タイの保険・医療・節税

タイの保険事情 -積立保険編- 税金の還付を受ける準備は12月末まで!

タイの保険を利用して昨年同様に確定申告で支払い済みの税金を取り戻すべく、節税対策の準備を進めています。

今日は、12月末までなら間に合う「節税対策」の方法の一つとして、タイの積立保険をご紹介します。

生命保険加入で、タイも「税金還付」受けられる。締切は12月末!

タイ保険で節税

タイ国内で節税する方法としては、「保険商品の利用」が一般的です。タイで長く働かれている方はご存知かもしれません。日系の大企業の場合、社員の節税のことまで考え、保険商品を紹介している会社も少しずつ増えてきました。

もちろん、中小企業や現地採用の場合など、節税に対するレクチャーをしてくれない会社も当然あります。自分の資産は自分で考えて守りなさいということでしょうか。タイでもうまく節税をすれば、年間数万バーツ以上の税金還付が受けられますから、節税の方法を考えることは非常に重要です。

保険商品で節税するというやり方は日本と同様です。日本も生命保険料控除があり、所定の生命保険などに加入することで、税金の還付が受けられることをご存知の方も多いでしょう。タイでは積立保険や年金保険などが節税対策となります。(医療保険は税還付の対象外です)

タイで節税をする方法 -積立生命保険-

タイの節税コンサル

積立保険の積立期間は5年・10年です。積立額は年間5万バーツから。基本的に一括払い(年)が原則で、現金もしくはクレジットカード払い(10年のみ)が可能。死亡保障金もついた、生命保険であるという側面も併せ持っています。

例えば、「10年払い15年保障(保険料の支払いが10年間、死亡保障が15年間)」のプランで、年10万バーツを積み立てる場合、2年に一度1万バーツの配当がもらえます。15年目には約30万バーツの満期配当に加え、支払い保証の約95万バーツが支払われます。

満期配当に関しては、変動することもありますが、毎年もらえる1万バーツ(13回)の配当や95万バーツは支払が保証されているため、実質的に元本(100万バーツ)+αが保証されています。

本来の目的であるタイの個人所得税控除も見逃せません。加入者の収入にもよりますが、年間10万バーツの加入で最大2万5千バーツの税還付が受けられます。保険料は実質元本保証の上、2万バーツを超える還付が受けられるのは大きなメリットでしょう。

タイの積立生命保険まとめ!

タイの保険で節税するには

  • 保険加入には、労働許可証(ワークパーミット)が必要
  • 積立生命保険は5万バーツから加入可能
  • 5万バーツ加入で最大12,500バーツ、10万バーツで最大25,000バーツの節税が可能(収入による)

冒頭でも触れましたが、タイで節税するには年内の保険加入が必須。このブログ経由でも、10名近いお客様からお問合せをいただいており、積立保険などの資料をご紹介したり、直接お会いしてお話をさせていただいています。節税タイの保険に関するご質問は、お手数ですが記事末の お問合せフォーム からお願いします。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイで個人所得税を節税するには?積立保険や年金保険が人気だよ!
タイの積立保険・年金保険を使った「節税コンサル」をさせていただきました。
タイの先進医療事情。メディカルツーリズムは東南アジア1位って知ってた?

(グロビジ!)TOPへ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ保険種別
積立生命保険年金保険医療保険

生年月日

備考・その他メッセージ

タイの労働許可証用の健康診断はこんな感じ!サミティベート病院で受診してきた。

タイで労働許可証(ワークパーミット)を取得もしくは更新する場合、健康診断が必須です。タイ国内で勤務するにあたって、健康状態は問題ないか、メンタル面の不安はないかをチェックするよう、労働省が義務付けているのです。

私も労働許可証更新のため、バンコクの3大病院のひとつを訪れました。今日は、サミティベート病院での労働許可証取得用の健康診断についてご紹介します。

バンコクのサミティベート病院、日本語窓口で日本語対応可能。

サミティベート病院の日本語対応窓口

サミティベート病院・バンコクの日本人相談窓口

タイの3大病院では日本人相談窓口が設けられており、日本語での受付や受診(一部)が可能です。日本にお住いの方には、なかなか想像しにくいかもしれませんが、バンコクに住んでいる人なら誰もが知っている事実。タイの首都バンコクには10万人近い日本人が住んでいるとされ、十分なマーケットが存在します。

