ASEAN経済

バンコク銀行での非居住者向け銀行口座が開設不可に

これまで日本人の旅行者でも銀行口座開設が可能だった、バンコク銀行本店での非居住者向け銀行口座の開設が、2018年7月以降は事実上不可能となりました。

2016年9月以降、タイでは労働許可証なしの口座開設を実質禁止化されましたが、日本国籍保有者は例外的に「日本大使館+バンコク銀行本店の組合せ」で口座が開けるという抜け道がありました。しかし、今回の措置でそれも実質的に封鎖される事になっています。

続きを読む

タイ・バンコクの都市交通路線図2018年最新版!(BTS・MRT・エアポートリンク)

タイの首都バンコクを走るBTS(高架鉄道)、MRT(地下鉄・高架鉄道)、ARL(エアポートリンク)の2018年度・最新路線図を紹介します。

バンコクでは、日本製電車が走るパープルラインが2016年に開通し、2017年にはイエローラインやオレンジラインが着工。鉄道交通網が年々進化しています。早速、地下鉄MRTや高架鉄道BTSの路線図の詳細を見ていきましょう。 続きを読む

プノンペンの市内交通インフラ事情(2018年版)

IMFによると今年も6.9%の経済成長が見込まれるカンボジア。一人当たりGDPも1,500ドル近くまで上昇予定で、国民の所得も上昇し、都心で働く労働者も増加中です。2018年に入り、プノンペン市内の交通インフラも充実してきました。

今日はプノンペンの公共バス・エアポートシャトルトレイン(空港電車)、水上バス、計画中の高架鉄道など、プノンぺン市内交通インフラを紹介します。早速、見てみましょう。 続きを読む

プノンペンの空港電車エアポートシャトルトレイン、乗り方ガイド

カンボジアの首都プノンペンへ行ってきました。経済成長は近年約7%/年で進み、街並みもイオンモールプノンペンが出来て以降、ここ数年で大きく変貌しています。

交通インフラもトゥクトゥク中心から、2014年に市内バスが運行開始、2018年4月には空港と市内を結ぶ電車エアポートシャトルトレインと水上バスも開業。本記事では空港電車の概要と乗り方を紹介します。 続きを読む

タイ人の所得・家計収入まとめ (2018年版)

タイ人の給与相場を知っていますか?

タイ人の所得も経済成長で増加し、最低賃金も年々引き上げられています。様々な環境も影響し、毎年数%の昇給は当たり前。給与格差が日本以上に高いのも特徴です。タイの給与事情について紹介します。 続きを読む

タイの高速鉄道・線路複線化など国内交通インフラ計画・最新版(2018年)

タイ政府が発表した交通インフラ整備計画の中で、タイの高速鉄道および鉄道複線化に関する最新情報を紹介します。

「タイ国鉄の複線化」と「高速鉄道」の2本立てで紹介しますが、最初に2014年発表の「交通インフラ整備8か年計画」の骨子から見てみましょう。

続きを読む

アジア全域の鉄道網開発計画(2018年版)

ASEANの経済成長が続いています。かつて新興国と呼ばれた地域は、周辺の中国・インドの経済成長を受け、急速にインフラ整備も進行中。はじめてタイに来られた方が、BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)を見て、思った以上の発展ぶりと仰るように、想像を超えるスピードでの経済成長と言えるでしょう。

普段はタイ国内の経済情報を中心にお届けしていますが、今日は少し範囲を広げ、「アジア・中東の鉄道網・高速道路計画」について紹介します。

続きを読む

ベトナム不動産における5つの注意点、買ってよい人・ダメな人

ベトナム最大の経済都市ホーチミンに行ってきました。

現地ベトナムの不動産熱は非常に強く、日系企業の超巨大開発案件も好評を博しています。ベトナム不動産のマーケットについては素人ですが、海外不動産を扱うプロとしての感想を紹介します。

続きを読む

タイの「少子高齢化」問題を考える。タイ経済は今後どうなるのか?

タイでは、日本同様に少子高齢化問題が懸念されています。2017年に入り政府や金融機関なども関連ビジネスへの支援を少しずつスタートさせてきました。

今日はタイの英字新聞『The Nation』から、タイの高齢化問題の見通しについて紹介します。 続きを読む

ラオスの物価、ASEAN唯一の内陸国は物価が高い!?

ラオスの首都ビエンチャンに行ってきました。タイのバンコクから飛行機で約1時間、日本人はビザなしで渡航可能。

タイ在住者にとっては街中でタイ語も通じ、タイバーツも使えるのでさほど不便はありません。今日はラオス・ビエンチャンの物価や基礎データについて紹介します。 続きを読む