アジア旅

Skyscanner(スカイスキャナー)で格安航空券を比較検索!利用時のメリットとデメリットを書いてみた。

2014年の年末年始はバングラデシュのダッカで過ごすことにしました!知人が住んでいたり、僕のお師匠もバングラデシュで会社を興す予定なので、実際に自分の目で見てくることにします。年末年始の飛行機は高いですから、昔から愛用しているスカイスキャナーを使って、チケットを探しました。

今日は格安航空券を比較検索できるサイト、「Skyscanner(スカイスキャナー)」 のメリットと是非とも注意すべきデメリットをご紹介します。 続きを読む

カンボジア・ビザ値上げ!観光・ビジネスとも2014年10月から。

2014年10月より、カンボジアの観光・ビジネスなど、各種ビザが値上げされることになりました。カンボジア国内の英字新聞、『ザ・プノンペン・ポスト』の記事からご紹介します。

カンボジアの入国ビザ、10月1日から10ドル値上げ

カンボジアの国境ポイペト

タイ国境、ポイペトの入国ゲート

外国人向けのカンボジア入国ビザが、今年10月1日より10ドル値上げになると、カンボジア外務省が発表しました。よって、10月以降は観光ビザが30ドル、ビジネスビザが35ドルとなります。

観光省によると、カンボジアの入国ビザは1997年から値上げされておらず、既に外務省も承認済み。周辺諸国ではビザ代の値上げは続いており、それに歩調を合わせた形となります。観光省は「今回の値上げは観光客数の数には影響しない」と見ています。

カンボジア政府は今回の値上げに並行して、「カンボジアへビザなしで入国できる国を増やす」ことを検討しています。

<出所: The Phnom Phen Post 『Kingdom’s visa fees set to increase』 筆者翻訳・要約>

スポンサードリンク

首都プノンペンでは、1年のアライバルビザ(到着ビザ)取得可能。

カンボジア人労働者

今年春から、首都プノンペンの国際空港では1年のカンボジア・アライバルビザ(到着ビザ)が取得可能になっています。ビジネスなどで複数回行く方は、取得を勧めします。空港のアライバルビザ発行所で、「ワンイヤー、ビジネスorツーリストビザ」と依頼すれば、10分かからずに発行してくれます。

  • 観光ビザ 30日:20ドル 1年:40ドル
  • ビジネスビザ 30日:25ドル 1年:50ドル   (※2014年10月以降は左記に10ドル加算)

到着ビザの取得に必要なのは①上記米ドル建ての現金と②証明写真(3×2cm ※サイズはさほど厳格でない)です。ビジネスビザの取得に必要な書類は一切なく、実に簡単にビザ取得可能。こんな国なかなかありません(笑) ただし、②の写真を忘れた場合はワイロ5ドルを取られますので、ご注意を。

カンボジア滞在したり投資するなら、ビジネスビザ1年がオススメ!

カナディア銀行の預金通帳(米ドル建て・カンボジアリエル建て)

カナディア銀行の預金通帳(米ドル建て・カンボジアリエル建て)

なお、カンボジアで銀行口座を作られる予定のある方は、1年以上のビジネスビザがオススメ。1年以上のビジネスビザをお持ちの場合は、カンボジア国内での居住者とみなされ、利子課税が6%になります。(非居住者は14%)

日本でビザ申請すれば、3年ビザも取得可能!

カンボジア3年ビザ

駐日カンボジア大使館にて、ビザの申請をすれば観光ビザ・ビジネスビザともに3年間の数次ビザを取得することも可能です。実際、知人の方も取得されていました。詳しくは以下でご確認ください!

参考リンク:ビザ申請 VISA 在日本カンボジア王国大使館

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

ASEAN経済共同体(AEC)が2015年末に発足。発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(1)
タイの「少子高齢化」問題を考える。タイ経済は今後どうなるのか?
日本の格付けがボツワナと同じレベルに!資産分散を今こそ考えてみませんか?




タイ入国ビザの申請方法・更新情報まとめ
(グロビジ!)TOPへ

【Airbnb】バンコク在住の僕が、本気で泊まってみたいと思う3部屋をご紹介。25ドル分割引券プレゼント中!

世界中で泊まれる「Airbnb」、25ドル分割引券プレゼント中!

