タイで働く

タイの最低月給は日本人初任給平均を上回った!タイ勤務は日本より高給ってほんと?

タイをはじめとするアジア就職を希望する日本人が増えています。特にタイは登録者だけで6.5万人を超える日本人が暮らしており、首都バンコクは日本人にとって暮らしやすい街の一つであることは疑う余地がありません。

後述しますが、タイでは外国人を雇う際の最低賃金が決められています。既に日本円ベースで換算すると、タイで働く場合の最低月給は日本人の平均的な初任給を上回っているのです。 続きを読む

タイでの「現地採用就職」を考える。海外で生活するためのハードルは何だろう?

タイでの「現地採用就職」について、考えてみたいと思います。先日の記事「タイでの最低月給は日本人の国内初任給平均を上回った!タイで働くほうが日本より給与が高いってほんと?」が、はてなブックマークでもTOPに表示されるなど、大きな反響を頂きました。

そこで今日は、タイでの海外就職に対する僕の意見をお伝えしたいと思います。それでは、いってみましょう。

タイでの「現地採用就職」について、寄せられたコメントや意見をご紹介します。

  • 5万バーツの10%である日本人への最低課税額5千バーツを会社が負担するだけで、自身の給与が5万未満の現地採用者はかなりいるはず。
  • 簡単に仕事が見つかるとか書いてあるけど、最低限の英語はできなくちゃいけないんでしょ。
  • 一面では正解。ただタイ側労働市場の需要が限られるし単純比較は無理。
  • 場所がバンコク以外で何もない所の可能性や、実はその最低額以下の仕事がある事実を伝えなけりゃ勘違いしそう。

タイでの現地採用に賛同する意見もありましたが、一方でご指摘もいただきました。あえて箇条書きで抜粋しましたが、僕なりの見解をご紹介したいと思います。

タイでは労働許可証がもらえる職がすぐに見つかるか?

タイで現地就職する

正直、努力も必要でしょう。ご指摘の通り、製造業の営業であれば、シラチャやアユタヤと言ったバンコク以外の勤務地もあります。バンコクほど生活の利便性が高いわけではありませんが、地方都市でもに飛び込む気概があれば、仕事を得られるチャンスは増えるでしょう。

今までに僕の知人も、タイで現地採用の仕事をするために数名バンコクに来ています。海外の生活になじめず既に帰国した人もいますが、仕事が見つからずに諦めて帰国したと言う人は一人もいません。

いきない海外での就職活動が不安な方には、転職サイトの利用がオススメです。【ビズリーチ】などは特に海外就職に強いため、会員登録(無料)しておけば事前にどんな案件があるか知ることもできます。

スポンサードリンク

就職時における、英語やタイ語など言語の必要性について

パタヤのロシア人エージェント

言語は出来るに越したことはありません。しかし、私の友人にも来タイ当初はの中学1年レベルの英語だけしか話せなかった方も多くいます。例えば、最近知り合った方は、バンコクのコールセンターで働くかたわらタイ語を学び、現在転職を考えています。

余談になりますが、タイでの日系コールセンターという職業は、あまり給与が高くないことで知られています。企業がBOI(投資恩恵特典)を取得していることが多く、こうした企業に勤める場合は日本人の最低月給以下の給与を設定することが出来るためです。

タイで働きたい人たちへ (パーソネルコンサルタント)
タイでの就職Q&A

それでも生活に困らない程度は給与をもらえますから、その間にタイ語を学び、5万バーツ以上もらえる企業への転職を目指す方も少なくありません。タイでの就職に関する良くある質問が、上記のサイトに詳しく書かれています。

最近では、オンラインでタイ語を学べる環境も増えてきましたから、事前に勉強しておくのも良いかもしれません。来タイするのに、僅かでもタイ語の基礎が分かれば就職にも有利ですし、精神的な不安も減ることでしょう。

オンラインタイ語学校 TLP
MINNANO オンラインタイ語教室

実際にタイで現地採用として働かれている方が書いているブログも多数あります。ASEANで働くを近くするアセナビさんが「転職希望者続出!? アジア現地採用ブログまとめ」という記事でまとめてますので、読んでみてください。

日本と海外の給与差の逆転現象は、インドや韓国でも起きている?

