タイ・バンコクのレンタルオフィス「ENTRE HUB」の賃料や内装を調べてみた!

続きを読む

バンコクのマンスリーアパート賃料とセキュリティ事情

BTSオンヌット駅徒歩5分のマンスリーアパート。価格は約4万円!

バンコクのマンスリーアパート・スタジオタイプ

上記はバンコクにあるマンスリーアパートの一室。このお部屋の広さは約30㎡、いわゆるワンルームで、タイでは「スタジオ」と呼ばれるタイプです。価格は1か月だけの場合、価格は13,000バーツ(約4万円)。デポジット(保証金)が2か月分の家賃で、実際の家賃を含めた3か月分を入居時に支払います。

入居に必要な書類はパスポートのみ。通常のアパート契約よりは少し割高になりますが、その代わりに布団や枕、食器など生活に必要なモノはある程度準備してもらえます。

バンコクのマンスリーアパート食器類

今回、友人の入居をお手伝いしたのですが、すぐに必要なのは、シャンプーや洗剤といった消耗品程度でした。これらも余裕を持ったサイズのものを買っても、500円~1,000円程度で購入可能です。

 24時間警備でカードキー!日本以上のセキュリティ。

バンコクのマンスリーアパート受付

タイのアパートは日本以上にセキュリティがしっかりしています。このアパートも各フロアや自室に入る際はカードキーが必要で、しかも自分の住んでいるフロア以外は立ち入れないようになっています。※但し、セキュリティ面は物件によるので十分注意して確認してください。

上の写真のように、夕方までは管理人さんがいて、夜の間は警備員さんが常駐で安全を守る仕組み。日本人に人気のスクンビット通り沿いは治安も落ち着いていますが、警備員が常駐するのは当然のサービスとなっています。

スポンサードリンク

Wi-Fi付きで、共有のリビングルームあり。生活に不便なし。

バンコクのマンスリーアパート・机回り

建物内には共有のリビングルームがあり、各フロアには無料のWi-Fiが設置されています。お部屋に洗濯機はありませんが、コイン投入式の洗濯機が1階に用意されており、自宅にコインランドリーがあるようなものです。タイの水道水は飲用に適さないこともあり、1バーツの水自販機も用意されていました。

タイ・バンコクでWiFi電源のあるコワーキングスペース「The Third Place」が良い感じ。 『Lastday.jp』
海外ノマド女子、2カ国目タイへ 『世界新聞』

タイにはコワーキングスペースなども充実しており、実際に海外ノマドをされる方も増えていますよ!

世界のどこでも生きられる! 外籠もりのススメ [Kindle版]
NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド2014 vol.1 フィリピン・セブ [Kindle版]

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイ・バンコクでのアパートの探し方。値段は1万5千円くらいから!
バンコクに移住するならココ!「2万バーツ以下」おすすめコンドミニアムまとめ。
サミティベート病院で人間ドックを受けてきた。タイの医療レベルが凄い!【体験談】


タイ移住・生活情報まとめページ
(グロビジ!)TOPへ

パタヤの「ナクルアビーチ」は欧米人に人気の高級ビーチ!

ナクルアビーチは、ノースパタヤの欧米人向け高級ビーチ!

続きを読む

日本からASEANへの直接投資が急増中。ASEANの成長はいつまで続く?

2013年、日本からASEANへの直接投資額が急上昇!
日本からASEANへの投資額推移

ASEANの成長はいつまで続くの?」、「タイはもうバブルなんじゃない?」タイで不動産業を営む関係で、良く聞かれる質問です。ASEANへの直接投資額は、答を導く一つのカギになるでしょう。

仕事柄、製造業など世界各国で活躍するビジネスマンの方と知り合う機会が多いですが、製造業はここ数年で中国からASEANへシフトしてきました。もちろん、その背景に中国の人件費や地価の高騰、尖閣問題、反日デモなどがあるのは周知の事実かと思います。ASEANにでビジネスをされている方は良くご存知のことでしょう。

上記グラフをご覧いただくと分かるように、日本からASEANへの直接投資は、ASEAN主要国・非主要国とも2013年に急拡大しました。一方、中国に関しては、この約10年間大きな上昇は見られません。