サミティベート病院 健康診断のご案内

上のサミティベート病院のURLを見ていただくと分かりますが、3大病院のバムルンラード病院バンコク病院ともに日本語のウェブサイトを設置しています。こういった施設が整うバンコクは、日系企業にとっても進出しやすい地域であるとも言えるでしょう。当然ながら海外旅行保険なども利用可能で、しかも日本語対応までしてくれるのです。

ワーパミ取得の健康診断はシンプル!所要時間はわずか30分。

サミティベート病院・バンコクの待合室

ワークパーミット取得のための健康診断はいたってシンプル。血液検査にはじまり、脈拍、身長、体重、体温測定の後、医師による簡単な問診があり終了です。持病があるか、ドラッグやアルコール中毒になった経験はあるかなど、紋切り型の質問に終始します。今年6月にサミティベート病院で受けた人間ドックとは、えらい違いです(笑)

果たしてこれが、健康診断と呼べるか不明ですが、混んでいない時間帯なら30分で十分終了します。価格は1,000バーツ。もちろん、小さい病院で労働許可証取得用の健康診断を受けることもできます。その場合は、300バーツ程度なので、有名病院の医療費はやはり高いですね。

タイの有名病院は院内施設が充実。健診後に大戸屋で日本食も食べられる?

サミティベート病院・バンコクの本屋、スターバックス

僕は今回、血液検査の待ち時間に、病院内のスターバックスで仕事をしていたため、結局2時間近く病院内にいました。タイの医療施設は、院内がデパートに近いほど充実している病院もあったりします。

今回はサミティベート病院でしたが、前述のバンコク病院やバムルンラード病院ともに飲食を中心に、施設が充実しています。スターバックスだけでなく、健診後は大戸屋で日本料理を堪能したり、フードコートまで完備。入院患者の方用に本屋や美容室などもあり、お見舞いを買うためのギフトショップまで完備されています。

サミティベート病院・ピアノ生演奏

驚いたのは、ピアノの生演奏をしていたこと。過去に受診した人間ドックの際は無かったような。松任谷由実が流れていたり、日本人顧客を意識した選曲でした(笑)

先日も少しご紹介しましたが、タイは先進医療を備えるだけでなく、日本人が多いことから日本語対応も充実しています。観光やお仕事、長期移住など、さまざまな理由でタイに来られる方は今後も増えるでしょう。少しでも事前に安心して、タイに移住される日本人が増えるよう、今後も(グロビジ!)では、有益な情報を提供したいと思います!

サミティベート病院へのアクセス・地図・電話番号!

Samitivej Hospital (サミティヴェート病院)
住所: 133 Sukhumvit 49, Klongtan Nua, Vadhana, Bangkok 10110
定休日: なし
診療時間: 24時間
電話: 02-711-8000 (日本人窓口 02-711-8122 7時~20時)
公式サイト: http://www.samitivejhospitals-jp.com/

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイの先進医療事情。メディカルツーリズムは東南アジア1位って知ってた?
【体験記】続・バンコクの歯医者さんへ行ってきたよ!気になるお値段は…
タイのリタイヤメントビザ事情。50歳以上なら取得ハードルは低いって知ってた?

(グロビジ!)TOPへ

タイの先進医療事情。メディカルツーリズムは東南アジア1位って知ってた?

先日、日本からタイ不動産購入のためバンコクへ来られたお客様より、「タイの医療は大丈夫なのか?」というご質問をいただきました。

日本在住の方はご存知ないかもしれませんが、タイは先進医療を備えた国で、中東やヨーロッパからもメディカル・ツーリズム目的で来られる方がいるほどです。 今日は、「JCI認証」という評価基準を元に、タイの医療が世界的にどのレベルにあるかをご紹介します。

「JCI認証」って何?病院の評価をする国際的認証基準。

JCI認証とは?JCI認証」とは、病院認定専門の非営利機関による、医療品質や衛生管理に関する基準。国際的医療評価機関であり、本部は米国のシカゴにあります。世界的にも知名度の高い評価基準です。

JCIとは何か:1998 年に設立された国際非営利団体 Joint Commission Internationalの略称 JCIである。本部はシカゴにあり、ミラノ、ドバイ、シンガポールに支部がある。世界中どこでも通用する基準や指標をもとにした,「患者安全」「感染管理」「医療の質」などに対する審査の妥当性や有効性が高く評価され,これまでに世界 50カ国 450の医療施設がJCIの認証を取得している。 (出所: 埼玉医科大学雑誌 第 39 巻 第 2 号)

