タイの交通インフラ計画

バンコク新路線パープルラインが一般客を乗せ無料試験運行を開始

2016年6月13日、バンコクと北郊のノンタブリー県を結ぶ新路線パープルラインが、一般向けの無料試験運行(7月22日まで)を開始しました。

同年8月6日の正式運行開始を目前に控え注目が高まるパープルラインですが、インフラ整備の遅れで重大な課題も残っています。『バンコクポスト』の記事を交えて、紹介します。 続きを読む

3分で分かる、バンコクの高架鉄道BTS「ラビットカード」機能まとめ

バンコク都内を走る高架鉄道BTS。ご存知の方も多いでしょう、バンコク都民の足として欠かせない交通インフラです。通常切符の他にスマートパスと呼ばれる回数券が存在しますが、在住者には利便性が高く、過去何度も値上げされています。

バンコクでの生活に欠かせない「ラビットカード」の機能とともに、タイの高架鉄道を運営するBTS社が発表した、BTS Smartpass(スマートパス)回数券値上げに関するニュースをご紹介します。 続きを読む

パープルラインが2016年8月6日開業、バンコクとノンタブリ県を結ぶ

パープルラインの開業が2016年8月に開業しました。バンコク都からその北部に位置するノンタブリ県を結ぶパープルラインは、タイ国内初の日本製車両導入で高架鉄道として運行されます。

続きを読む

バンコク・ラマ4世通りの再開発計画が進展、今後5年で約3,000億円を投資

世界的に不動産サービス提供するCB Richard Ellisのタイ法人は、ラマ4世通りが今後、バンコクにおける商業・住居の重要拠点になると予測しています。再開発の状況は既にWikipediaにも記載されています。 続きを読む

交通の要衝として期待されるバンスーやコーンケーンへの投資を考える

ASEAN諸国で交通インフラの開発が続いています。私が実際に目にしただけでもインドネシアの地下鉄工事や、クアラルンプールの延伸、聞いた話ですがプノンペンのエアポートリンクなど、この手のネタには事欠きません。ベトナムやフィリピンでも開発されていますね。 続きを読む

タイの高速鉄道・線路複線化など国内交通インフラ計画・最新版(2016年2月)

今日は、タイ政府が発表した高速鉄道および鉄道複線化など交通インフラ整備計画の最新版を紹介します。 続きを読む

スワンナプーム空港とバンコク東部のバンナーがライトレール(LRT)で結ばれる

タイ・スワンナプーム空港からバンコク都内を結ぶ、新しい電車路線の計画が具体化しています。 続きを読む

BTSスクンビット線、南部の延伸部分は2017年から順次開業予定

バンコクの高架鉄道BTS。タイには6.5万人を超える日本人が暮らし、最も利用されているのはBTSスクンビット線です。日本人エリアであるアソーク~トンロー・エカマイ地区をカバーし、タイ最大の商業地サイアムを結ぶ路線。

そのBTSスクンビット線が2017年初めには、隣県のサムットプラカーン県に向けて延伸予定。残り1年で一部開通とも言われる、ベーリン~サムットプラカーン間の工事状況や街並みを紹介します。 続きを読む

ドンムアン空港を出て、わずか5分でタクシーに乗る方法。

バンコクのドンムアン空港。「世界で最もLCC利用者の多い空港」として、24時間多くの旅行客が行きかう場所です。

一度利用した方はご存知でしょう。タクシー乗り場はいつも長蛇の列で、空港を出るのに30分以上かかるのは当たり前。今日はバンコク在住の僕が良く使う、「ドンムアン空港から5分でタクシー移動をする方法」をご紹介します! 続きを読む

タイの高架鉄道「BTS社」は日本の東急グループ?交通・広告・不動産を手掛ける大企業に迫る

「BTS」はバンコク都内を走る高架鉄道。バンコクで、実際に乗ったことがある方も多いはず。バンコク都市高速鉄道はこのBTSとMRT(地下鉄)が代表的。タイの所得レベルを考えると少し高いものの、年々着実に欠かせない交通機関となりつつあります。東京の山手線と言っても過言ではないでしょう。

今日はタイのバンコクを走る高架鉄道、BTS社の見通しをご紹介します。 続きを読む