タイに移住

バンコク銀行でのクレジットカードの作り方。


バンコクやバンコク東部のチョンブリ県へ移住する日本人が増えています。駐在の方や、現地採用、留学の方など目的はさまざまです。しかし、タイでの生活が長くなるのであれば、現地通貨で現金以外の決済方法を確保する方法は必須でしょう。

クレジットカードを作ると言っても、タイでも銀行ごとに対応が異なります。今日は、基本的にタイ在住者向けの内容となりますが、バンコク銀行でクレジットカードを作る方法をご紹介します。

タイでクレジットカードを作るには、労働許可証が必須!

バンコク銀行のクレジットカード

バンコク銀行のクレジットカード

タイ国内でクレジットカードを作成する場合、基本的には「タイ国内に在住している方」というのが前提条件です。具体的に言うと、労働許可証(ワークパーミット)は持っておきたいところ。私が確認している限りでは、リタイヤメントビザ・学生ビザなどの長期滞在ビザでもクレジットカードの発行は難しいようです。

とは言え、労働許可証を取得できればクレジットカードがすぐ作成できるかというと、そうではありません。銀行ごとにポリシーが違うため、例えばカシコン銀行などであれば、ワークパーミット取得後すぐのクレジットカード作成は難しいようです。(担当者によって多少対応は異なります)

バンコク銀行でクレジットカードを作るには、担保が必要。

スクンビットにあるバンコク銀行

スクンビットにあるバンコク銀行の支店

タイの大手銀行で、ワークパーミット取得後に最も早くクレジットカードを作れるのは、バンコク銀行でしょう。これには理由があります。前述のカシコン銀行の場合、給与の振込証明として「数か月分の給与支払いが確認できる通帳コピー」の提出が必要です。これでは、ワーパミ取得後すぐというワケには行きません。

一方、バンコク銀行では給与証明の代わりに「担保」が必要。具体的に言うと、定期預金口座を作って担保を差し入れます。例えば、10万バーツを担保として定期預金に入れるなら、その10万が使用限度額に。一定額をクレジットカード発行前に預金するため、ワーパミ取得後すぐ作成が可能となっているのです。

なお、担保として入金した額は、当然引き出しが不可能(定期預金としての利息は付きます)。2014年11月現在、タイ国内の定期預金金利は1年物で1.75%。みずほ銀行のスーパー定期(1年物)の金利が0.025%ですから雲泥の差と言えるでしょう。

バンコク銀行のクレジットカード
カシコン銀行のクレジットカード

タイでのクレジットカードの作り方まとめ。

バンコク銀行の窓口

  • タイ国内でのクレジットカード作成は、労働許可証が必須。
  • カシコン銀行は「数か月分の給与振込が確認できる通帳」、バンコク銀行は「担保」が必要。
  • 担保として預けた額は引き出し不可。但し、定期金利利息が付く。

実際に私も今年の春に、バンコク銀行でクレジットカードを作成しました。残高がバンコク銀行のアプリで確認できますし、特に不自由を感じていません。やはり、使い慣れた銀行が便利とは思いますが、早目にクレジットカードを作りたい場合はバンコク銀行がオススメです。

無職でもタイのクレジットカードは作れます

※タイ国内では担当官の裁量による対応が多く、支店や窓口もしくは担当者によって対応が異なることが良くあります。(上のリンクの例など) クレジットカード作成の際は、必要書類等を予めお近くの銀行窓口でご確認ください。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイ国内の銀行、労働許可証なしの口座開設を実質禁止化へ。
タイで永住権を取るには?取得条件はなかなかハードルが高い。
タイ・バンコクでコンドミニアムを賃貸する場合の最安値は?日本人の賃料も2極化が進んでいる!