前回の記事は、実際に1,000件近いリツイートをいただいており、その中には上のようにインドや韓国でも日本の給与を逆転する現象が起きているという情報も寄せられました。既に円安も急激に進んでいますし、今後10年間で日本の給与は世界的に見ても高くないという環境になるのかもしれません。

タイでインターンをした、大学院生の意見

タイの国際機関でインターンシップ

昨月まで世界的に有名な国際機関の「U」でインターンをされていた、東京工大大学院生のIさんにインタビューをしたところ、「海外でのインターンの体験を薦めるか?」と言う質問を投げかけてみたことがあります。

--学生のうちに海外でインターンをされているわけですが、他の学生にも勧めますか?
海外に抵抗が無い方には、行ってみることをオススメします。一方で、海外に興味がない方は無理することもないと思います。僕自身の経験で言うと、自分自身が狭いことに気づきました。「海外はこんなものか」と思うこともあれば、「こんなんもあるんだ」と思うこともあります。経験をするという意味では、行ってみても良いと思います。

彼の意見には、僕も賛成です。インタビューの全内容は以下からご確認いただけます。これから海外就職や移住を考える方にとっては、有益な内容だと思います。ぜひ、ご一読ください。

【インタビュー】バンコクの国際機関で働く大学院生に、タイでのインターン生活について聞いてみた。

海外に飛び出して仕事をしてみるということ

海外で就職してみる

タイの保険会社アリアンツアユタヤのスタッフたちと

実は僕の場合も同様でした。沖縄在住時代に事業家の方に声を掛けてもらい、海外初進出となるタイ法人の立ち上げや事業拡大を経験。当初はゼネラルマネジャー職でしたが、2014年4月よりタイ法人の代表として経営に携わるようになりました。

海外での生活というのは、実際に始めて見なければ向き不向きが分かりません。僕が「日本人にとって住みやすい街」と思うバンコクでも、やはり生活になじめず3か月を待たず帰国する方もたくさんいらっしゃいます。海外に出る人が少ないからこそ、人とは違ったエッジも生まれます。

シソポンのセントラルマーケット

ルビコン川を渡る」という表現があります。紀元前49年にカエサルが「賽(さい)は投げられた」と叫び、ルビコン川を渡って宿敵ポンペイウスに決戦を挑んだ故事で、重大な行動に出るたとえとして「ルビコンを渡る」と用いられます。似た形で、脳科学者の茂木健一郎氏は「アウェーに出る」ことを推奨しています。

今回ご指摘いただいたように、タイでの就職を決意して移住したとしても上手く行かずに帰国するケースもあることでしょう。実際に僕のスタッフにも、バンコクになじめず帰国してしまった人もいれば、タイが気に入って住み着いた人もいます。

一度、外国で生活してみれば、合うか合わないかが分かるはずです。日本が自分に向いていると思えば、日本での仕事や趣味、生活に打ち込めば良いでしょう。お伝えしたいのは、「興味があるなら、海外に飛び出してみる」こと。その行き先として、僕はタイのバンコクをオススメします!

追記: ※タイや東南アジアなど海外で働きたい人は海外就職に強い転職サイト「ビズリーチ」や日本でも有名な転職サイト「リクナビNEXT」などに会員登録(無料)していると、海外勤務のチャンスが広がりますよ。現地の日本人の給与水準を調べてみることも可能です。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイ在住の僕が、マレーシアの首都よりバンコク在住を勧める3つの理由。
海外在住で日本の「非居住者」となるには?180日ルールの判定基準と税務について紹介します。
タイ・バンコクでのアパートの探し方。値段は1万5千円くらいから!

(グロビジ!)TOPへ

【インタビュー】バンコクの国際機関で働く大学院生に、タイでのインターン生活について聞いてみた。

バンコクにある国際機関で働く、東京工大の大学院生Iさんに「バンコクでのインターン生活」について聞いてみました。「U」から始まる世界的に有名な組織でのインターンです。

Iさんは過去にオーストラリアへ留学した経験もあり、今回のインターンは約半年で来週日本に帰国するタイミング。実際にバンコクに住みながらインターンとして働いた経験について、インタビュー形式でご紹介します。 続きを読む

バンコクで「若手起業家・経営者忘年会」を開催しました!

