タイの交通インフラ計画

バンコク電車交通網ピンクライン・イエローラインの最新状況

タイの首都バンコクでは、首都交通網の整備が急ピッチで進んでいます。しかし、バンコクの都市交通は駅数や走行距離でまだ台湾・香港・深圳などに負けていますが、開発計画は既に存在し、詳細を詰めて着工するフェーズに入っています。

バンコクの新都市交通路線のうち、ピンクライン・イエローラインの最新状況について、バンコクポストの記事から、ご紹介します。
続きを読む

バンコク初の交通系共通ICカードシステム、Mangmoon導入は大幅延期

バンコク初の交通系共通ICカードシステム、Mangmoon(メンムム)の導入が2017年に迫っています。

現状、バンコクの高架鉄道BTSや地下鉄MRTは、昔のSuicaやIkokaと同様で各社路線のみ利用可。その分、タイ初となる共通カード「Mangmoon(メンムム)」は待望されていますが、当初の1月導入延期に関するニュースを紹介します。 続きを読む

トンローの新路線グレーラインとショッピングモールまとめ!

交通インフラの拡張が進むバンコクでは、地下鉄ブルーラインの他に、パープルラインイエローライン、オレンジラインなど様々な路線が、この5年~10年で完成予定。沿線は地価も上昇するでしょう。

中でも日本人街の中心トンローを走るグレーラインは、日本人が最も注目すべき主要路線の一つ。トンローの紹介と、高架鉄道BTS社が運用予定のグレーライン建設計画を紹介します。 続きを読む

バンコクの新路線モノレール・ゴールドライン、政府閣議で承認

バンコクで都市鉄道の新路線ゴールドラインが、2016年9月にタイ政府の承認を受けました。

バンコクでは珍しいモノレール方式で、早ければ2018年に開業予定と報道されました。『バンコクポスト』の記事より、バンコク都トンブリー地区を走るゴールドラインの概要を紹介します。 続きを読む

バンコクの新路線MRTパープルライン、乗り方・路線図徹底ガイド

バンコクで2016年8月6日に開業したMRTパープルライン。東芝、丸紅が出資する共同事業体で鉄道システム一式を受注したタイ初となる日本製の都市鉄道路線に乗ってきました。 続きを読む

タイ・バンコクの都市交通計画2016年最新版!(BTS・MRT・エアポートリンク)

タイの首都バンコクを走るBTS(高架鉄道)、MRT(地下鉄)、ARL(エアポートリンク)の2016年度版最新路線図を紹介します。

タイの首都バンコクでは、日本製電車車両が走るパープルラインが2016年に開通し、イエローラインやオレンジラインなど続々と計画が承認され鉄道交通網が進化しています。早速、地下鉄MRTや高架鉄道BTSの路線図の詳細を見ていきましょう。 続きを読む

サムローン駅、BTSスクンビット線延伸部の魅力はこの4つ!

タイ・バンコク都内を走るBTS(高架鉄道)、スクンビット線東部の延伸地域の中で、最も注目されている「サムローン」地区をご紹介します。都心部からの位置関係は下の地図の通りです。 続きを読む

バンコク新路線パープルラインが一般客を乗せ無料試験運行を開始

2016年6月13日、バンコクと北郊のノンタブリー県を結ぶ新路線パープルラインが、一般向けの無料試験運行(7月22日まで)を開始しました。

同年8月6日の正式運行開始を目前に控え注目が高まるパープルラインですが、インフラ整備の遅れで重大な課題も残っています。『バンコクポスト』の記事を交えて、紹介します。 続きを読む

3分で分かる、バンコクの高架鉄道BTS「ラビットカード」機能まとめ

バンコク都内を走る高架鉄道BTS。ご存知の方も多いでしょう、バンコク都民の足として欠かせない交通インフラです。通常切符の他にスマートパスと呼ばれる回数券が存在しますが、在住者には利便性が高く、過去何度も値上げされています。

バンコクでの生活には欠かせない「ラビットカード」の機能とともに、タイの高架鉄道を運営するBTS社が発表した、BTS Smartpass(スマートパス)回数券値上げに関するニュースをご紹介します。 続きを読む

パープルラインが2016年8月6日開業、バンコクとノンタブリ県を結ぶ

パープルラインの開業が2016年8月に開業しました。バンコク都からその北部に位置するノンタブリ県を結ぶパープルラインは、タイ国内初の日本製車両導入で高架鉄道として運行されます。

続きを読む