タイで暮らす

(グロビジ!)筆者厳選、投資・経営・マネー・その他のオススメ書籍

タイでビジネスをしていると、普段どんな本を読んでますか?と聞かれることがあります。

バンコクであれば紀伊国屋書店が2店舗あり、古本屋も有名なところでは3店舗ほど存在します。今はKindleなどの電子書籍もありますから便利ですね。今日はお勧めの投資・経営・マネー本9選をご紹介します。 続きを読む

プミポン国王逝去、タイのいちばん長い日の記憶

2016年10月13日、タイ王国のプミポン国王(ラーマ9世)がバンコクのシリラート病院で逝去。

私の住むバンコクでも数日前からついに「Xデー」を迎えるのか?という良くないウワサが強まっていました。即位から70年、タイ国民にも絶大な人気を誇った王様が亡くなられた日と、その翌日のバンコクの様子を記録として紹介します。 続きを読む

タイ大手スーパー、TESCO(テスコ)のオンラインショッピングが便利すぎる2つの理由

タイの大手スーパーTESCO LOTUS(テスコロータス)が提供するECサイトを利用してみました。特にバンコク都心に住み、車を持っていない在タイ邦人にとっては、このサイトが実に便利です。

歩道整備が甘いバンコクで大荷物を抱えて歩くのは重労働。安価なタクシーがありますが、捕まらないことも。TESCOの配送料は僅か30バーツ~、使わない理由はありません。 続きを読む

タイの日系企業は8,900社!日本人在住者も前年比8%増で6.5万人を突破

タイに進出する日本企業の増加が止まりません。企業だけでなくヒトも、経済発展が続く東南アジアへの進出が続いています。タイ在住の日本人登録者数が2014年比で8%増加し6.5万人を突破し、増加率は直近10年間で最高の伸びを示しました。

タイの英字新聞『バンコクポスト』が、日系企業の実態に関する記事を報道しています。今日は同記事から、バンコクで活動する日本企業の実数と、事業内容の変遷についてご紹介します。 続きを読む

タイでコンドミニアムを借りるには?パスポートと賃料3か月分だけで簡単に移住できるよ!

本業のタイ不動産が、かなり忙しくなってきました。バンコクでも、2月・3月は引越しのピークで、連日お客様からご連絡をいただいています。会社の賃貸サイトは、まだSEO的にさほど強くないのですが、基本的には既存のお客様や友人からご紹介いただいた方のご案内が増えてきました。

「これから海外に出てみたい」という方にとって、バンコクはとても暮らしやすい街の一つでしょう。駐在や長期滞在などニーズは様々ですし、僕の周りだけでも「海外で生活してみたい」という人は増えています。そこで、今日はタイでコンドミニアムを借りる方法をご紹介します。 続きを読む

オンヌットの「The Phyll」(ザ・フィル)、日本人が急増する街に建設中のショッピングモールを視察してきました。

タイの首都バンコクでは、ショッピングモールの建設が相次いでいます。つい、先日もBTSプロンポン駅前の高級デパート「エンポリアム」が改装工事を終え、目を見張るほど高級感を感じるデパートに変貌しました。

(グロビジ!)の過去記事でも、「オンヌット駅以南で建設中のショッピングモールまとめ」を以前ご紹介しました。その中の一つ、オンヌット駅徒歩5分の位置に完成する「The Phyll」(ザ・フィル)を視察してきたので、ご紹介します。 続きを読む

タイの携帯SIMカードの登録が義務化。放置すると携帯が利用不可になるよ!

タイ国内で、未登録SIMカードの利用が2015年8月から禁止されることになりました。

今日はタイの英字新聞『The Nation』の記事から、タイの携帯SIMカード登録義務化のお話と、登録の手順についてご紹介します。 続きを読む

タイ在住の僕が、マレーシアの首都よりバンコク在住を勧める3つの理由。

先日、『クアラルンプールで、マレーシアとタイはどっちが住みやすいか考えてみた』という記事を公開。すると、マレーシアの不動産会社ナカノプロパティ代表の中野さんから、(グロビジ!)に反論するミサイルが飛んできました(笑) 続きを読む

タイの家電って日本より安い?コンドミニアム購入時に必要な家具・家電まとめ。

僕はバンコクで不動産ビジネスをしています。最近はタイへの移住者も増え、「タイに住むときは、何を準備したら良いの?」と聞かれることが増えてきました。タイのコンドミニアムやアパートは、家具・家電が備え付け。国外引っ越しと聞くと大変そうですが、実は、タイではスーツケース一つで入居も可能です。 続きを読む

バンコクに住むならどこがオススメ?僕が「オンヌット」を推す理由。

先日、タイ不動産のアテンドしたお客様から、「バンコクに住むならオススメのエリアはどこ?」と、ご質問をいただきました。

お客様ニーズはそれぞれ違いますが、「現地の雰囲気を味わいつつ、ある程度の利便性を求める」なら、オンヌットがダントツでオススメです。駅前にスーパーあり、賃料も都心ほど高くない。日系オフィスが集まるアソークまでBTSで10分。物価も手ごろで、タイ人・日本人・欧米人が混在するエリアです。 続きを読む