「バンコク若手起業家・経営者忘年会」をスクンビット・ソイ49の、お好み焼き「広島」で開催しました。 続きを読む

タイの労働許可証(ワークパーミット)の期限が1年から2年に延長される?

タイの外国人向け労働許可証は、取得が難しいことで有名です。例えば、BOI という投資奨励恩典を取得していない場合、「外国人を一人雇用するごとに、タイ人を4名雇う事」や「企業の資本金最低200万バーツ(約720万)で、2名目以降は都度200万バーツを増資する」など、発生する費用は少なくありません。

今日は、タイの労働許可証(ワークパーミット)の期間延長に関するニュースを、バンコクポストの記事よりご紹介します。

タイの軍政権、外国人向け労働許可証の期限延長計画を発表

タイの労働許可証

タイの外国人向け労働許可証

タイの軍政府は、タイで働く外国人労働許可(ワークパーミット)の期間を現在の1年から2年に延長すべく、内閣の承認を求めることを計画している。外国直接投資の誘致を増加させることを、目的とした措置の一部だ。

チェンライで開かれた第32回タイ商工会議(TCC)年次総会の日曜フォーラムで、Pridiyathorn Devakula 副首相が計画を明らかにしたもの。政府は明日の週次ミーティングにおいて、労働許可の延長を承認する法案の提案をする予定だ。「タイでの外国投資を後押しするための政策だ」と、副首相は語る。

その他の方針として、タイで地域統括本社(regional headquarters)を設立する場合、外国人投資家に特典を与える計画も、政策の一部に含まれている。「これらの施策は、タイを貿易立国とすべく作られた」と、Pridiyathorn政府経済情勢担当官は話す。

「タイを”デジタルエコノミー”に変貌させる計画が、年明け早々に発表される。タイ経済は、現プラユット政権が実施している景気刺激策のおかげで、1月には明確な回復を示すだろう」と、彼は続けた。

(出所: Bangkok Post “govt unveils plan to extend work permits” 筆者翻訳・要約)

労働許可期間の延長は、タイで働く外国人にとっては朗報!

タイで働く外国人パスポート

在タイの労働者にとって、労働許可証の期限が2年に延長されるというのは朗報です(更新の手続きにかかる労力は結構なものです)。とは言え、バンコクポストの記事にある「外国直接投資が増加させる」ための直接要因には、あまりなり得ないでしょう。

それなら、当記事の冒頭で書いた規約(「外国人を一人雇用するごとに、タイ人を4名雇う事」や「企業の資本金最低200万バーツ(約720万)で、2名目以降は都度200万バーツを増資する」など)を緩和するべきでしょう。とはいえ、タイ居住者にとって重要な政策であることに間違いありません。続報があり次第、ご紹介します。

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイで「外国人事業法」改正の動き!飲食店や小売り・観光など幅広い業種が営業制限される?
タイ国内の銀行、労働許可証なしの口座開設を実質禁止化へ。
バンコク銀行でのクレジットカードの作り方。

(グロビジ!)TOPへ

タイで「外国人事業法」改正の動き!飲食店や小売り・観光など幅広い業種が営業制限される?

タイには外国人事業法(FBA)という法律があり、外国企業へ規制業種を設けています。今回、タイの商務省が発表したところによると、「外国勢が株式の49%以下しか保持していない場合でも、取締役会の主導権を保持し、会社の主導権を握っている場合は、それを”外国企業”とみなす」というもの。

これが、日系企業にとってどう危険なのか?『バンコクポスト・サンデー』の記事を元に、「タイの外国人事業法」改正の動きをご紹介します。

外国人事業法(FBA)とはどんな法律で、どう改正されるか?

FAQ:
外国人事業法(FBA:Foreign Business Act)とは、どのような法律ですか?