スポンサードリンク

 ASEANでも評価の高いタイ。今後は政治問題解決が課題。

タイのビジネス環境はアジア諸国と比較しても良好

上記は内閣府のデータを引用した資料です。少し要素までは見づらいかもしれませんが、タイの評価はとりわけ高いことが一目瞭然。タイは2013年後半まで、目立った政治問題もなく投資先としてダントツの人気を誇りました。既にインフラが整備されている国は、ASEANではまだ少ないのが現状です。

神奈川県が2011年11月~2013年1月に中小企業を対象にした海外展開動向調査によると、進出する希望地域として、タイが1位、インドネシア・ベトナムが同率2位で、中国は4位にとどまっている。
(出所:みずほリサーチ January 2014)

私は仕事で頻繁にカンボジアやミャンマーを訪れますが、やはり電力・道路ともにインフラは今後の整備が必須です。特にミャンマーはインターネットの接続環境が劣悪。「最後のフロンティア」と呼ばれるくらいですから仕方ないのですが、気持ちよく仕事が出来る環境には程遠いですね。

失業率0.6%のタイ。人件費は年10%弱ずつ増加している。
タイ人の平均月収推移

  • ASEANの成長はいつまで続くの?
  • タイはもうバブルなんじゃない?

最初の問いに立ち返ると、カギとなるのは2015年末のASEAN経済統合(AEC)の発足でしょう。以下、『月刊 経団連 2014.07』に「ASEAN経済統合への期待と日本の役割」という記事が出てますので、参照ください。

参考記事: ASEAN経済統合への期待と日本の役割

私は、成長度は多少鈍化するとはいえ、2015年末のASEAN経済統合を軸にASEANはまだまだ発展していくと考えています。特にタイはASEANの中心となる場所にあり、EUでいうところのドイツやフランスという位置。もちろん、政治問題や少子高齢化など一概に語れない部分もあるでしょう。皆さんはASEAN・タイの発展について、どう思われますか?

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

【まとめ】タイの昇給率、法人税、個人所得税、VAT (2014年)
【アジア4か国比較】基礎データまとめ。台湾を見るとタイの将来が見える気がする!
アセアン経済共同体(AEC)とは何ぞや?5分で分かる関税動向や影響まとめ。


(グロビジ!)TOPへ

英国王室御用達。世界最古の床屋「Truefitt & Hill」バンコク店へ行ってきた

Truefitt & Hill」(トゥルフィット&ヒル)は知る人ぞ知る、英国王室御用達の床屋さん。バンコクに初めて支店が出来たことを知り、早速行ってきました。

続きを読む

【インタビュー】タイの医療保険について、保険のプロに聞いてみたよ!

タイの医療保険について、Allianz Ayudhya(アリアンツアユタヤ)社のピムラダーさんにインタビューさせていただきました。医療保険は年中ニーズがある商品で、特に手当の薄い現地採用の方を中心にニーズが高いです。 続きを読む

【タイ不動産】三菱地所とタイのディベロッパーAPが合弁で作るコンドミニアムを見てきた!

三菱地所とタイのディベロッパーAP(エーピー)が合弁で開発するコンドミニアムを見てきました。

私の本職はタイの不動産。特にコンドミニアムを日本から移住されるお客様、投資家の方へ販売することです。アソークにオフィスを構え、タイ法人の代表を務めています。今回の記事は、いわゆる本業についての紹介です。 続きを読む

タイの軍事クーデター後、経済の指標となるタイの株価は年初来高値を更新!

タイの株価は、年初来高値を更新し1500の大台を突破!

7月8日終値時点でのSET指数 続きを読む

エカマイの「日本料理 葉隠」で、Newsclip.beさんの取材を受けました!

エカマイにある「日本料理 葉隠」さんにて、タイ国内の大手メディア『Newsclip.be』さんの取材を受けました。

 「日本料理 葉隠」でNewsclip.be紙の取材を受ける。

普段の不動産インタビューでは、簡単に事業内容やお客様の最近の動向を改めてお話させていただくのですが、グルメレポートというのは初体験でした。一皿終わるたびにコメントを求められるのですが、慣れてないと全く出てこないものですね。 続きを読む

タイの昇給率、法人税、個人所得税、VATまとめ。ASEAN諸国の法人税と比較してみた。

タイ人の平均月収と2014年の昇給率を見てみよう!

米タワーズワトソン社の発表によると、タイ国内の2014年平均昇給率は5.4%の見通し。日本は2.3%ですから、2倍もの開きがあります。カンボジアやインドネシアはタイを上回り、8%と9%という昇給率。発展を続けるASEANは好景気に沸いています。 続きを読む