タイの相続税はこうなる!タイ不動産協会主催のセミナーより。

タイ国内では現在、プラユット首相率いる軍政権により相続税の導入が検討されています。相続税については、既に新聞・TVなどのメディアでも報道されていますが、僕の会社(ラ・アトレアジア(タイランド))も加盟している「タイ不動産協会」のセミナーでの最新情報をご紹介します。 続きを読む

タイ国内就労者は確定申告が必須。日本より控除額が少ないので、高額納税にご注意を!

タイ国内でも「確定申告」制度が存在します。課税期間は日本と同様で、1月1日~12月31日。その期間内の収入および支出、扶養家族状況などから所得および控除額を計算し、翌3月末日までに確定申告書を税務署へ提出する必要があります。

タイ国内に勤める方の場合、会社や会計事務所などで確定申告の代行をしてもらうことが一般的です。会計事務所を使う場合、1,000~2,000バーツ程度が相場でしょうか。今回は、タイ居住者には欠かせない「確定申告」についてご紹介します。 続きを読む

スクンビット通り東側の地価が過去最高を記録!トンロー~エカマイが発展中。

タイの軍政権によるクーデター発生以降、バンコク・パタヤを含むタイの不動産市場は活況を呈しています。新プロジェクトも続々と発表され、ショッピングモールの建設計画も多数控えています。

2015年末のASEAN経済共同体(AEC)発足を控えての動きでしょう。その中で、スクンビット通りの地価が過去最高を記録してきました。バンコクポストの記事からご紹介します。

スクンビット通り、トンロー~エカマイの地価が過去最高を記録

ナナ・シーロム・トンローの地価比較ナナ・シーロム・トンローの地価比較

不動産開発が続くバンコクで、ナナ~エカマイの地価が、今年前期に史上最高となる平米あたり45万バーツを記録した。これは地価公示価格の4倍である。

センチュリー21・タイランドの不動産コンサルタント最高経営責任者を務める Kitisak Jampathippong 氏は、「トンロー~エカマイ間はディベロッパーが一等地と考える熱い場所だ」と語った。

「このエリアの地価は、他の地域に比べ著しく上昇した。プロンポン地区のエム・クアティア(EmQuartier)のように立て続けに開発が続いているのが要因だ」と、同氏は言う。

「プロンチット通りとナナ周辺も一等地であり続けるだろう。地価の高騰にも関わらず、不動産業者は開発を続けている。地理的には多くのオフィスがあり移住者にも人気のエリアだ。この地域のコンドミニアムを買う人は高所得者層であり、50平米を超える大きめの部屋を好む」

上場ディベロッパーのQuality Houses(クオリティハウス)によると、5月度の土地価格は新高値を記録し、トンロー・エカマイ周辺のローワー・スクンビットが平米あたり45万バーツを記録。ナナ駅周辺のスクンビット・ソイ6周辺の土地も既に同様の価格となっている。

昨年、ナナ駅周辺のスクンビット・ソイ6の地価は平米あたり40万バーツだった。一方で、財務省による地価の公示価格はたった11万バーツ程度。「スクンビット・ソイ24(プロンポン駅周辺)の地価は平米あたり50万バーツとなっているが、これは異例と言える」と、Kitisak氏は説明した。

続いて地価が高いのは、サラデーン通りで平米あたり約35万バーツ。昨年の30万バーツから25%ほど上昇した。土地の公示額は平米あたり20万バーツ。続くのはスクンビット・ソイ36(トンロー駅周辺)で、2014年前期の平米あたり価格は32万バーツ。これも昨年の30万バーツから上昇している。公示価格は、約9万5千バーツだ。

「バンコク郊外では、BTS(バンコク都市モノレール)やMRT(地下鉄)が投資家の興味を引いている。現在の地価は3年~5年先の将来を見越して価格となっており、有望な新商業地としてみなされている」と、Kitisak氏は話す。興味を引き付けているのは、地下鉄ブルーラインの延伸部分やバンナー交差点だ。特に後者はバンコク・モールという巨大ショッピングモールが建設される。

スクンビット通りをやや東に下ったエリアでは、トンロー~エカマイ地区の人気が高い。地価は平米あたり30万バーツ~45万バーツとなっている。

(出所: Bangkok Post『Lower Sukhumvit land prices hit record』 筆者翻訳・要約)

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

【地図付き】バンコクのショッピングモールの未来予想図。
BTSスクンビット線・オンヌット駅以南で建設中のショッピングモールまとめ!
タイ不動産、スクンビットの地価は12年で5.6倍に上昇!

