ASEAN経済

タイの国境周辺に続々とショッピングモール開発。周辺地価が上昇中。

タイ国境の地価が急上昇しています。アセアン経済共同体(AEC)の発足に伴い、タイの大手小売業者が続々とショッピングモールを開発し、周辺産業が活性化しているため。

英字新聞『The Nation』の記事より、タイ国境周辺の地価上昇や、小売店開発状況をご紹介します。 続きを読む

バンコク高速道路(BECL)と地下鉄(BMCL)が合併へ

タイの交通インフラ大手2社の合併が決定しました。バンコク高速道路を運営するBECL社とバンコクメトロ(地下鉄)を運営するBMCL社です。

首都バンコクの巨大交通インフラ2社の合併は、今後どのように変化をもたらすのでしょうか? 続きを読む

パタヤのウタパオ空港が拡大中!新たに7航空会社が就航の見通し

ウタパオ空港は、タイ東部ラヨーン県に位置し、工業団地の集まるラヨーン市とタイ有数のビーチリゾート・パタヤの中央に所在する空港。ウタパオ空港に対する注目は徐々に熱を帯び、『バンコクポスト』によるとバンコク圏の第3の商業空港となると報道されています。

続きを読む

ASEAN諸国がアセアン共同体の発足宣言に調印

アセアン共同体(Asean Community)の発足に伴い、ASEAN計10か国の首脳が2015年11月22日にクアラルンプールで調印式を行いました。

この調印を機に、今後アセアン経済共同体(AEC)などの枠組みがASEAN域内で正式に稼働を始めることになります。まずは調印の様子と、ASEAN共同体の初代議長となるマレーシアのナジブ首相の発言をご紹介します。

続きを読む

ミャンマーの首都ヤンゴンの物価、外国人は銀行金利0%という現実

ミャンマーの首都ヤンゴンに来ています。4年連続の訪問ですが、他の東南アジア諸国同様に新しい建築物が急増し、街中は新しい建物とイギリス占領時代の古い建物の混合で美しいコントラストが。ヤンゴンは僕の好きな街の一つです。

続きを読む

ミャンマー経済情報サイト『ミャンマー・ビジネストゥデイ日本語版』を立ち上げました

平素より(グロビジ!)をお読みいただき、誠にありがとうございます。

(グロビジ!)は2015年10月より、ミャンマー国内の経済新聞『Myanmar Business Today』紙の日本語版をWeb上で発行させて頂くことになりました。『ミャンマー・ビジネストゥデイ日本語版』のURLは下記の通りです。

続きを読む

ASEANの中間所得層は今後10年で2倍の1億2500万人へ。AEC発足を2015年末に控え

AEC(アセアン経済共同体)の発足まで残り2か月となりました。AECとは大雑把に言えば、ASEANに加盟する10か国間で、ヒト・モノ・サービスの動きを自由化しようとする動きです。しかし実際に運用は開始されるのでしょうか?

続きを読む

タイ政府が国内不動産に対する減税措置を発表

タイ政府がタイ国内不動産取得者に対する減税措置を発表しました。時限的な措置ではあるものの、「登記料の減税」および「住宅取得費用を個人所得税控除の対象にする」という2点が骨子です。

タイの英字新聞『バンコクポスト』の記事から、早速見てみましょう。
続きを読む

タイ・シラチャの街並みと、サービスアパートメント事情

タイにある世界有数の日本人街・シラチャの街並みと、現地のサービスアパートメント事情を紹介します。先日、シラチャの日本人学校について紹介しましたので、下記よりご覧ください。 続きを読む

タイのドンムアン空港が「世界一LCCの発着が多い空港」と認定された!

タイの首都バンコク北部にあるドンムアン空港が、格安航空会社(LCC)の発着数が世界で最も多い空港と認定されました。

かつては「バンコク国際空港」とも呼ばれタイの空の玄関口を担ってきましたが、スワンナプーム空港の落成により2007年に改名されたドンムアン。今ではLCC発着数で世界一となりました。今日はタイの英字新聞『Nation』の記事から、ドンムアン空港についてのニュースをご紹介します。

続きを読む