(グロビジ!)TOPへ

タイの労働許可証用の健康診断はこんな感じ!サミティベート病院で受診してきた。

タイで労働許可証(ワークパーミット)を取得もしくは更新する場合、健康診断が必須です。タイ国内で勤務するにあたって、健康状態は問題ないか、メンタル面の不安はないかをチェックするよう、労働省が義務付けているのです。

私も労働許可証更新のため、バンコクの3大病院のひとつを訪れました。今日は、サミティベート病院での労働許可証取得用の健康診断についてご紹介します。

バンコクのサミティベート病院、日本語窓口で日本語対応可能。

サミティベート病院の日本語対応窓口

サミティベート病院・バンコクの日本人相談窓口

タイの3大病院では日本人相談窓口が設けられており、日本語での受付や受診(一部)が可能です。日本にお住いの方には、なかなか想像しにくいかもしれませんが、バンコクに住んでいる人なら誰もが知っている事実。タイの首都バンコクには10万人近い日本人が住んでいるとされ、十分なマーケットが存在します。

サミティベート病院 健康診断のご案内

上のサミティベート病院のURLを見ていただくと分かりますが、3大病院のバムルンラード病院バンコク病院ともに日本語のウェブサイトを設置しています。こういった施設が整うバンコクは、日系企業にとっても進出しやすい地域であるとも言えるでしょう。当然ながら海外旅行保険なども利用可能で、しかも日本語対応までしてくれるのです。

ワーパミ取得の健康診断はシンプル!所要時間はわずか30分。

サミティベート病院・バンコクの待合室

ワークパーミット取得のための健康診断はいたってシンプル。血液検査にはじまり、脈拍、身長、体重、体温測定の後、医師による簡単な問診があり終了です。持病があるか、ドラッグやアルコール中毒になった経験はあるかなど、紋切り型の質問に終始します。今年6月にサミティベート病院で受けた人間ドックとは、えらい違いです(笑)

果たしてこれが、健康診断と呼べるか不明ですが、混んでいない時間帯なら30分で十分終了します。価格は1,000バーツ。もちろん、小さい病院で労働許可証取得用の健康診断を受けることもできます。その場合は、300バーツ程度なので、有名病院の医療費はやはり高いですね。

タイの有名病院は院内施設が充実。健診後に大戸屋で日本食も食べられる?

サミティベート病院・バンコクの本屋、スターバックス

僕は今回、血液検査の待ち時間に、病院内のスターバックスで仕事をしていたため、結局2時間近く病院内にいました。タイの医療施設は、院内がデパートに近いほど充実している病院もあったりします。

今回はサミティベート病院でしたが、前述のバンコク病院やバムルンラード病院ともに飲食を中心に、施設が充実しています。スターバックスだけでなく、健診後は大戸屋で日本料理を堪能したり、フードコートまで完備。入院患者の方用に本屋や美容室などもあり、お見舞いを買うためのギフトショップまで完備されています。

サミティベート病院・ピアノ生演奏

驚いたのは、ピアノの生演奏をしていたこと。過去に受診した人間ドックの際は無かったような。松任谷由実が流れていたり、日本人顧客を意識した選曲でした(笑)

先日も少しご紹介しましたが、タイは先進医療を備えるだけでなく、日本人が多いことから日本語対応も充実しています。観光やお仕事、長期移住など、さまざまな理由でタイに来られる方は今後も増えるでしょう。少しでも事前に安心して、タイに移住される日本人が増えるよう、今後も(グロビジ!)では、有益な情報を提供したいと思います!

サミティベート病院へのアクセス・地図・電話番号!

Samitivej Hospital (サミティヴェート病院)
住所: 133 Sukhumvit 49, Klongtan Nua, Vadhana, Bangkok 10110
定休日: なし
診療時間: 24時間
電話: 02-711-8000 (日本人窓口 02-711-8122 7時~20時)
公式サイト: http://www.samitivejhospitals-jp.com/

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイの先進医療事情。メディカルツーリズムは東南アジア1位って知ってた?
【体験記】続・バンコクの歯医者さんへ行ってきたよ!気になるお値段は…
タイのリタイヤメントビザ事情。50歳以上なら取得ハードルは低いって知ってた?

(グロビジ!)TOPへ

タイの先進医療事情。メディカルツーリズムは東南アジア1位って知ってた?

