【日タイ比較】預金金利で年1000円もらうために必要な預金額!

Pocket

その差25倍!日本とタイの預金金利の差

タイのバンコク銀行で普通預金

現在、私も利用しているみずほ銀行や楽天銀行の普通預金金利は0.02%。しかも、2013年1月1日以降に受け取る利息は復興特別所得税が課され、20.315%が税金として徴収されます。

一方で、タイ国内の普通預金金利は0.50%。利子課税率は15%と日本よりも低額です。東南アジアでの預金金利はご存知のように日本国内よりも高く、普通預金でも2%近く利子がもらえる国も少なくありません。タイ国内の金利は周辺諸国に比べると低いのですが、下記のような特別口座も存在します。

中国工商銀行(タイ)でバーツと中国元のダブルカレンシー銀行口座を開設

筆者のポートフォリオを公開します!

資産配分ポートフォリオ

  • 日本の銀行口座×2行
  • タイの銀行口座×2行
  • カンボジアの銀行口座×1行
  • 中国のの銀行口座×1行
  • 日本・タイ・カンボジアの証券口座×各1口座

4か国で銀行口座を開設しており、所有通貨は主に4種類です。比較的、バランスを保っているつもりでしたが、あらためてグラフにしてみるとバランス悪いですね……タイバーツの比重が大きすぎます。

スポンサードリンク

金利で年1000円もらうために必要な預金額を日タイで比較!

先日タイの銀行から今年前期の利子をもらったのですが、預金額の割にたくさん入金されてて驚きました。

1000円の利子を受け取るために必要な預金額(日本・タイ)

1,000円を1件間の利子として受け取ろうとする場合、タイで預金する場合「197,000円(約62,800バーツ)」が必要です。一方、日本の低金利下で同じ1,000円を利子で得ようとする場合に必要な預金額は、なんと「2,008,345円」。圧倒的に違いますね……

しかも、タイの普通預金の金利はわずか0.50%。これをタイで定期預金にすれば1.75%(1年もの)となります。お隣のカンボジアに行けば、米ドル建て定期預金(3年)で金利6.0%。

当然、海外での預金は為替リスクなども考えなければなりません。しかし、これほどまでに金利差は大きいのです。さて、皆さんはどこに預金をされますか?

<こちらの記事も合わせてどうぞ!>

タイで個人所得税を節税するには?積立保険や年金保険が割と人気。
日本人とアメリカ人の資産配分比率はこんなに違うよ!
パタヤの「ナクルアビーチ」は欧米人に人気の高級ビーチ!

(グロビジ!)TOPへ

Pocket

The following two tabs change content below.
板野 雅由
バンコク在住、タイ不動産のラ・アトレアジア(タイランド)代表。2013年にバンコクへ移住し、不動産仲介会社設立。現在はバンコクにてコンドミニアム「168 Sukhumvit 36」を開発中、日本国内でタイ不動産セミナーも開催しています。 1981年岡山県倉敷市出身、在タイ4年目。