続きを読む

カンボジア、シソポン。AECで発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(3)

ASEAN南部経済回廊の旅、第3弾。カンボジア西部・シソポン編です。過去2回は以下となります。 続きを読む

カンボジア・ポイペト。AECで発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(2)

前回の記事、「ASEAN経済共同体(AEC)が2015年末に発足。発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(1)の続編です。バンコクからタイ国境への街、アランヤプラテートまでは上のリンクを参照ください。 続きを読む

ASEAN経済共同体(AEC)が2015年末に発足。発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(1)

2015年末、ASEAN経済共同体(AEC)が発足し、経済の流れも大きく変わるとされています。将来的にはヒト・モノ・カネの動きを自由化させる予定ですが、当初はアセアン域内の関税を自由化する予定。当然、物流も増加するでしょう。今回はASEAN域内で最重要道路と呼ばれる「南部経済回廊」のレポートです。

バンナーからカジノバスで、タイ国境のアランヤプラテートへ。

セントラルバンナー脇から出発する、カジノバスセントラルバンナー脇から出発する、カジノバス

バンコク東部にあるセントラルバンナーから、「カジノバス」でタイ国境の街アランヤプラテートへ。過去数度カジノバスを使ってますが、200バーツで軽食とお水付き。同じバスで夕方バンコクに戻る場合は、帰りの運賃も無料です。

ただし、帰りは同じバスの乗り場も分かりづらく、乗り損ねるケースも多いので注意してください。乗り損ねた場合は別のバスでも200バーツほど払えば、バンコクへ戻ることができます。

今回のカンボジア視察ルート

ちなみに上が今回のルートです。目指すのはカンボジア西部の町、シソポン。地図でご覧いただくと分かるように、バンコクとカンボジアを結ぶ位置にある上、プノンペンとシェムリアップを結ぶ交通の要衝でもあります。バスだとシソポンまで約5時間ですが、車を手配すれば、3時間半程度で着きます。

チャチュンサオ県の幹線道路チャチュンサオ県の幹線道路 地図ポイント①

サムットプラカーン県を抜け、チャチュンサオ県に入ったところです。写真だと舗装されているように見えますが、右の黒い部分は黒っぽい土。中央2車線の舗装工事を進めるところです。

タイ国境のアランヤプラテート周辺

タイ国境のアランヤプラテート周辺 地図ポイント②

タイ国境、アランヤプラテートの手前。ここまでくれば4車線舗装ですが、国境へ向かう車の検問をしています。

アランヤプラテートからカンボジアへ伸びる線路

タイ国境、アランヤプラテートにて

タイ国境側のアランヤプラテートで線路の補修工事をしていました。カンボジア国内にも貨物列車は通っているので、将来タイと連結されるかもしれません。これは楽しみですね。

スポンサードリンク

アランヤプラテートを抜け、カンボジア側のポイペトへ入境。

カンボジア国境ポイペトのゲート

アランヤプラテートの国境とイミグレーションを抜け、カンボジア側国境のポイペトに入ったところ。カンボジアはアライバルビザも取得可能です。僕はプノンペンでカンボジアの1年ビザを取得してますが、ポイペトでも取得することができます。

※カンボジアの入出国担当官や政治情勢によって、予告なく変更される場合があります。ご注意ください。

ポイペト市内の道路

ポイペト市内にあるカナディア銀行前。道路が茶色く見えますが、舗装されている上に砂がかぶさっています。そのため、晴れて乾燥している時は砂埃が舞う。カンボジアに入ると、道もこのように変わりました。ここからシソポンへカンボジア人の友人ワリーと向かうことになります。

【補足:記事追加しました】
カンボジア・ポイペト。AECで発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(2)
カンボジア、シソポン。AECで発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(3)

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

カンボジアのポイペト経由のタイ再入国(ビザラン)が禁止へ。ビザ無し在タイ邦人は要注意!
カンボジア・ビザ値上げ!観光・ビジネスとも2014年10月から。
タイの入国管理局が取り締まり強化。不法滞在外国人はブラックリスト入りへ

(グロビジ!)TOPへ

オンヌットからシーナカリン通りまで、ソンテウで旅する。【8バーツの旅】

オンヌットからソンテウと呼ばれる乗り合いタクシーでシーナカリン通り沿いにあるショッピングモール「シーコンスクエア」へ行ってきました。

シーナカリン通りはバンコク東部でスクンビット通りとほぼ並行に走る幹線道路。日本人にはそれほど馴染みはありませんが、ラマ4世通りやペップリー通りと並ぶ主要幹線道路の一つです。
続きを読む

タイのビザラン、8月12日から取り締まり厳格化。空路も禁止に。

続きを読む

タイ最大の中華街、ヤワラート。仕入れの定番、卸問屋街を訪ねる。

ヤワラート(Yaowarat)は、タイ最大の中華街かつ卸問屋街です。200年以上の歴史を持ち、世界でも最も古い中華街の一つ。ヤワラート通りを中心に買い付けをする人たちや、観光客で溢れています。来るのはタイ人だけではなく、欧米人や中華系、最近はアフリカ系の人々も増えてきました。

 中華街・ヤワラートにあるバンコク銀行の支店

 中華街・ヤワラートにあるバンコク銀行の支店 続きを読む