サムローン駅、BTSスクンビット線延伸部の魅力はこの4つ!

タイ・バンコク都内を走るBTS(高架鉄道)、スクンビット線東部の延伸地域の中で、最も注目されている「サムローン」地区をご紹介します。都心部からの位置関係は下の地図の通りです。 続きを読む

タイ不動産メルマガの配信を開始、第1号を紹介します

(グロビジ!)でタイ不動産のメールマガジンの配信を開始しました。内容としては初心者向けではなく、タイ不動産基礎知識のあるやや上級者の方向けの設定にしています。

今回はメルマガ第1号として2016年6月初旬に配信した内容を紹介します。(一部、セミナー情報など改訂をしています) 続きを読む

タイのスターバックスでWi-Fiが無料化されたよ!

タイのスターバックスでWi-Fiが無料利用できるようになりました。これまでは下記写真の通り「月300バーツの有料制」でしたが、バンコクの店舗でも2016年5月頃から無料利用が開始されています。

このWi-Fi有料化が原因ではないでしょうが、実は思わぬ弊害も出てきています。タイのスタバWi-Fi無料化について今日はご紹介します。 続きを読む

タイバーツ急落、円高で資産を外貨に換えるチャンス?僕はバーツ安で困ってます

対円・対米ドルでタイバーツが急落しています。僅か2ヶ月で、約1割以上バーツの価値が失われました。発端は様々ですが、バンコクで2015年8月17日に発生した爆弾テロ事件、中国元の切り下げ、世界的な同時株安など様々な理由があります。

今日は記録を兼ねて、世界同時株安におけるタイバーツおよびタイ株の下落の動きを紹介します。もう一点、急激な為替安が導く円資産を外貨に換えるチャンスについてご紹介します。 続きを読む

タイ不動産における住宅ローン問題

タイの不動産開発業者が住宅ローンの貸出要件の緩和を求めています。タイでも自国民であるタイ人らを対象に住宅ローン融資が存在します。成長国のため、住宅ローン金利は約4%。しかし、貸出審査が近年厳しく厳しくなってきました。

今日は、タイの住宅ローンについてバンコクポストの記事から紹介します。 続きを読む

タイの賃貸コンドミニアム事情、スクンビット通りの賃料相場や家賃の変動要因

「バンコクで賃貸のコンドミニアムを借りる際、どういう基準で家賃が決められているの?」というご質問を、先日案内したお客様から頂きました。私はバンコクで不動産仲介をしてますが、はじめてタイに住む方にとって、新興国で家を借りる際は不安も有ることでしょう。 続きを読む

バンコク新路線パープルラインが一般客を乗せ無料試験運行を開始

2016年6月13日、バンコクと北郊のノンタブリー県を結ぶ新路線パープルラインが、一般向けの無料試験運行(7月22日まで)を開始しました。

同年8月6日の正式運行開始を目前に控え注目が高まるパープルラインですが、インフラ整備の遅れで重大な課題も残っています。『バンコクポスト』の記事を交えて、紹介します。 続きを読む

タイで土地家屋税(固定資産税)が可決

タイで土地家屋税(固定資産税)が、2016年6月7に内閣の承認を得た。2017年に有効となり、政府財源として64億バーツ以上を生みだすと期待される。

Apisak Tantivorawong財務大臣によると、600億バーツが農地、商業ビルから40億バーツが、住宅から5億バーツの税収を見込む。すべての利益は、タイ国内の地域開発のために使用される予定だ。 続きを読む

(グロビジ!)タイ不動産メルマガ発行開始のお知らせ

いつも(グロビジ!)をお読み頂き、誠にありがとうございます。
このブログも独自ドメインとして2014年6月にリニューアルし、2年が経過しました。

タイを中心に筆者が訪問する国々での投資・移住情報や面白いと感じた情報を書き連ねているビジネスブログですが、多くの読者の方に支えて頂き感謝しております。いつも誠にありがとうございます。

そしてこの度、タイ不動産に特化したメールマガジンを発行させて頂くことに致しました。
これまでもタイ不動産の情報は記事上で公開してきましたが、私の本業でもあるラ・アトレアジア(タイランド)の経営を通じて得た知識をより体系化し、将来的には1冊の書籍にしたいというボリュームで発行させて頂くメールマガジンとなります。 続きを読む

コンドミニアムとアパートメントの違い、タイ移住前に知りたい賃料相場

バンコクへの移住者が増加しています。年代も20代から60まで幅広く、海外就職を希望されたり、リタイヤ後に生活費の安価なバンコクで暮らしたいなどニーズも多様化してきました。ご予算も様々で、賃貸・購入など形態も異なります。

タイに移住する際には、不動産もアパート、サービスアパートメント、コンドミニアムと種類も違えば価格も異なります。今日はそれらの違いと首都バンコクでの相場について紹介します。 続きを読む