ANSWER:
外国人・外国企業(外国資本50%以上)が事業を営むことを規制する法律です。この法律では、規制する事業を大きく3つのカテゴリーに分けて管理しています。

  1. マスメディアや農林水産業、土地取引など9業種(事業の性質から外国企業の参入が禁止されている業種)
  2. 国家の安全保障や芸術文化および自然資源にかかわる事業13業種(内閣の承認と商業大臣の認可を得ない限り、事業参入できない)
  3. 精米・製粉、養殖、植林、会計・法律サービス、エンジニアリング、代理紹介、小型小売業、広告業、観光業、レストランなど21業種(タイ国民が外国人と競争する準備が整っていない業種) ※外国人事業委員会の承認を受けない限り、参入できない(ただし、承認実績は皆無)。

出所:中小機構 中小企業国際化支援レポート (筆者改行)

ポイントは、「外国企業」である場合、指定されている禁止業種へは参入できないという点です。

先ほどもご紹介しましたが、タイの商務省が今回発表したところによると、「外国勢が株式の49%以下しか保持していない場合でも、会社の主導権を握っている場合は、”外国企業”とみなす」とあります。

つまり、本格的にこの方式が承認され、「外国企業」と見なされた場合、指定禁止業種の事業は継続できないことになります。指定禁止業種は、レストランや観光業、法律・会計、小売・卸売業、代理・仲介業など幅広く、外国企業はこれらの分野で事業が出来ない事態となるのです。(指定業種については、JETROのリンクを参照ください)

日本大使館の次席公使も、「外国人事業法」改正に懸念を発表。

thai law for foreigner

この動きに関して、タイ国内の英字新聞・日曜版の『バンコクポスト・サンデー』に日本大使館次席公使のインタビューが掲載されていました。以下、参照ください。

————————
タイで操業中の日本企業の少なくとも半数は、タイの外国人事業法(Foreign Business Act)への変更案が進む場合、事業のコントロールを放棄するか、移転を余儀なくされるであろう。と上級外交官は警告した。

齊藤貢日本大使館次席公使は、「2007年に提案されたような、外国法人による合弁会社支配を制限する改正は、既存および将来の投資に深刻な影響を持つだろう」と語る。

「大使館は改正案について非常に懸念している」齊藤氏は『バンコクポスト・サンデー』にそう語った。合弁事業の所有権はタイ側でなければならないと、法律が変更された場合、日本勢は外国法人の所有権を放棄するか、タイからビジネスを撤退する必要がある。

タイに5000社ある日系企業の約45%がサービス業であり、法律が変更された場合、それらの99%に影響を与えるだろう、と齊藤氏は話す。残りの55%が影響を受けるかどうか、まだ明確にはなっていない。

タイ中央銀行によると、タイにおける日本の投資額は570億米ドル(1兆8千億バーツ※約6兆2900億円 筆者注)で、タイへの直接投資額の半分以上を占める。

先週、商務省が外国人事業法(FBA)を改正する計画を発表したことを日本側が懸念している。
その内容は、「外国勢が株式の49%以下しか保持していない場合でも、取締役会の主導権を保持し、会社の主導権を握っている場合は、それを”外国企業”とみなす」というもの。

もとより、地元企業として要件を満たす合弁会社を作るには、タイ側が株式の50%以上を保有する必要がある。しかし、現行の外国人事業法(FBA)は、外国人が取締役会の半数以上を占めることを禁止しておらず、タイ国内の合弁企業をコントロール可能だ。

計画は2007年に提案された法案と類似しており、当時最終的に決議されることは無かった。もし、法案が通過した場合、企業は猶予期間を与えられ、資本比率の変更を迫られるだろう。齋藤氏は多くの日系企業が投資の引き上げより、業務の管理放棄を選ぶと予測する。新しい法律の制定には、まだまだコストと時間がかかるだろう。

(『Bangkok Post Sunday』 “Japan envoy warns of investor exodus” 筆者翻訳・要約)
————————

すぐに施行される類の法案ではありませんが、日本からの直接投資やタイ現地でのビジネスに大きく影響する報道です。せっかく、世界銀行が「ビジネスのしやすさランキング」で日本を抑えて上位に来てたのですが……今後も(グロビジ!)では続報をご紹介してまいります。

「ビジネスのしやすさランキング」タイは世界26位!世界銀行が発表

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

【まとめ】タイ軍政府の高速鉄道・線路複線化など交通インフラ計画・最新版(2014年8月)
タイの先進医療事情。メディカルツーリズムは東南アジア1位って知ってた?
タイ国内の銀行、労働許可証なしの口座開設を実質禁止化へ。


シゴトタビ 日経ビジネス タイ

(グロビジ!)TOPへ

タイの軍事政権、国境周辺でのパスポートなし労働を承認か?