先日、日本からタイ不動産購入のためバンコクへ来られたお客様より、「タイの医療は大丈夫なのか?」というご質問をいただきました。

日本在住の方はご存知ないかもしれませんが、タイは先進医療を備えた国で、中東やヨーロッパからもメディカル・ツーリズム目的で来られる方がいるほどです。 今日は、「JCI認証」という評価基準を元に、タイの医療が世界的にどのレベルにあるかをご紹介します。

「JCI認証」って何?病院の評価をする国際的認証基準。

JCI認証とは?JCI認証」とは、病院認定専門の非営利機関による、医療品質や衛生管理に関する基準。国際的医療評価機関であり、本部は米国のシカゴにあります。世界的にも知名度の高い評価基準です。

JCIとは何か:1998 年に設立された国際非営利団体 Joint Commission Internationalの略称 JCIである。本部はシカゴにあり、ミラノ、ドバイ、シンガポールに支部がある。世界中どこでも通用する基準や指標をもとにした,「患者安全」「感染管理」「医療の質」などに対する審査の妥当性や有効性が高く評価され,これまでに世界 50カ国 450の医療施設がJCIの認証を取得している。 (出所: 埼玉医科大学雑誌 第 39 巻 第 2 号)

JCI認証・国別病院数ランキング!タイの病院は東南アジア最多。

ヤワラート(中華街)にあるバンコク病院

ヤワラート(中華街)にあるバンコク病院

タイ国内では37病院、後述しますが、これはJCI認証済みの病院数としては東南アジアでも最多です。日本国内はわずか10医院。タイと同様、メディカルツーリズムを掲げるシンガポールでは21病院(国土面積を考えると大変充実しています)、ロングステイに最適と言われるマレーシアは、わずか13病院となっています。

①タイ:37病院  ※JCI認証済みのタイ国内病院・全リスト(JCI公式ページ、英語)
②中国:33病院
③韓国:30病院
④シンガポール:21病院
⑤インドネシア:18病院
⑥マレーシア:13病院
⑦日本:10病院  ※日本国内でJCI認証を受けている10病院リスト
⑧フィリピン:6病院
⑨ベトナム:1病院 (データ出所: JCI公式ページ 2014年10月の数字)

タイのメディカルツーリズム受入数も東南アジア最多!

JCI認証から考察する東南アジアのメディカルツーリズム 先ほどのJCI認定病院数や上のデータから見ても、タイの先進医療が進んでいることが分かるかと思います。特に「911」の米国同時多発テロ以降は中東系人種が米国内でメディカルツーリズム受けることが難しくなっているようで、そうした方たちが東南アジアで先進医療を受けているという話もあります。

実際にバムルンラード病院やサミティベート病院といったタイ国内の大病院では、中東系の富裕層を多数見かけることができます。上の2病院などは日本語対応しており、私もサミティベート病院で、今年6月に”あえて日本語のみしか使わず”人間ドックを受診しました。英語すら不要なほど、言語対応もしっかりしています。

サミティベート病院で人間ドックを受けてきた。タイの医療レベルが凄い!【体験談】

これから移住してくるのであれば、海外疾病治療保険金までカバーされている以下のようなクレジットカードを日本国内で作ってくると間違いありません。(タイ国内の医療保険では歯科治療がカバーされていません) いずれにせよ、医療面に関しては、首都バンコクやパタヤ、チェンマイのような大都市なら比較的安心です!

<スポンサードリンク>

※保険のカバー範囲は、加入前に上記カード会社のHPにてご確認ください。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

【インタビュー】タイの医療保険について、保険のプロに聞いてみたよ!
【体験記】続・バンコクの歯医者さんへ行ってきたよ!気になるお値段は
バンコクに住むならどこがオススメ?僕が「オンヌット」を推す理由。

(グロビジ!)TOPへ



オンヌットからシーナカリン通りまで、ソンテウで旅する。【8バーツの旅】

オンヌットからソンテウと呼ばれる乗り合いタクシーでシーナカリン通り沿いにあるショッピングモール「シーコンスクエア」へ行ってきました。

シーナカリン通りはバンコク東部でスクンビット通りとほぼ並行に走る幹線道路。日本人にはそれほど馴染みはありませんが、ラマ4世通りやペップリー通りと並ぶ主要幹線道路の一つです。
続きを読む

タイのビザラン、8月12日から取り締まり厳格化。空路も禁止に。

続きを読む

【日タイ比較】預金金利で年1000円もらうために必要な預金額!

その差25倍!日本とタイの預金金利の差

タイのバンコク銀行で普通預金

現在、私も利用しているみずほ銀行や楽天銀行の普通預金金利は0.02%。しかも、2013年1月1日以降に受け取る利息は復興特別所得税が課され、20.315%が税金として徴収されます。 続きを読む