(グロビジ!)TOPへ

2015年、日本は相続増税!タイは固定資産税導入?日本でもタイでも使える土地の評価額を抑える方法とは。

日本では2015年1月に税制改正がなされ、相続税が増税されることが決まっています。

一方で、タイ国内でも相続税や固定資産税が導入される方向で、プラユット首相率いる軍政権が調整中。今回は、日本でもタイでも有効な、土地の評価額を抑える方法をご紹介します。 続きを読む

タイの軍事政権、国境周辺でのパスポートなし労働を承認か?

タイ国内の労働が、隣国から労働者受け入れのため、国境地域におけるパスポートなしでの労働を合法化する新しい規則を策定中です。国境周辺の経済特区を活性化するための軍事政権の計画とも、この動きは一致しています。

タイへ来る隣国からの労働者

100万を越す隣国からの労働者が、タイへ仕事を求めてやってくる。
大部分はミャンマー・ラオス・カンボジアからの労働者だ。

労働省の事務次官 Jirasak Sukhonthachat氏は、「軍事政権へ提案され議会も検討している」と語った。

この新規則は議会を経て承認される必要があるものの、外国人労働法が一部緩和される見込みで、タイへ入国した隣国からの労働者はパスポートの代わりに入国書類だけで労働が可能となる予定だ。

タイの軍事政権は7月に、以下4地区で経済特区の設置を承認している。ソンクラー県(タイ深南部・マレーシア国境)のサダオ、タック県(タイ北西部・ミャンマー国境)のメーソート、サケオ県(タイ東部・カンボジア国境)のアランヤプラテート、トラート県(タイ東部・カンボジア国境)のクロンヤイの4つだ。

軍事政権のプラユット首相によると、来年のASEAN経済共同体(AEC)に向け、さらにいくつかの経済特区の開発を進める予定だが、同時に国境エリアでの労働力不足も懸念されていた。

先日施行された隣国国籍の外国人に対する暫定労働許可証の発行開始(※下記記事参照)にともない、国境周辺で働いていた不法就労者が正規労働者として大都市に移動しており、タイ国内(特に国境周辺)のビジネス経営者が不満を募らせていた。

タイ国内の不法就労問題に光明?軍政権が活路を開いた!

タイ労働省の長官 Sumet Mahosot氏と、ラオスの労働技術開発斡旋局のPhouvanh Chanthavong両氏が、新規則の締結に向けて協力することを今月初めのノーンカーイ会談において合意している。

出所: Bangkok Post 『NCPO mulls border shakeup』 筆者翻訳・要約

2015年末のASEAN経済共同体で国境周辺が大きく発展する?

アランヤプラテートからカンボジアへと延びる鉄道も工事中

アランヤプラテートからカンボジアへと延びる鉄道も工事中

先日、タイ国境のアランヤプラテートとカンボジア国境のポイペトを視察してきました。特にポイペト側はタイ人がカジノを求めて大挙しており、かつて貧民窟と呼ばれていたところも変化を見せ始めています。

ASEAN経済共同体(AEC)が2015年末に発足。発展が期待される南部経済回廊を旅してきた!(1)

カンボジアの最低月給が約1.2万円、タイ国内の最低月給が3万円と国民所得には開きがあります。カンボジアも最低月給を上げ続け、給与格差はいくぶんマシになりましたが、まだ倍以上違うわけです。今回の新規則で、カンボジア国境の街で寝起きし、タイ国内へ出勤するという流れもさらに加速することでしょう。

マレーシアとジョホールバルのような形で、タイ国境の街の地価が上昇するのではないかと僕は仮説を立てています。カンボジアに会社を作って、その名義で土地を保有するという方法もありますし、リスク承知で投資してみるのも面白いかなーと(笑)

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

カンボジア・ビザ値上げ!観光・ビジネスとも2014年10月から。
タイ、暫定首相にプラユット陸軍司令官が就任。タイの政治の今後はどうなる?
タイ不動産、交通インフラ計画承認後にナコンラーチャーシーマーの不動産投資が活発化。

(グロビジ!)TOPへ

タイ・バンコクでのiPhone 6・6 Plus発売時期・価格を調べてみた!

アップルが iPhone6(アイフォン6) と iPhone6Plus(アイフォン6プラス)を発表。タイ国内での販売予定や価格などをバンコクポストの記事からご紹介します。

タイのiPhone6販売開始は10月半ば!価格25,500バーツから?

