2016年6月時点で「タイ不動産投資における狙い目」とは?

2016年、タイ不動産の上場企業は不動産市場における10%前後の強気な成長予測を発表しています。

今日はタイの英字新聞の記事に基づき、2016年6月時点でタイ不動産市場に投資する際の狙い目についてご紹介します。 続きを読む

ASEANにおける中国人民元の流通量や存在感が年々上昇

流通量が年々拡大している中国・人民元。タイでも中国人観光客は増加の一途で、ロイターの記事でも2015年には812万人(前年比76.31%増)で過去最大に達すると報道されています。

私がミャンマーやカンボジアなどを訪れていても、中国人労働者や観光客は至る所に存在します。当然、貿易でも人民元の利用は増加していることでしょう。今日はバンコクポストの記事から、ASEANにおける中国・人民元の流通に関する記事を紹介します。 続きを読む

【体験記】バンコクの歯医者さんへ行ってきたよ!気になるお値段は?

先日、歯痛で仕事がはかどらず、初めてバンコクの歯科医院のお世話になってきました。バンコクでは日系の歯医者から、ローカルまで充実しており、良い医者に出会えれば日本同様に治療を受けられます。

早速ですが、バンコクの歯医者さんの料金や、歯科クリニックの種類を予算別に見てみましょう。
続きを読む

サムットプラカーン県に注目する理由。高さ179mの展望台が完成

タイ・バンコクの東南に隣接するサムットプラカーン県。タイの経済成長により、バンコクの隣県でもロビンソン百貨店の新店OPENなど先進的建造物が増えています。例えば、タイでも有名な、田舎から徐々に変化してきました。

続きを読む

タイのお寺の参り方まとめ!参拝マナーと宗教観を語ってみた

タイには大小さまざまなお寺があり、文字通り老若男女がお寺へお参りをします。タイに来られた方は、熱心に手を合わせるタイ人を至る所で目にしていることでしょう。今回はタイのお寺へ参拝するときのルールをご紹介します! 続きを読む

エアアジアの「ASEANパス」、1.35万円で買えるアセアン周遊券

東南アジア諸国を周遊可能な、エアアジアの「ASEANパス」(正式名称:The AirAsia Asean Pass)はご存知でしょうか?

エアアジアのアセアン周遊券ASEANパスの概要と、日本円よりも5千円近く割安な価格で購入する裏ワザを紹介します。

続きを読む

バングラデシュの治安、ハルタルなどダッカで気をつけるべき6つのこと

バングラデシュの治安が悪化し、暴動やテロなどが近年続いています。詳しく後述しますが、私が滞在した2015年以降、「ハルタル」と呼ばれるデモが原因で、ダッカ都心まで多くの被害が出ています。2016年もハルタルは続いています。

私もバングラデシュの首都ダッカに行きました。今後渡航される方向けに、最大のリスクである「ハルタル」を含むバングラデシュで治安上気をつけるべき6つの点についてご紹介します。

※ホルタルと表記することもありますが、(グロビジ!)では日本大使館の表記に合わせてハルタルと表記しています 続きを読む

台湾の人口減少・高齢化の影響を日本やASEANと比較する

台湾へ視察を兼ねて、首都台北へ行ってきました。台湾は人口減少・高齢化という問題もあり、経済はある程度成熟しきっているのではないかと仮説を立てています。

人口が増加中のASEANと比較し、人口減少に向かう日本や台湾はどうなるのか?台湾の人口と高齢化問題を紹介します。 続きを読む

タイを変える「Pracha Rath計画」とは?タイ4.0と科学都市・スマートシティ計画

タイ王国がシンガポール・マレーシア・タイ周辺国を含む、陸のASEANと呼ばれるエリアで主導権を握るべく、「タイ4.0」と呼ばれる課題を提示し、解決するための委員会を設置しました。

タイは将来的にどのように変化しようとしているのでしょうか?今日は『The Nation』から、科学都市・スマートシティ開発を含む計画を紹介します。 続きを読む

タイのリタイヤメントビザ事情。50歳以上なら取得ハードルは低い?

バンコクで不動産仲介会社を経営する立場上、タイ移住を希望される方とお会いすることが多いです。マレーシアが「ロングステイNo.1」と言われますが、タイ在住経験のある方ならタイの方が住みやすいと共感頂けることでしょう。

今日はタイへ移住などロングステイする際に便利な、タイのリタイアメントビザ事情を紹介します。 続きを読む