タイ国内の労働が、隣国から労働者受け入れのため、国境地域におけるパスポートなしでの労働を合法化する新しい規則を策定中です。国境周辺の経済特区を活性化するための軍事政権の計画とも、この動きは一致しています。

タイへ来る隣国からの労働者

100万を越す隣国からの労働者が、タイへ仕事を求めてやってくる。
大部分はミャンマー・ラオス・カンボジアからの労働者だ。

労働省の事務次官 Jirasak Sukhonthachat氏は、「軍事政権へ提案され議会も検討している」と語った。

この新規則は議会を経て承認される必要があるものの、外国人労働法が一部緩和される見込みで、タイへ入国した隣国からの労働者はパスポートの代わりに入国書類だけで労働が可能となる予定だ。

タイの軍事政権は7月に、以下4地区で経済特区の設置を承認している。ソンクラー県(タイ深南部・マレーシア国境)のサダオ、タック県(タイ北西部・ミャンマー国境)のメーソート、サケオ県(タイ東部・カンボジア国境)のアランヤプラテート、トラート県(タイ東部・カンボジア国境)のクロンヤイの4つだ。

軍事政権のプラユット首相によると、来年のASEAN経済共同体(AEC)に向け、さらにいくつかの経済特区の開発を進める予定だが、同時に国境エリアでの労働力不足も懸念されていた。

先日施行された隣国国籍の外国人に対する暫定労働許可証の発行開始(※下記記事参照)にともない、国境周辺で働いていた不法就労者が正規労働者として大都市に移動しており、タイ国内(特に国境周辺)のビジネス経営者が不満を募らせていた。

タイ国内の不法就労問題に光明?軍政権が活路を開いた!

タイ労働省の長官 Sumet Mahosot氏と、ラオスの労働技術開発斡旋局のPhouvanh Chanthavong両氏が、新規則の締結に向けて協力することを今月初めのノーンカーイ会談において合意している。

出所: Bangkok Post 『NCPO mulls border shakeup』 筆者翻訳・要約

2015年末のASEAN経済共同体で国境周辺が大きく発展する?

アランヤプラテートからカンボジアへと延びる鉄道も工事中

アランヤプラテートからカンボジアへと延びる鉄道も工事中

先日、タイ国境のアランヤプラテートとカンボジア国境のポイペトを視察してきました。特にポイペト側はタイ人がカジノを求めて大挙しており、かつて貧民窟と呼ばれていたところも変化を見せ始めています。

ASEAN経済共同体(AEC)が2015年末に発足。発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(1)

カンボジアの最低月給が約1.2万円、タイ国内の最低月給が3万円と国民所得には開きがあります。カンボジアも最低月給を上げ続け、給与格差はいくぶんマシになりましたが、まだ倍以上違うわけです。今回の新規則で、カンボジア国境の街で寝起きし、タイ国内へ出勤するという流れもさらに加速することでしょう。

マレーシアとジョホールバルのような形で、タイ国境の街の地価が上昇するのではないかと僕は仮説を立てています。カンボジアに会社を作って、その名義で土地を保有するという方法もありますし、リスク承知で投資してみるのも面白いかなーと(笑)

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

カンボジア・ビザ値上げ!観光・ビジネスとも2014年10月から。
タイ、暫定首相にプラユット陸軍司令官が就任。タイの政治の今後はどうなる?
タイ不動産、交通インフラ計画承認後にナコンラーチャーシーマーの不動産投資が活発化。

(グロビジ!)TOPへ

タイ・バンコクのレンタルオフィス「ENTRE HUB」の賃料や内装を調べてみた!

続きを読む