JCI認証・国別病院数ランキング!タイの病院は東南アジア最多。

ヤワラート(中華街)にあるバンコク病院

ヤワラート(中華街)にあるバンコク病院

タイ国内では37病院、後述しますが、これはJCI認証済みの病院数としては東南アジアでも最多です。日本国内はわずか10医院。タイと同様、メディカルツーリズムを掲げるシンガポールでは21病院(国土面積を考えると大変充実しています)、ロングステイに最適と言われるマレーシアは、わずか13病院となっています。

①タイ:37病院  ※JCI認証済みのタイ国内病院・全リスト(JCI公式ページ、英語)
②中国:33病院
③韓国:30病院
④シンガポール:21病院
⑤インドネシア:18病院
⑥マレーシア:13病院
⑦日本:10病院  ※日本国内でJCI認証を受けている10病院リスト
⑧フィリピン:6病院
⑨ベトナム:1病院 (データ出所: JCI公式ページ 2014年10月の数字)

タイのメディカルツーリズム受入数も東南アジア最多!

JCI認証から考察する東南アジアのメディカルツーリズム 先ほどのJCI認定病院数や上のデータから見ても、タイの先進医療が進んでいることが分かるかと思います。特に「911」の米国同時多発テロ以降は中東系人種が米国内でメディカルツーリズム受けることが難しくなっているようで、そうした方たちが東南アジアで先進医療を受けているという話もあります。

実際にバムルンラード病院やサミティベート病院といったタイ国内の大病院では、中東系の富裕層を多数見かけることができます。上の2病院などは日本語対応しており、私もサミティベート病院で、今年6月に”あえて日本語のみしか使わず”人間ドックを受診しました。英語すら不要なほど、言語対応もしっかりしています。

サミティベート病院で人間ドックを受けてきた。タイの医療レベルが凄い!【体験談】

これから移住してくるのであれば、海外疾病治療保険金までカバーされている以下のようなクレジットカードを日本国内で作ってくると間違いありません。(タイ国内の医療保険では歯科治療がカバーされていません) いずれにせよ、医療面に関しては、首都バンコクやパタヤ、チェンマイのような大都市なら比較的安心です!

<スポンサードリンク>

※保険のカバー範囲は、加入前に上記カード会社のHPにてご確認ください。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

【インタビュー】タイの医療保険について、保険のプロに聞いてみたよ!
【体験記】続・バンコクの歯医者さんへ行ってきたよ!気になるお値段は
バンコクに住むならどこがオススメ?僕が「オンヌット」を推す理由。

(グロビジ!)TOPへ



タイ国内就労者は確定申告が必須。日本より控除額が少ないので、高額納税にご注意を!

タイ国内でも「確定申告」制度が存在します。課税期間は日本と同様で、1月1日~12月31日。その期間内の収入および支出、扶養家族状況などから所得および控除額を計算し、翌3月末日までに確定申告書を税務署へ提出する必要があります。

タイ国内に勤める方の場合、会社や会計事務所などで確定申告の代行をしてもらうことが一般的です。会計事務所を使う場合、1,000~2,000バーツ程度が相場でしょうか。今回は、タイ居住者には欠かせない「確定申告」についてご紹介します。 続きを読む

タイ保険大手、アリアンツアユタヤ社の事務所にお邪魔しました。

僕の本業はタイ国内の不動産を売買・賃貸で、バンコクにオフィスを構え物件の紹介をすること。その他にも、タイ国内の保険をご紹介したり、節税対策となる資産運用のご相談もさせていただいてきました。 続きを読む

タイの積立保険・年金保険を使った「節税コンサル」をさせていただきました

タイでの保険・節税コンサル

コンサルさせていただいたA様は、来タイされて約3か月。「給与から毎月引かれる税額に驚いた」と仰いました。タイでは日本に比べて控除額が少ないため、日本並みの給料をもらっている場合、日本以上に税金を支払わざるを得ません。 続きを読む

【インタビュー】タイの医療保険について、保険のプロに聞いてみたよ!

タイの医療保険について、Allianz Ayudhya(アリアンツアユタヤ)社のピムラダーさんにインタビューさせていただきました。医療保険は年中ニーズがある商品で、特に手当の薄い現地採用の方を中心にニーズが高いです。 続きを読む