む

Rocket Miles(ロケットマイルズ)でホテル予約し、マイル獲得!

航空会社のマイルを上手に集めるお得な方法について勉強しています。ニュージーランド視察に行きたいと考えており、今回はマイレージを利用して無料で往復航空券をGETしようと企んでいるからです(笑)

無料航空券を使うにしても、フライトだけでマイルを貯めるのは難しいという方も多いでしょう。今日ご紹介するのは、出張の際にホテルを予約するウェブサイトを変更するだけで、一気に数千マイルを貯める方法。マイル取得を加速するのに便利なホテル予約サイトRocket Miles(ロケットマイルズ)をご紹介します。

ロケットマイルズでマイル獲得。一泊で数千マイル貯まる魅力。

Rocektmiles_ウェブサイト

Rocket Miles(ロケットマイルズ)のウェブサイト TOPページ

Rocket Miles(ロケットマイルズ)は、ホテル予約でUAマイレージプラスや、アジアに強いマイレージプログラムのASIA MILESやなど約20の航空会社のマイルを貯めることができるウェブサイトです。(スマートフォン用のアプリもあります)

世界各国の有名ホテルを網羅していますが、日本国内の出張や旅行でも利用可能です。地方都市はホテル数が極端に少ないのですが、東京や大阪、福岡、名古屋、札幌などの大都市なら、ロケットマイルズを利用してマイルを一気に貯めることが可能です。

airplane

Rocket Milesのデメリットは、格安ホテルは紹介していない事でしょう。3つ星以上のホテルが紹介対象で、100USドル(1.2万円)前後からの料金設定です。後ほど紹介しますが、日系のマイレージプログラムが参加していない点も残念です。

Rocket Milesの対応マイレージプログラム一覧

  • aeroplan
  • MilleMiglia
  • American Airlines AAdvantage
  • ASIA MILES
  • British Airways Exective Club
  • Etihad Guest
  • Flying Blue AIRFRANCE
  • HAWAIIAN Miles
  • QATAR AIRWAYS
  • Mileage Plus UNITED

※上記は、代表的な航空会社・マイレージプログラムを抜粋したもの。計20社ほどが参加中。ANAやJALなど日系のマイレージプログラムが参画していないため、利用が難しいという方もいるかもしれません。

スポンサードリンク



ロケットマイルズでのマイル追加は約10日で完了。初回予約で1,000マイルプレゼント中!

Baiyoke-Tower-2-scyscraper

僕も東京出張時にRocket Milesを利用してみましたが、マイル加算も予約から約10日ほどで完了しました。海外サイトですから、予約後のマイル積算は時間がかかるかと思いきや、スピード対応で安心感があります。ホテルの受付でもスムーズにチェックインできました。

マイルも貯まるホテル予約サイト 「Rocket Miles」(ロケットマイルズ)

上記からアカウントを作成し、予約を完了すれば「初回予約ボーナス(1,000マイル)」が、指定の航空会社のマイルプログラムに追加されます。ロケットマイルズを上手に活用して、航空会社のマイルを貯めてみてください!

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

Airbnb(エアービーアンドビー)とは?使い方やバンコク・深圳での体験談を紹介します。
エアアジアの「ASEANパス」が発売開始!日本価格より2千円安く「アセアン周遊」を楽しむ方法とは?
「じゃらん海外」の割引クーポンが凄い!パタヤの3つ星ホテルが841円(税抜)で予約できました。

▼海外旅行保険付きクレジットカード、年会費永年無料・キャッシュレス診療対応

(グロビジ!)TOPへ

日本人はインドネシアへの入国ビザ免除に!ASEAN最大の人口を抱える成長国。

日本人がインドネシアに渡航する際の入国ビザが免除となりました!30日以内の観光目的滞在に限定したビザ免除ですが、事前のビザ取得や空港到着後に並んで取得するアライバルビザ(到着ビザ)より格段に入国のハードルが下がります。

観光ビザの免除開始 日本含む30カ国対象 一部で混乱も (じゃかるた新聞)

今日は入国査証免除要件(記事末に記載)を含め、インドネシアビザ免除の話題についてご紹介します。 続きを読む

Airbnb(エアービーアンドビー)とは?使い方と体験談を紹介します

Airbnb」(エアービーアンドビー)という宿泊先マッチングサービスを知っていますか?世界190ヶ国以上で現地の人から居住空間を借りられるウェブサイトで、世界中で利用者は2,500万人を超えるほどの人気ぶり。分かりやすく言えば、「民泊希望者と住宅の提供者」をつなげるサービス。 続きを読む