タイ・iPhone6 MBK価格

タイ国内の販売店は、まだiPhone 6の価格を設定していない。
MBKではアンドロイド搭載の偽モデルがわずか5,000~6,000バーツで販売されている

Apple社のiPhone 6(アイフォン6)およびiPhone 6 Plus(アイフォン6プラス)は10月中旬に発売予定。その前に競合となるサムソンがGalaxy Note 4(ギャラクシーノート4)を来月初めに発売する見通しだ。

ハイエンドなスマートフォンの代表格と言えるiPhoneが大型液晶を備え、高級スマートフォン市場はさらに競争が激化しそうだ。iPhone 4やiPhone 5などの世代だけでなく、Galaxy Note 1-3までのユーザー乗り換えも期待できる。

アメリカ国内の価格に基づくと、iPhone 6 (16GB)の価格は25,500バーツになると推測される。最高級機種となるiPhone 6 Plus (128GB)は40,000バーツとなる見通しだ。全ての新機種は9か国で9月19日に始まる予定。タイを当該9か国には含まれない。

タイ国内最大の携帯電話販売高を誇るMBKでは、通常小売価格に5,000~6,000バーツを加えた価格で「不透明な市場」からの先行予約を現在受け付けている。

アップルストア・タイランドでは、すぐさまiPhone 5S (16GB)の価格を24,550バーツから19,900バーツに切り下げた。同様に32GBモデルは31,950バーツから21,900バーツに、iPhone 5C (8GB)は14,900バーツで売られている。

出所:Bangkok Post “Operators gear up for latest iPhone” (筆者翻訳・要約)

スポンサードリンク

タイ・バンコクでのiPhone6・発売情報まとめ

アップルストア・ジャパン公式ページ

出所:アップルストア・ジャパン公式ページ ※発売時期は日本のもの

発売時期: 10月中旬(タイ国内)
価格: 25,500バーツ(iPhone6 16GB) ~ 40,000バーツ(iPhone6Plus 128GB)
※正式な価格は未公表。価格はバンコクポストの予測に基づく

▼アップル公式ページ・iPhone6(日本語)
http://www.apple.com/jp/iphone-6/

▼サファイアガラスの採用は見送りに
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0H60GZ20140911?sp=true

上の写真と、バンコクポストの予想価格を比較していただくと分かりますが、日本の方が圧倒的に安い!

アップルストアならSIMフリー版も売ってますし、僕も来月行く予定の日本で購入したいと考えています。詳しくは僕の友人でもある10万アクセスブロガーのまたよしれいさんが書いてますので、以下で価格や金利0%ローンなどご確認を!

http://www.lastday.jp/2014/09/10/sim-free-iphone-6-plus-loan

【追記 2014/10/31】  タイ国内にてiPhone6・iPhone6Plusの発売が開始されました!
タイでiPhone6・6Plusが発売開始!気になる価格と購入方法を聞いてみた。

【追記 2015/9/27】  タイ国内でのiPhone6S・iPhone6SPlus発売情報はこちら
iPhone 6s / iPhone 6s Plusのタイ国内での発売予定・価格を調べてみたよ!

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

どの国でiPhone6・6Plusを買うのがお得?日本・タイ・台湾・香港・シンガポールの価格を比較してみた。
タイ、iPhone6・6Plus発売日・値段の確定報道!予定価格は25,500バーツから?
バンコクに住むならどこがオススメ?僕が「オンヌット」を推す理由。

(グロビジ!)TOPへ

タイ不動産セミナーを東京・藤沢で開催いたしました。

タイの不動産セミナーを、9月7日・8日の両日で東京および藤沢にて開催させていただきました。今回は弊社とタイの中堅ディベロッパーであるオリジン社の共同開催です。 続きを読む

発展続く「トンロー」、BTS・グレーライン建設に向け地価上昇は間違いなし?

バンコク都内にある日本人街の中心、「トンロー」。日本からタイに移住される駐在員の方が住まれるのは、このトンロー駅もしくは、隣のプロンポン駅が大半を占めます。

そのトンローにも将来的にBTS・グレーラインが開通する予定。今でさえオシャレなお店が多く、「トンロー」は日本で言う「青山」のようにブランド化した地名になっています。グレーライン開通で、地価の上昇が楽しみな街、トンローをご紹介します。 続きを読む

タイ保険大手、アリアンツアユタヤ社の事務所にお邪魔しました。

僕の本業はタイ国内の不動産を売買・賃貸で、バンコクにオフィスを構え物件の紹介をすること。その他にも、タイ国内の保険をご紹介したり、節税対策となる資産運用のご相談もさせていただいてきました。 続きを読む

バンコクのショッピングモール、BTSスクンビット線・オンヌット駅以南の商業施設まとめ!

BTSスクンビット線・オンヌット駅以南で、日本人の居住が増えています。ここ数年は現地採用でタイに飛び込んで働く日本人も多くなり、家賃の高いアソーク~トンロー周辺以外の賃貸需要も増加してきました。

続きを読む